banner

【獣医師監修】犬用ガム・ローハイドを与えるのは危険?その理由と選ぶ際の注意点について

お気に入りに追加

噛みごたえがあり、好む犬も多い「ガム・ローハイド」。牛や馬などの皮を加工したおやつで、そそられるニオイと食感によって長時間夢中になってカミカミしてくれるため、与えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。ガム・ローハイドは、たくさん噛むことでストレスの発散にもなるおやつですが、犬に与えるのは危険という意見もあるようです。

今回は、ガム・ローハイドを与える危険性と選ぶときのポイント、おすすめ商品を紹介していきます。

【獣医師監修】犬用ガム・ローハイドを与えるのは危険?その理由と選ぶ際の注意点について
【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

目次

  1. 愛犬へのおやつにガム・ローハイドは危険?
  2. 安全なガム・ローハイドを選ぶためのポイントは?
  3. おすすめのガム・ローハイドをご紹介
  4. ガム・ローハイドを与える時は愛犬のそばにいよう

愛犬へのおやつにガム・ローハイドは危険?

犬 おやつ

犬のストレス解消に効果があると言われているガム・ローハイドですが、危険視する方もいるようです。ここでは、ガム・ローハイドを愛犬へ与えるときのリスクについてご説明します。

化学薬品や添加物の危険

結論から言うとガム・ローハイドそのものが犬に危険なわけではなく、その製造工程で使われる化学薬品や添加物が危険視されています。

一般的にガム・ローハイドに使用されている牛皮は、内側の生の皮です。牛皮を低コストで加工するためにまず、工場ではこの皮に付いている被毛や汚れ、表皮の色を取り除くために化学薬品に浸され、その後殺菌消毒と漂白が行われます。

それから、工場からの輸送時の温度管理などの費用削減のために天日干しでの乾燥処理を行います。そこへさらに「漂白剤」や「人工着色料」「防腐剤」などを添加し、カビや腐敗を防止して製品化されます。

上記の通り、ガム・ローハイドの製造工程の多くで使われるたくさんの添加物や化学薬品を、犬が長い間摂取するのは害になり得るとする見方があります。

丸呑みの危険性

ガム・ローハイドが危険とされるもうひとつの理由は、犬が丸呑みしてしまい喉に引っかかって窒息するという事故も少なくないことです。

ガム・ローハイドは牛皮が原材料で犬にとっては最高にそそられるおやつなので、夢中になって噛み続けます。愛犬のサイズにあったガム・ローハイドをあげていたとしても、噛み続けたことで小さくなったかけらを丸呑みして喉に詰まらせてしまったり、内臓を傷つけてしまったりする恐れがあるのです。

与える際には必ず飼い主さんがそばにいて様子を確認するようにし、愛犬が丸呑みできる大きさになる前に取り上げて捨てるようにしましょう。

ただし、あまりにも夢中になって噛んでいる場合は、取り上げようとしても怒って離さなかったり、取り上げる前に勢いよく飲み込んでしまう場合もあるので、その子の性格を考えて、与えても大丈夫かどうか判断しましょう。

安全なガム・ローハイドを選ぶためのポイントは?

犬 おやつ

ガム・ローハイドの危険性について紹介しましたが、素材にこだわり手間や時間をかけてつくられて、愛犬に安心して与えられるものも多く販売されています。

ここでは、安全なガム・ローハイドを選ぶポイントについて紹介していきます。

製造工程をチェック

ガム・ローハイドの製造工程が記載されており、化学薬品を使用せずに作られているものを選びましょう。

加えて天日干しで乾燥させず、人間の食品にも使われる方法で手間をかけて作られ、ヒューマングレードの素材を使用していること、添加物を使用していないかも要チェックです。

手間や時間、素材にも拘っているものを選ぶとなると値段はそれなりに上がりますが、安心して愛犬に与えるうえでの選択肢として考えてみましょう。

形状をチェック

ガム・ローハイドの製造工程や素材、成分などをチェックすることに加えて、ガムの形にも注目しましょう。ガム・ローハイドは、結び目が両側にある骨型タイプと棒状になっているスティックタイプの2種類の形が主流です。

骨型タイプは、噛みごたえがあり歯磨き目的で与えている方も多いようですが、結び目部分を噛み千切り丸呑みすると食道や腸に詰まりやすいようです。

ガム・ローハイドをローリスクで与えたい場合は、詰まらせるリスクの低いスティック型を選ぶのはいかがでしょうか。

おすすめのガム・ローハイドをご紹介

ラブラドール おやつ

ここまで、ガム・ローハイドの危険性や選び方について紹介してきました。無添加で人の食品でも使用される技術を使って加工されたものなど安心して与えられるおすすめガム・ローハイドを紹介していきます。

製法と素材に自信アリ!時間をかけて作られたガム

USDA(米国農務省)認可のアメリカ産食用牛の内皮を、硬くなってひび割れしないようオーブンで時間をかけて乾燥させたローハイドガムです。

温度と時間を徹底管理して乾燥させているため、硬くなりすぎず適度な弾力があるため長い時間楽しむことができます。防腐剤や塩を使用しておらず、消化器の負担になりにくいためお腹の弱い子でも安心です。

  • 商品名:ナチュラルハーベスト アメリカンプレーリーローハイド ツイスト 5本入り
Amazonで見る

3ヶ月齢以上から与えられる!サイズ展開も豊富

厳選された国産の牛皮を使用した、低脂肪で良質なタンパク質を含んだローハイドガムです。

スティックカットタイプで、噛みやすく愛犬のストレス解消に加えて、デンタルケア効果も期待できます。こちらは、SSサイズからLサイズまであるので、小型犬から大型犬まで3ヶ月齢以上の幼犬でも楽しむことができます。

  • 商品名:クライミング ローハイドガム スティックカット
Amazonで見る

アメリカ生まれのナチュラル志向フードメーカー

良質な牛皮を原材料に、化学薬品などの添加物を使用せずに製造されているチューイングスティックです。

アメリカで生まれた「ナチュラルバランス」は、専門家の研究が重ねられて開発された愛犬想いのフードを展開するメーカーです。良質なタンパク質やビタミン・ミネラルを豊富に含み、何度も噛むことでストレス軽減や歯垢・歯石を抑えます。加えて、噛むことで唾液を増やし、胃腸の働きをサポートしてくれます。

  • 商品名:ナチュラルバランス チューイングスティック(10本入)
Amazonで見る

ガム・ローハイドを与える時は愛犬のそばにいよう

犬 おやつ

最近では、愛犬の食べるフードを無添加などこだわりを持って選ぶ方も多くいらっしゃいます。せっかく添加物の入っていない良質なフードを与えていてもおやつで摂らせてしまっては、意味がないですよね。

ガム・ローハイドに関わらず、与えているおやつの成分をチェックして、しっかりと原料や製造工程が表記されているものや、無添加のものを意識的に与えるようにしましょう。

加えて、丸呑みしてしまうと命にかかわる危険もあるため、愛犬に与える時には必ず愛犬のそばについていてあげましょう。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】犬も想像妊娠をすることがある?原因や予防方法を解説

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬も想像妊娠をすることがある?原因や予防方法を解説

交配させていないのに、愛犬のお腹が膨れてきたり乳汁が出るようになった…。そんな場合は、想像妊娠をしている可能性が考えられます。なぜ想像妊娠をしてしまうのか、その原因や主な症状、予防する方法などを解説します。

【獣医師監修】レーズンは中毒をおこす?犬に与えてはいけない理由と食べてしまった時の対処法

あわせて読みたい

【獣医師監修】レーズンは中毒をおこす?犬に与えてはいけない理由と食べてしまった時の対処法

甘酸っぱい味で菓子パン・オヤツなどに使われることが多いレーズンですが、犬にとっては最悪死に至るとても危険な食材だということをご存知でしょうか? レーズンを使った食べ物を食べていると犬が欲しがるかもしれませんが、絶対食べさせてはいけません。 ここでは、犬がレーズンを食べると危険な理由や、食べてしまったときの対処法などについてお話します。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

獣医師監修に関する記事

【獣医師監修】大型犬に多い股関節形成不全症について知っておこう|原因・症状・診断方法から治療方法まで

健康管理/病気

【獣医師監修】大型犬に多い股関節形成不全症について知っておこう|原因・症状・診断方法から治療方法まで

「股関節形成不全」という病気をご存じですか?大型犬が多く発症し、遺伝的な原因と環境的な原因があ...

2023年12月4日

【獣医師監修】犬の貧血について|免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の症状・原因と治療法を解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の貧血について|免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の症状・原因と治療法を解説します

人間と同じように、犬も貧血になることがあります。犬の貧血の原因はさまざまで、治療により回復する...

2023年11月29日

【獣医師監修】知らぬ間に進行していることもある犬の膵炎(すいえん)について。普段の生活から気をつけたい予防法とは

健康管理/病気

【獣医師監修】知らぬ間に進行していることもある犬の膵炎(すいえん)について。普段の生活から気をつけたい予防法とは

今までに、愛犬が腹痛や嘔吐、下痢を起こして、もしかしたら膵炎かも?と心配された経験はありますか...

2023年11月22日

【獣医師監修】命に関わる危険性も。犬に多い病気「胆泥症」について解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】命に関わる危険性も。犬に多い病気「胆泥症」について解説します

犬に比較的多く見られる「胆泥症(たんでいしょう)」という病気をご存知でしょうか?はっきりとした...

2023年11月15日

【獣医師監修】犬のしゃっくりの原因とは。自宅でできる対処法を紹介

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のしゃっくりの原因とは。自宅でできる対処法を紹介

みなさんは愛犬がしゃっくりをしているのを聞いたことがありますか?私たち人間はなにかの拍子にしゃ...

2023年10月26日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード