チワワのトイレのしつけ|コツや役立つアイテムをご紹介

お気に入りに追加

チワワをお家にお迎えしたら1番最初にするのがしつけです、トイレのしつけです。トイレのしつけは、犬を飼う上で最も大切なしつけと言っても過言ではないですが、なかなか思うようにいかなくて困っている人が多い分野でもあります。そこでここでは、なかなか成功しないトイレのしつけをする上でのコツやお役立ちアイテムを紹介します。

チワワのトイレのしつけ|コツや役立つアイテムをご紹介

目次

  1. チワワのトイレで一番初めに考えること
  2. チワワのトイレのしつけを始めるタイミングは?
  3. チワワのトイレトレーニングのやり方は?
  4. チワワのトイレのしつけで気を付けるポイント
  5. トイレを失敗する原因は?
  6. チワワのトイレのしつけに役立つ便利グッズ
  7. 成犬になってからでもトイレのしつけはできる?
  8. チワワのトイレトレーニングは根気が大事

チワワのトイレで一番初めに考えること

チワワ
jairoalzate Unsplash

 トイレのしつけをする上で一番始めに考えるべきなのは、安心してトイレができる環境を作ることです。私たちがそうであるように、人の出入りが多い場所や、部屋の中央といった場所では安心して排泄することは不可能です。

チワワのトイレを最初に設置する場所は、ドアから離れた部屋の四隅やサークル内にしましょう。もし、サークル内にトイレを置くのであれば、食事給水ボトルは反対の場所にトイレを設置します。

こまめなシート交換

 私たちがそうであるように、チワワに関わらず犬たちも、ずっと汚れたままの場所で排泄したくはありません。最低でも1日1回以上はシートを取り換え、室内で排泄することが多い子の場合は、よりこまめにシートの状態を確認してあげましょう。しつけを始めたばかりのタイミングで、トイレの場所を認識させるためにニオイ付けが必要なので、1~2回の排泄ごとに取り換えるのが良いでしょう。 

トイレの大きさ

 体の大きさに対してトイレが小さすぎると、失敗してしまう確率が高くなってしまうので、チワワの体がすべて入るくらいの大きさが理想です。排泄前の犬の習性として、その場で臭いや足裏の感触を確かめながらクルクルと回ることが挙げられます。この時、トイレからはみ出ないくらいの大きさが必要なので、各方向にチワワの体長以上の大きさが確保できるものを選びましょう。 

チワワのトイレのしつけを始めるタイミングは?

チワワ

チワワのトイレのしつけの開始時期はお迎えをしたその日からが望ましいです。なのでお迎え前には必ずケージやトイレ・トイレシートなどのグッズは揃えておきましょう。

特に子犬は成犬と比較してトイレの回数が多いので、家に連れて帰って部屋に出した瞬間におしっこをしてしまう可能性もあります。しっかりと事前準備をしてスタートから失敗することのないようにしましょう。

また、お迎えをした日は犬も環境の変化に緊張し不安になっているので、失敗しても決して怒らず、まずは環境に慣れてもらうことを優先してあげましょう。

チワワのトイレトレーニングのやり方は?

チワワ

最初はなるべくサークルやケージの中で過ごしてもらいましょう。そして排泄のタイミングでトイレへ誘導します。排泄時の仕草として床面の臭いを嗅いだり、グルグルと回転したりするのでそれが合図になります

ちなみに、犬のトイレタイムは、以下のタイミングに多いようです。

  • 寝起き
  • 食後
  • 遊んだあと

上記以外でも子犬は膀胱に尿を長く溜めることができないので、排泄の間隔が短い傾向にあります。前回の排泄から1時間〜2時間ほど経過したら、一度トイレに誘導してみましょう。

さらに、排泄しそうな時に「ワンツーワンツー」などの掛け声を習慣づけておくと条件反射で排泄を促しやすくなるのでおすすめです。

排泄をしない場合は、ケージに戻して様子を見ましょう。これを繰り返していくとトイレを覚えてくれるようになります。

チワワのトイレのしつけで気を付けるポイント

チワワ
Didgeman

 トイレの環境を整えたら、いよいよトイレのしつけを開始します。とは言っても、飼い主があまり意気込んでも仕方がないので、大きな気持ちで優しく見守ることを心がけましょう。失敗しても、決して怒ったりイライラした態度を見せないことが大切です。 

トレイが成功した時は・・・

うまくできたときは、思い切り褒めてあげてください。少し大げさなくらいでもOKです。素早く褒めて、できればおしっこの最中にも声と表情で表現してあげましょう。

トレイを失敗したら・・・

トイレトレーニングの最大のポイントは失敗しても絶対に叱らないことです。

叱ってしまうと「トイレしたこと自体を怒られた」と認識してしまい、逆に排泄が上手に出来なくなる事もあります。失敗してしまった場合は、何事もなかったように片付けましょう。失敗した場所はしっかり消臭してください。ニオイが残るとまた同じところで排泄してしまう可能性があります。犬は「人間の困った顔・泣き顔と、笑顔とを判別できる」という研究結果がありますので、

トレイ失敗=怒らない。速やかに片付ける。

トイレ成功=褒めちぎる

これが愛犬にトイレを覚えてもらう上でとても大切なことです!

トイレシートはふかふかにしすぎない

 排泄時には無防備な状態となるため、犬の習性として草むらなどでトイレをする傾向があります。チワワの場合も例外ではないので、トイレの場所を覚えてくれるまでは、トイレシートを硬い床や台の上に置くようにしてください。草むらのように、ふかふかと踏み心地が良い場所でトイレをしやすいからといって、犬用ソファーや毛布の上などにシートを置いてしまうと、本来絶対に失敗してほしくないソファーやベッドでも排泄する癖が付きやすくなってしまいます。 

トイレの合図を見逃さない

 チワワに限ったことではありませんが、犬たちがトイレに行きたいときは必ず合図があります。床のニオイを嗅いで歩いたり、同じ場所でクルクルと回り始めたら、トイレがしたい合図です。このサインが出たら、トイレの場所まで連れていき、成功したらすぐにトイレから離れさせましょう。

また、最初の間は排泄のタイミングを記録し、そろそろ時間だと思ったらトイレのあるサークルに連れて行くようにすると、成功率が上がりトイレを覚えるのが早くなります。

トイレに成功したら、場所を変えてたくさん褒めたり遊んであげましょう。これを繰り返して行なうことで、ここでトイレをしたらいいことがあると覚えてくれるようになります。

トイレを失敗する原因は?

チワワ

なかなかトイレを覚えられない、失敗する理由として以下があげられます。

  • トイレの場所を認識していない
  • トイレの場所を間違って覚えてしまっている
  • 失敗して怒られることが多く、こっそり隠れてしてしまう
  • 体が成長して、トイレのサイズが小さくなってしまっている

色々試したうえでどうしてもうまくいかない場合は、トイレトレーニングをおこなってくれる犬のしつけ教室を利用したりすることもひとつの手です。 

トイレの失敗はこちらの記事もチェック! 

犬がトイレを失敗してしまうのはなぜ?原因と対策を解説します

あわせて読みたい

犬がトイレを失敗してしまうのはなぜ?原因と対策を解説します

犬のトイレの失敗は飼い主にとって大きな悩みの一つ。室内飼育が当たり前になり、室内での留守番を避けることができなくなった今、愛犬がトイレに失敗してしまうことは飼い主にとって大きなストレスとなります。そこで今回は、トイレを失敗してしまう原因と、対策についてご紹介します。

チワワのトイレのしつけに役立つ便利グッズ

チワワ
ClaudiaWollesen

 トイレができる環境が整えば、チワワのトイレのしつけが可能です。しかし、そうはいってもなかなかうまくいかないのがしつけです。そこで、トイレのしつけをサポートしてくれる便利なグッズを紹介します。 

消臭スプレー

 いくら失敗を叱ってはいけないとは言えど、毎回異なる場所でトイレをしてしまっていては、なかなかトイレの場所を覚えてもらうことはできません。私たちがきれいにふき取ったと思っても、犬は一度付けたニオイをきちんと把握できるほど嗅覚が優れています。犬にも無害で、きちんとニオイ消しができる専門のスプレーを活用して、出来るだけすぐに掃除をしましょう。 

トイレスプレー

 おしっこに近いニオイがするスプレーです。これをトイレにひと吹きすることで、「トイレはここだよ」と嗅覚で訴えかけることができます。ペットシートで1回もトイレをしてくれなかったり、シートを換えるとシートでしてくれない子の場合は、よきサポートグッズとなるでしょう。 

サークル

 ベーシックなアイテムですが、トイレのしつけで最も活躍するのがサークルです。

失敗の原因のひとつは、想定した場所ではないところに歩いて行ってしまうことですが、サークルの中に入ってくれさえすれば、その外に出ることはできないので、成功率が上がります。また、床を汚さなくても良いという点でも、心強いアイテムです。

サークルのタイプによっては、中に仕切りがついているものもあり、食事や眠る場所とトイレの空間を分けることができます。サークルは、トイレのしつけ以外にも留守番時やチワワが安心して過ごせる空間としても役立つので、犬を迎え入れる方は1つは必ず用意しておきましょう。

成犬になってからでもトイレのしつけはできる?

チワワ

成犬からでもしつけをすることは可能ですが、チワワが成犬になってからしつけを始める時はそれまでの習慣を変えなければいけないので、子犬の時期に始めるしつけよりも時間がかかります。

「なぜ急にトイレの場所を変えなければいけないの?」と犬を混乱させてしまうのは避けられません。それまで良しとされてきた習慣を改善するのは、犬も人も同じで年齢を重ねていればいるほど難しくなります。

少しでも犬が受け入れやすいように、現状を見て少しずつ新しいトイレの環境へ変えていくことになるため、何も知らない子犬に1から教えるよりも、やはり気力と時間がかかりますが、「成功したら褒める」を大切に、根気強く伝えていけばいつか覚えてくれるので、焦らずそして諦めずに一緒にゆっくりがんばってあげましょう。

チワワのトイレトレーニングは根気が大事

チワワ
HG-Fotografie

 チワワを迎え入れたら、出来るだけ早くお互いが心地よく一緒に暮らせるように、真っ先にトイレトレーニングを始めましょう。チワワにとってみても、一日に何度もする排泄の場所が、なかなか決まらないとストレスになりかねません。最初は床が汚れたりと怒ってしまいたくなることもあるかもしれませんが、そこはぐっと堪えて、これからの生活のために根気強く付き合いましょう。 

こちらの記事もチェック!

犬用トイレシートの上手な使い方|一緒に使うと便利なグッズも

あわせて読みたい

犬用トイレシートの上手な使い方|一緒に使うと便利なグッズも

トイレシートは室内で犬と暮らすうえで必須アイテムです。特に、まだ外で散歩ができない子犬や怪我・病気の時など、室内にトイレがあると役立ちます。しかしトイレシートをおもちゃ代わりに噛んでしまったり、食べてしまうなどのトラブルも室内トイレのお悩みの一つ。そこで今回は、トイレシートの上手な使い方や一緒に使うと便利なグッズについてご紹介します。

子犬のトイレのしつけ方法|準備や手順、失敗の原因と対処法を解説

あわせて読みたい

子犬のトイレのしつけ方法|準備や手順、失敗の原因と対処法を解説

子犬を迎え入れたら、トイレトレーニングは必須です。 トイレのしつけをすれば、家でのおもらしもなくなりますし、愛犬と一緒にドッグカフェのような施設にも出かけられます。 しかし、トイレのしつけは簡単ではないため、悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。 今回はトイレのしつけ時期や具体的な手順、失敗が続く場合の原因や対処法について紹介します。 しつけ方法の見直しにもなるため、ぜひご覧ください。

banner

komugi

この記事のライター

komugi

都内で愛犬のビーグルと暮らしています。コロナ期間中に肥満体型になってしまった愛犬のために食事や運動について勉強をはじめました。面白い発見や愛犬家の皆様に役立つ情報があればどんどん発信していきます!

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード