banner

【獣医師監修】犬に生の大豆は与えてはいけない?理由と誤って食べてしまった場合の対処法について

お気に入りに追加

豆類の中でもたんぱく質の含有量が多く「畑の肉」とも呼ばれる大豆。大豆は豆腐や味噌、納豆、煮豆、きな粉など、さまざまな食品に加工され、私たちの日々の食事を支えています。料理が好きな方は生の大豆から調理することもあるかと思いますが、生の大豆は犬にとって危険な食材であることをご存知でしょうか。

今回は、犬に生の大豆を与えてはいけない理由や与えてしまった場合の対処法、考えられる症状についてご紹介します。

【獣医師監修】犬に生の大豆は与えてはいけない?理由と誤って食べてしまった場合の対処法について
【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

目次

  1. 生の大豆は犬に与えてはいけない
  2. 犬に生の大豆を与えてはいけない理由とは
  3. 愛犬が生の大豆を食べてしまった場合の対処法
  4. 犬が生の大豆を食べた際に発現する可能性のある症状
  5. 生の大豆は与えないように注意しよう

生の大豆は犬に与えてはいけない

犬

大豆は犬に与えることのできる食材のひとつではありますが、与える際にはしっかり加熱したり、消化しやすいよう細かく刻んだりペースト状にする必要があります。生の状態で犬に与えることはおすすめできません。

与えることができる状態に加工した場合であっても与えすぎには注意し、与えた後しばらくは愛犬の体調に異常が現れないか観察しましょう。

犬に生の大豆を与えてはいけない理由とは

大豆

犬に生の大豆を与えてはいけない主な理由は、犬にとって有害な成分が含まれていることやアレルギーの可能性があること、また消化不良を起こしやすいためです。

毒性の高い成分が含まれている

大豆に含まれる「トリプシン・インヒビター」という成分は、膵臓から出るたんぱく質の分解酵素「トリプシン」の働きを阻害してしまうため、犬は消化不良を起こしてしまいます。

トリプシン・インヒビターは熱に弱いので、加熱処理をすれば成分が分解され、有害性はなくなります。

アレルギーの可能性

犬の食物アレルギーは、食べ物や食品添加物への過敏な反応が原因で起こり、さまざまな皮膚症状や消化器症状を起こす病気です。大豆、トウモロコシ、小麦などの穀類、肉類、卵、乳製品などは食物アレルギーの原因になりやすい食材です。食物アレルギーの体質をもつ犬は、ほこりやダニ、花粉などその他のアレルゲンにも反応しやすい傾向にあります。

消化不良を起こしやすい

犬はもともと肉食動物から雑食へと進化した動物であるため、大豆のような植物性たんぱく質の消化吸収は得意ではありません。そのため、消化不良を起こしたり、大豆がそのまま便の中にでてくることも考えられます。

愛犬が生の大豆を食べてしまった場合の対処法

犬 元気ない

もし愛犬に生の大豆を与えてしまった場合には、次のように対処しましょう。

動物病院に相談する

まずはかかりつけの動物病院に連絡を取り、指示を仰ぎましょう。その際、生の大豆をいつ、どのくらいの量食べたのかを明確に伝え、食べた後に何らかの症状が現れた場合にはその旨を伝えましょう。嘔吐物や便があれば、持参すると状況が分かりやすいと思います。

犬の様子を観察する

食べた量がごく少量だった場合などは、動物病院ですぐに治療する必要が無いと判断されることもあるかもしれません。その場合は自宅で様子を見ることになりますが、食物アレルギーの症状などは時間がたってから変化が現れることもあるので、しばらくは自宅で安静を保ち、愛犬の体調に異常が現れないかよく観察しましょう。

犬が生の大豆を食べた際に発現する可能性のある症状

大豆

犬が生の大豆を食べた場合の危険度は、食べた量や犬のサイズ、体質などによって異なります。生の大豆を食べた場合に起こり得る症状には、次のようなものが挙げられます。

消化不良

生の大豆を食べた場合に最も考えられる症状が消化不良です。原因は先述したように、単純に大豆が消化しにくい食材であるため消化不良を起こしたり、食物アレルギーによって起こる場合、有害な成分「トリプシン・インヒビター」の影響によるものが考えられます。

犬が消化不良を起こすと下痢や軟便、嘔吐、食欲低下などの症状が見られます。

お腹が張る

大豆にはオリゴ糖が多く含まれていますが、このオリゴ糖は犬の腸から吸収されにくいため、摂取すると腸内ガスが発生しやすくなります。するとガスによってお腹が張る「鼓腸(こちょう)」になり、お腹が張って苦しくなったり、ゲップが出たり、おならがたくさん出ることがあります。

皮膚のかゆみ

大豆に対してアレルギーをもつ犬は、大豆を食べた後に口の周りや目の周り、耳、脇の下、内股、指の間などがかゆくなることがあります。

軽度で一時的なものであれば、大豆を与えることを中止すれば症状が落ち着くこともありますが、症状が重い場合は強いかゆみを生じて皮膚を傷つけてしまったり、脱毛したり、二次的に細菌感染を起こして膿皮症が発生してしまうこともあります。ひどくなる前に、動物病院に相談しましょう。

生の大豆は与えないように注意しよう

餌を待っている犬

いかがでしたか?キッチンで生の大豆を調理しているとき、愛犬が興味をもって近づいてくることがあるかもしれませんが、決して気軽に与えないように注意しましょう。飼い主さんが与えようと思わなくても、留守中にいたずらしてしまう可能性もあるので、生の大豆に限らず、愛犬にとって危険なものは届かない場所に保管してくださいね。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】犬にスポーツドリンクを与えても問題はない?飲ませるメリットや注意点と手作りの方法まで

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬にスポーツドリンクを与えても問題はない?飲ませるメリットや注意点と手作りの方法まで

スポーツドリンクは、暑い季節や体を動かした後に効率的に水分を補給することができるので、常備しておくと重宝しますよね。そんなスポーツドリンクは、犬にとっても水分補給として役立つことをご存知でしょうか?食欲がないときや熱中症などの緊急時に塩分やミネラルを効率よく摂取できるメリットがありますが、与える際には注意しておきたいポイントがあります。 この記事では、スポーツドリンクの成分や、犬に飲ませる際の注意点などをご紹介します。

【獣医師監修】犬に生卵を食べさせても大丈夫?栄養素や与えるときの注意点など

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬に生卵を食べさせても大丈夫?栄養素や与えるときの注意点など

卵は生のままでも、加熱しても栄養価がほとんど変わらない「完全栄養食材」として知られています。ペット用療法食にも用いられるほど栄養豊富な食材ですが、生卵のまま犬に食べさせても問題はないのでしょうか? ここでは、犬に生卵を与えても大丈夫なのか、また卵の栄養素やおすすめレシピなどについて解説します。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

危険な食べ物に関する記事

【獣医師監修】犬にとってチョコレートは危険な食べ物。中毒を起こす原因や症状などを解説します

食べもの

【獣医師監修】犬にとってチョコレートは危険な食べ物。中毒を起こす原因や症状などを解説します

私たちが日常的に口にするチョコレートが犬にとっては危険な食べ物ということはよく知られていますよ...

2024年1月31日

【獣医師監修】犬にチョコレートは危険!与えてはいけない理由と誤って食べてしまった場合の対処法を解説

食べもの

【獣医師監修】犬にチョコレートは危険!与えてはいけない理由と誤って食べてしまった場合の対処法を解説

犬にチョコレートを与えてはいけないということは、一般的によく知られていますよね。しかし、犬にと...

2024年1月16日

【獣医師監修】犬の「玉ねぎ中毒」は命に関わることも。玉ねぎを与えてはいけない理由や症状、対処法まで解説

食べもの

【獣医師監修】犬の「玉ねぎ中毒」は命に関わることも。玉ねぎを与えてはいけない理由や症状、対処法まで解説

犬に与えてはいけない食べ物は多数あります。その中でも「犬に玉ねぎを与えてはいけない」という話は...

2023年12月13日

【獣医師監修】犬に生の大豆は与えてはいけない?理由と誤って食べてしまった場合の対処法について

食べもの

【獣医師監修】犬に生の大豆は与えてはいけない?理由と誤って食べてしまった場合の対処法について

豆類の中でもたんぱく質の含有量が多く「畑の肉」とも呼ばれる大豆。大豆は豆腐や味噌、納豆、煮豆、...

2023年11月8日

【獣医師監修】紅茶は犬に与えてはいけない飲み物|その理由と誤飲した場合の対処法を知っておこう

食べもの

【獣医師監修】紅茶は犬に与えてはいけない飲み物|その理由と誤飲した場合の対処法を知っておこう

私たちが普段口にしている食べ物や飲み物の中には、少量であっても絶対に犬に与えてはいけないものが...

2023年10月10日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード