banner

banner

知っておきたい犬のしつけ用語|「ツケ」「リーダーウォーク」「ホールドスチール」について

お気に入りに追加

犬と共に生活をするにあたって必要となるのが「しつけ」です。犬のしつけは、他の人や犬に迷惑をかけないようにすることはもちろん、飼い主さんと愛犬が快適に生活をする上でも重要なことです。今回は色々な種類があって分かりにくい「犬のしつけ用語」について解説します。

知っておきたい犬のしつけ用語|「ツケ」「リーダーウォーク」「ホールドスチール」について
【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目次

  1. 犬のしつけ用語|「コマンド」とは
  2. しつけの基本|「ツケ」
  3. しつけにも有効|「リーダーウォーク」
  4. 主従関係を示すしつけ|「ホールドスチール」
  5. 一番大切なのは愛犬と向き合う「気持ち」

犬のしつけ用語|「コマンド」とは

犬 しつけ

犬のしつけ用語で、一番初めに覚えておきたいのが、コマンドという用語です。

コマンドとは「命令」のこと

コマンドとは、犬に対する「命令」を意味します。具体的には「座れ」や「待て」などの命令を指します。 コマンドをハッキリと犬に伝えることで、スムーズにしつけをすることが出来ます。 逆に言えば、どれだけしつけをしても、犬にコマンドが伝わっていないとしつけに進展は見込めません。

しつけの基本|「ツケ」

犬 しつけ

次は犬のしつけの基本である「ツケ」についてご説明します。ツケは、先述したコマンドのひとつで「横につけ」という意味になります。

ツケは、飼い主の左側に座らせて、その後歩いた際にも犬が左側にピッタリとつきながら歩き続けることを言います。ツケは1日2日で出来るしつけではないですが、根気よく続けることで必ず出来るようになるでしょう。

まずは犬を左側に座らせる

まず、犬を座らせて、犬と同じ方向を向いた状態で犬の右側に人が立ちます。その状態で「ツケ」と大きな声で言いましょう。そして優しく褒めてあげます。それを何度も繰り返すことで「ツケ」と言われて飼い主が右側に立っているに慣れさせます。

犬が慣れてきたら、一度犬から離れ、「ツケ」と大きな声でコマンドを言い、犬を自分の左側に誘導させます。そして飼い主と同じ方向を向くように誘導し、座らせます。誘導した後にも、しっかりと褒め、その後ご褒美を与えましょう。

徐々にその状態で歩けるように

ツケのコマンドで、飼い主の横にしっかりと座るようになったら、次は「ツケ」のコマンドで歩いてみましょう。

まず一歩だけ歩き、止まります。この時は犬に対しても軽く誘導しながら歩かせましょう。そして飼い主が止まったタイミングで犬も止まり、座ったことを確認したら思い切り褒めてあげ、ご褒美を与えましょう。これを何度も繰り返し、徐々に歩数を増やしていくことで、ツケは強化されていきます。

しつけにも有効|「リーダーウォーク」

しつけ 犬

「リーダーウォーク」と言うしつけ用語を聞いたことはありますか?「リーダーウォーク」はその名の通り、飼い主がリーダーであることを犬に理解させる歩き方のことで、簡単に言えば、散歩時に犬に先頭を歩かせないことを言います。常にリードがたるんでいる状態が理想的なリーダーウォーク時の歩き方とされています。

犬が引っ張ったらすぐに「チェック」!

散歩の際、犬が引っ張ったらすぐに「チェック」を行います。チェックとは、犬の首輪に刺激を与えるように、一瞬だけリードを引くことです。これにより、一瞬犬の首が締まり、犬は多少のストレスを感じます。このチェックは「一瞬だけ」リードを引くことが大切です。グッと長時間リードを引っ張るようなチェックは犬の首に大きな負担がかかるため、絶対にやめましょう。

犬の進行方向と逆に歩く

次に、犬が散歩で先頭を歩くようなら、突然方向転換をしてみましょう。そうすることで、犬は飼い主の動きが予測できなくなり、飼い主のほうを見るようになります。リーダーウォークをしている間は、犬とのコミュニケーションのためにも、犬に話しかけながら行うと良いでしょう。

主従関係を示すしつけ|「ホールドスチール」

犬 しつけ

あまり聞きなれないしつけ用語「ホールドスチール」。このホールドスチールは、犬との主従関係をハッキリさせるために大切なしつけで、『マズルコントロール』にも近い手法として扱われています。「ホールドスチール」のやり方をご説明します。

犬の後ろに座り、犬をひっくり返す

まずは犬の後ろに膝をついて座ります。そして人の股の間に犬を挟むようにします。そこから犬をひっくり返し、胸と喉の部分を押さえつけます。犬が抵抗するでしょうが、無視をし犬が諦めて静かになるまでそのままでいましょう。これを行うことで、犬は飼い主に敵わないと理解するようになり、主従関係をハッキリさせることが出来ます。

まずは少しずつ

ホールドスチールは、必ずといっていいほど犬が嫌がると思います。もちろん犬との主従関係をハッキリさせることは大切ですが、無理やり犬にホールドスチールを行うことは、かえって逆効果になる可能性もあります。ですので、まずは5秒ホールドスチールをし、次の日は10秒にするなど、少しずつホールドスチールの時間や回数を増やしていき、犬にストレスがかかりづらいようにすると良いでしょう。

一番大切なのは愛犬と向き合う「気持ち」

犬 しつけ

以上、基本的な犬のしつけ用語についてご説明しました。犬のしつけは、用語を覚えることももちろん大切ですが、一番大切なのは犬に対する「気持ち」です。犬のしつけを面倒だと考えながら行うと必ず犬はわかりますし、いつまで経ってもしつけは進展しません。「一緒にしつけを楽しもう!」と言う気持ちを犬に伝えながら行うことで、今までのしつけの質はさらに高まっていくでしょう。

しつけに関する記事はこちらもチェック!

【獣医師監修】しつけの基本「オペラント条件付け」の理論とトレーニング法について解説

あわせて読みたい

【獣医師監修】しつけの基本「オペラント条件付け」の理論とトレーニング法について解説

「オペラント条件付け」という言葉を聞いたことがありますか?難しい専門用語のようですが、この言葉自体を知らなくても愛犬と暮らすみなさんの多くは、しつけの際におそらく実践しているはずです。 しつけの基本となる考え方なので、ぜひ理解して愛犬のトレーニングに役立てましょう。今回は、オペラント条件付けについてわかりやすく解説します。

しつけの際に重要な「コマンド」を愛犬に上手に教えるための3つのコツ

あわせて読みたい

しつけの際に重要な「コマンド」を愛犬に上手に教えるための3つのコツ

犬のしつけやトレーニングについて調べていると「コマンド」という言葉をよく見かけるかと思いますが、どういうものであるかご存知でしょうか?コマンドは犬との生活には欠かせないワードの1つなので、しっかりと理解しておくことが大切です。 この記事では「コマンド」の意味や、犬にコマンドを教えるためのコツをご紹介していきます。

保護犬は「しつけが難しい」!?上手なしつけ方のコツをご紹介

あわせて読みたい

保護犬は「しつけが難しい」!?上手なしつけ方のコツをご紹介

「保護犬のしつけ」って難しいイメージがありませんか?さまざまな背景を持つ保護犬、特に成犬をしつけるには、場合によってはとても根気が必要になります。しかしお互いがしっかりと向き合い、その子に合った方法でしつけを行うことで信頼関係が生まれるのも事実です。この記事では保護犬の中でも特に多い成犬にフォーカスしたしつけ方法や接し方について解説しています。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

飼育に関する知識に関する記事

犬にも枕は必要?選び方や使用時の注意点、犬用枕のおすすめ商品も

飼い方/育て方

犬にも枕は必要?選び方や使用時の注意点、犬用枕のおすすめ商品も

ソファのフチやクッションに顔を乗せてくつろいでいたり、そのままの体勢で眠ってしまう子は意外と多...

2024年6月11日

【獣医師監修】犬の平熱は何度?体温の測り方や病院に行くかどうかの判断基準などをまとめました

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の平熱は何度?体温の測り方や病院に行くかどうかの判断基準などをまとめました

ふと愛犬に触れたときに「いつもより体温が高いかも」と、気になったことのある方は多いのではないで...

2024年4月12日

【獣医師監修】犬に人間用の石鹸を使ってもいい?安全の基準や石鹼を手作りする方法、使う際の注意点を解説

飼い方/育て方

【獣医師監修】犬に人間用の石鹸を使ってもいい?安全の基準や石鹼を手作りする方法、使う際の注意点を解説

愛犬のために良い石鹸を使ってあげたい、と思ったことはありませんか?人間用の石鹸は種類も豊富で肌...

2024年4月4日

【獣医師監修】犬も車酔いする?車酔いの症状やメカニズムと対策方法

健康管理/病気

【獣医師監修】犬も車酔いする?車酔いの症状やメカニズムと対策方法

人間と同じように犬も車に乗せると車酔いをすることがあります。個体差があるのですぐ車酔いをしてし...

2024年3月27日

【獣医師監修】愛犬が交通事故に遭ってしまったらどうしたらいい?もしもの時のために知っておきたい対処法や法律上の対応

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬が交通事故に遭ってしまったらどうしたらいい?もしもの時のために知っておきたい対処法や法律上の対応

犬は屋外での散歩を必要とする以上、交通事故の危険性と常に隣り合わせです。しかし、万が一交通事故...

2024年3月26日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード