【獣医師監修】愛犬の巻き爪を防ぐために|爪を切る頻度の目安と巻き爪になってしまった場合の対処法

お気に入りに追加

爪切りが苦手な犬は多いですが、嫌がるからといって爪を切らずにいると、伸びすぎて巻き爪になってしまうことがあります。巻き爪は痛みを伴う上に怪我の原因にもなることから、定期的に爪を切るようにして防ぎたいものです。

この記事では、巻き爪によって起こるトラブルをはじめ、爪切りの頻度の目安や巻き爪になった場合の爪切りのポイントを解説します。

【獣医師監修】愛犬の巻き爪を防ぐために|爪を切る頻度の目安と巻き爪になってしまった場合の対処法

目次

  1. 巻き爪によるトラブルと爪切りの頻度の目安
  2. 巻き爪になってしまった場合の爪の切り方と注意点
  3. 血管や神経が伸びすぎてしまった場合の対処法
  4. 定期的に爪切りをして巻き爪を防ぎましょう

巻き爪によるトラブルと爪切りの頻度の目安

犬 爪切り

人間の爪と同様、犬の爪もどんどん伸びていくと巻き爪になります。犬の爪は徐々に伸びていくものの、散歩や外で遊んだりしているうちに削れていきます。しかし、爪の削れ方は均等でなく、前肢の4本の指から少し離れた位置にある狼爪(ろうそう)においては、地面に接地しないので他の爪よりも速く伸びます。そのため、気づかないうちに巻き爪になっていたということも少なくありません。

巻き爪によるトラブル

巻き爪になると、以下のようなトラブルを引き起こします。

  • 爪が肉球に刺さる、場合によっては出血、化膿を起こす
  • 歩行時に違和感、痛みを伴う
  • 爪が引っかかったり、折れてしまう
  • 肉球が地面に接地しづらくなり歩きにくくなる、転倒するリスクが増す
  • 不自然な歩き方により、骨格が歪む原因となる
  • 爪の中を通っている血管や神経も爪と一緒に伸びてしまう(爪切りの際に痛がる、出血する可能性が増す)

爪切りの頻度

巻き爪を防ぐには、定期的な爪切りが欠かせません。爪の伸び具合は犬によって差がありますが、おおよそ月1回くらいが適切な爪切りのペースの目安です。

犬の爪は立った状態のとき、爪の先が地面につかない程度が理想的です。愛犬がフローリングを歩いているとき、カチカチと爪の音がするようであれば伸びすぎているサインなので、短く切ってあげましょう。

巻き爪になってしまった場合の爪の切り方と注意点

犬 爪切り

巻き爪を切る際には、気をつけるべきことがいくつかあります。ここでは、犬の巻き爪の切り方と注意点を解説します。

ステップ1.ニッパータイプの爪切りで少し短く切る

ペット用の爪切りには、切れ味がよく軽い力で効率的に爪をカットできるギロチンタイプもあります。しかし、巻き爪になってしまうとギロチン式のカッター部分に爪を当てることができないため、ギロチンタイプは使えません。

よって、まずはニッパータイプの爪切りで爪の巻いている部分をカットし、ギロチン式のカッターが入る状態にします。

ステップ2.血管を傷つけないようにして短く切る

巻いている部分を切ったら、ギロチンタイプの爪切りでカットします。白い爪であれば、爪の中にある血管が透けて見えます。血管は薄いピンク色に見える部分で、そこを切ってしまうと出血するので、血管から2mmほど手前の部分を目安にカットしましょう。

黒い爪の場合は血管が透けて見えないので、少しずつカットします。カットしていくと爪の断面が湿っぽくなっているほか、爪の真ん中に白い膜のようなものが見えてきます。血管に近づいているサインなので、それ以上カットしないようにしましょう。

なお、ギロチンタイプを使用せずニッパータイプのみで行う場合も、カットする部分は同じです。

万が一出血してしまった場合の対処法

爪の中の血管をうっかり切ってしまい出血したときは、コットンやガーゼで1~2分押さえていれば、多くの場合において止血が可能です。興奮していると止血に時間がかかってしまいますので、落ち着かせてなるべく安静を保ちましょう。

もし止血剤がある場合は、少量を爪の断面に指で直接塗布してください。それでも出血が続く場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

こういったトラブルを防ぐためにも、あらかじめ止血剤(クイックストップなど)を手元に準備してから爪切りを始めるのがベストです。

詳しくはこちらの記事で解説しています

【獣医師監修】犬の爪切りで出血してしまった場合の対処法とおすすめの止血剤

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬の爪切りで出血してしまった場合の対処法とおすすめの止血剤

愛犬の爪切りの際に、切りすぎて血が出てしまった経験を持つ飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか?それ以来、犬の爪切りに苦手意識を持ってしまった方もいるかもしれません。今回は犬の爪を切る際に気をつけること、もしもまた出血してしまった場合の止血方法やおすすめの止血剤を紹介します。もちろん失敗しないことが一番ですが、万が一のために是非覚えておいてくださいね。

血管や神経が伸びすぎてしまった場合の対処法

犬 肉球 爪切り

巻き爪になり血管や神経が伸びすぎてしまった場合、適正な長さに切ろうとすると、どうしても出血や痛みを伴います。そのため、不慣れな場合には動物病院で処置してもらうことを選択肢として考えましょう。

動物病院で処置をしてもらう

出血や痛みを抑えるために、動物病院によってさまざまな処置方法があります。場合によっては、止血剤や抗生物質、外用薬などを処方されることもあるでしょう。できるだけ痛みを与えずに爪切りをしてもらえるので、自分でやるのが難しいと思ったら無理せず、動物病院にお願いするのがよいでしょう。

定期的に爪切りをして巻き爪を防ぎましょう

犬 爪切り

犬の爪は、内側にカーブするようにして伸びていきます。爪切りをしないと特に狼爪はどんどん伸びて、巻き爪になってしまうことも少なくありません。巻き爪は爪切りをすれば確実に防げるので、定期的に爪の伸び具合をチェックして、爪の先が床につかない程度にカットしてあげましょう。

巻き爪をカットするのが難しい場合は、無理をせず動物病院を受診しましょう。巻き爪により痛みを伴っていたり、歩きにくい状態であったりすると、愛犬の生活の質がどんどん下がってしまうので、早めに対処してあげてくださいね。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】老犬が痙攣を起こした場合の対処法について|原因と発作が起きたときにやるべきこと

あわせて読みたい

【獣医師監修】老犬が痙攣を起こした場合の対処法について|原因と発作が起きたときにやるべきこと

愛犬が突然体を硬直させて痙攣を起こすような場面に居合わせたら、ほとんどの飼い主さんは驚いて、どうしたらいいのか分からなくなってしまうと思います。老犬の痙攣とは一体どのようなものなのかを事前に知っておくことで、いざという時にもパニックにならずに落ち着いて行動をすることができるはずです。 ここでは、老犬の痙攣について紹介します。

【獣医師監修】犬の顔を上手に洗う方法とは|手順と注意点を解説

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬の顔を上手に洗う方法とは|手順と注意点を解説

犬の顔周りは、目ヤニやご飯の食べカスなどで汚れやすいため、清潔に保つためのお手入れが欠かせない部位です。ただ、水に濡れるのを嫌がる子も多いため、自宅でのシャンプーの際に苦戦する飼い主さんも多いのではないでしょうか。 ここでは、犬の顔の洗い方の手順やコツ、注意点、プロに相談した方が良い場合についてもご紹介します。

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

関連記事

トイプードルの歯磨きについて|いつからはじめる?頻度は?よくある疑問にお答えします

健康管理/病気

トイプードルの歯磨きについて|いつからはじめる?頻度は?よくある疑問にお答えします

犬は虫歯になりにくいとされていますが、歯磨きはとても大切であるということをご存知ですか?虫歯に...

2023年6月6日

【獣医師監修】愛犬の歯が茶色くなった。病気のサイン?変色する原因と対処法について

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の歯が茶色くなった。病気のサイン?変色する原因と対処法について

真っ白だったはずの愛犬の歯がいつの間にか茶色くなっていた、という経験はありませんか?犬の歯はど...

2023年6月5日

【獣医師監修】老犬が頻繁に吐くのは病気が原因?考えられる原因や治療法、予防法を解説

健康管理/病気

【獣医師監修】老犬が頻繁に吐くのは病気が原因?考えられる原因や治療法、予防法を解説

犬は吐きやすい動物といわれていますが、何度も繰り返していたり、激しく吐いていると心配になります...

2023年6月2日

【獣医師監修】犬のいびきは何が原因?動物病院に行くべきかどうかは「いびきレベル」で判断しよう

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のいびきは何が原因?動物病院に行くべきかどうかは「いびきレベル」で判断しよう

愛犬が寝ている時に「ググググー」や「ガガー」などの音を出しているのを聞いたことがありますか?こ...

2023年6月1日

【獣医師監修】愛犬の後ろ足の様子がおかしい。考えられる原因と病気について解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の後ろ足の様子がおかしい。考えられる原因と病気について解説します

立ち上がるときにふらついたり、散歩中にびっこを引いていたりと、愛犬の後ろ足の様子がおかしいと、...

2023年5月30日

【獣医師監修】犬が「痰がからむ咳」をしている場合の原因とは?考えられる病気と対処法まとめ

健康管理/病気

【獣医師監修】犬が「痰がからむ咳」をしている場合の原因とは?考えられる病気と対処法まとめ

人間はちょっとした咳が重大な病気のサインであることがありますが、これは犬も同様です。愛犬が痰が...

2023年5月29日

【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

愛犬の歯茎に腫れが見られたら、何らかの口腔疾患にかかっている可能性があります。口内環境の悪化は...

2023年5月26日

【獣医師監修】犬が消化不良を起こす原因について|症状別の対処法、治療法を解説

健康管理/病気

【獣医師監修】犬が消化不良を起こす原因について|症状別の対処法、治療法を解説

犬が消化不良を起こすと、下痢や嘔吐の症状が現れます。健康な犬が食べすぎなどのちょっとしたきっか...

2023年5月25日

  【獣医師監修】犬も「うつ病」になる?原因や治療・予防法について

健康管理/病気

【獣医師監修】犬も「うつ病」になる?原因や治療・予防法について

気分が落ち込んだり、食欲が低下したり、何をしても楽しめなくなる「うつ病」。私たち人間にとっては...

2023年5月24日

【獣医師監修】犬の歯ぎしりは3種類ある?原因や対処法と考えられる病気について

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の歯ぎしりは3種類ある?原因や対処法と考えられる病気について

愛犬が寝ているときに、「カチカチ」という音が聞こえてきたことはありませんか?おいしいものを食べ...

2023年5月23日

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード