犬の肉球は色が変化する?気になる犬の「肉球の色」について解説します!

お気に入りに追加

ぷにぷにで可愛らしい肉球には、大切な役割や意外と知らない秘密が多くあります。その中でも特に「肉球の色」は飼い主さんの悩みにもなりやすいのではないでしょうか。本記事ではそんな「肉球の色」について、少しでも不安や悩みを取り除けるよう詳しくご紹介していきます。

犬の肉球は色が変化する?気になる犬の「肉球の色」について解説します!

目次

  1. 犬の肉球の色が違う理由とは?
  2. 犬の肉球の色はピンクや黒?種類について
  3. 犬の肉球の色が赤い・白いは怪我や病気の可能性も
  4. 犬の肉球の色は大切なサイン

犬の肉球の色が違う理由とは?

肉球
JACLOU-DL

 子犬のときはピンク色でだんだん濃くなる、生まれたときから黒だったなど犬によって肉球の色の変化も十人十色です。同じ親から生まれた兄弟姉妹犬でも、生活環境などによりみんな肉球の色が違う場合もあります。愛犬の成長と共に、肉球の色がどう変化していくのか観察すれば、体調や生活の変化が分かりやすくなるでしょう。

色素沈着が原因

 毎日の散歩や運動で肉球が刺激されたり、成長途中に体内のホルモンが働いたりすることでメラニン色素が分泌され色素沈着が起こります。色素沈着は人間で言えばシミにあたり、病気などを疑う心配はいりません。またメラニン色素は有害物質から身体を守ってくれる役割も持っているとされています。

特に散歩コースがアスファルトや砂利道、でこぼこ道などの肉球に対して刺激が強いコースの場合、よりメラニン色素の分泌が促されて肉球の色が濃くなります。親兄弟姉妹で肉球の色に大きな違いがでるのは、生活環境などによって受ける刺激の違いが大きく関わっています。 

遺伝によるもの

 多くの場合、被毛が茶色や黒など濃い色の犬は肉球が濃い傾向にあり、灰色や白など薄い色の犬は肉球もピンク色など薄い傾向にあります。これらは父犬と母犬、さらにはもっと遡った祖父母などから受け継ぐ遺伝子と関わりがあります。

人間の血液型と同じように、肉球も親と必ず同じ色になるわけではありません。生まれてきた子犬の肉球が親と違う色や模様でも病気や異常ではないので安心してくださいね。 

犬の肉球の色はピンクや黒?種類について

肉球
shannonsmith

 犬の鼻が黒やピンク色など何色かあるように、肉球にも色の種類があります。よく見かけるのは濃い茶色や黒、次いでピンク色、なかにはブチと呼ばれるピンクや黒のまだら模様の肉球をもつ犬もいます。 

前と後ろで違うことも

 犬の肉球はそれぞれの四肢で同じ色であることが多いですが、前肢と後肢で違うこともあります。特にブチの肉球をもつ犬では、黒とピンク色の割合が四肢で揃っていないことも多く、足によって多種多様な色模様になることもあります。 

犬の肉球の色が赤い・白いは怪我や病気の可能性も

肉球
Eric.Ray

 愛犬の肉球の色や手触りが普段と違うときや、愛犬自身が肉球や足をしきりに舐めるなど気にしている様子があれば速やかに動物病院で受診をしてください。小さい怪我や変化だからと放って置くと別の病気や怪我に繋がる恐れもあります。 

赤みがかっているとき

 もし犬の肉球が赤みがかっていれば特に注意が必要です。間違った肉球ケア、ストレス、アレルギー、怪我などの理由で内出血や指間炎が疑えます。肉球に怪我や異常がある場合、細菌や感染症が肉球から浸入してくる可能性もあります。 

白く薄くなったとき

 肉球の色がピンク色や黒から白っぽく薄くなったときは、貧血や血流に関わる循環器や内臓の異常が疑えます。

肉球は身体の末端にあり、血流に異常がでたときにすぐ変化が表れるためです。また白っぽいと同時に手触りが酷くガサガサしているときは、肉球の水分不足や乾燥の可能性があります。放置していると怪我や悪化の恐れがあるので、靴下や保湿クリームなどでケアをしてあげましょう。 

犬の肉球の色は大切なサイン

肉球
natalieparham Unsplash

 犬の肉球の色が変化したり、犬によって色が違う理由のほとんどは心配の要らないものです。ところがなかには注意すべき色や変化もあります。肉球は可愛いだけでなく、愛犬の健康管理のためにとても大切なサインを出してくれる大事な存在です。ぜひ毎日のスキンシップの中で、肉球を観察してみてくださいね! 

関連記事

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

健康管理/病気

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

たくさん運動した次の日は、筋肉痛になってしまい動くのも辛いことがありますよね。 犬も人と同じよ...

2022年12月2日

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

健康管理/病気

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

犬のカラダの中で、汚れやすいのに掃除がしにくい部位が『耳』ですが、家庭で犬の耳掃除をするのは「...

2022年12月2日

犬が咳をする原因と治療法について

健康管理/病気

犬が咳をする原因と治療法について

愛犬が咳をしているのを聞いたことはありますか?犬は人ほど頻繁に咳をすることはありませんが、喉に...

2022年12月1日

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

健康管理/病気

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

夏の風物詩でもある「蚊取り線香」。蚊によって媒介されるフィラリア症を防ぐために蚊取り線香を使い...

2022年12月1日

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

健康管理/病気

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

私たち人間も、様々な要因で尿漏れをすることがありますが、犬もトイレに間に合わずいつもの場所以外...

2022年12月1日

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

健康管理/病気

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

犬が首を倒して足で耳をカイカイしている姿は、犬を飼っていると日常的に目にする光景です。いかにも...

2022年11月29日

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

健康管理/病気

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

長い眉毛や口ひげを生やし、かわいいながらも賢いおじいさんのような顔立ちのミニチュアシュナウザー...

2022年11月29日

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

健康管理/病気

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

いつも元気な愛犬が大人しいとなんだか心配になりませんか?犬が静かなときには、体調不良であったり...

2022年11月28日

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

健康管理/病気

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

犬は口腔内疾患を患うことも多いため、それを予防するために歯磨きなどの「デンタルケア」が必要不可...

2022年11月28日

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

健康管理/病気

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

愛らしい仕草と、特徴的な顔つきから、熱狂的なファンの多い犬種のひとつであるフレンチブルドッグ。...

2022年11月25日