banner

banner

【獣医師監修】犬も逆さまつげになる?症状や原因と治療方法について

お気に入りに追加

皆さんは愛犬のまつげをじっと観察したことはありますか?その子特有のまつげの生え方があったりして、犬の目元はとても可愛らしいですよね。

実は、犬にも逆さまつげの子がいます。もし、愛犬の逆さまつげに気づいたとき、どのような対処をするべきなのか分からないと困ってしまいますよね。

本記事では、逆さまつげの症状や原因、早期発見するには何に気を付けるべきなのかを解説します。

対処法や治療法もあわせて紹介するので、是非参考にしてみてください。

【獣医師監修】犬も逆さまつげになる?症状や原因と治療方法について
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. 犬の逆さまつげの症状と原因
  2. 逆さまつげの治療方法は?
  3. 逆さまつげを早期に発見するには
  4. 日頃から愛犬の健康状態をしっかりチェックしよう

犬の逆さまつげの症状と原因

犬
Hilary Halliwell Pexels

犬の逆さまつげとは、本来は外側に向いて生えているまつげが眼球の方に向いて生えてしまっていて、犬の目に入ってしまっている状態のことです。この状態だと犬の眼球を刺激してしまい、さまざまな症状が出てしまいます。ここでは、犬の逆さまつげを引き起こす2つの病気についてご紹介します。 

眼瞼内反症

まぶたのことを眼瞼(がんけん)と言います。まぶたが内側に巻き込まれる状態になって、眼球にまぶたとまつげが接することで慢性的に目に刺激を与えてしまっている状態を眼瞼内反症と言います。

症状

  • 常に涙が出ている、目が涙ぐんだ状態
  • 角膜の表面が白い、角膜の血管が伸びている(血管新生)
  • 目やにが増える

原因

生まれつきのまぶたの構造が原因の場合が多いです。よく見られる犬種は、トイプードル、シーズー、パグ、ペキニーズ、ゴールデンレトリーバーなどです。また、犬の加齢によってまぶたが下がってきたり、外傷によってまぶたの構造が変わってしまったりして起こる場合もあります。

異所性睫毛

異所性睫毛とは、本来生えていない部位にまつげが生えてしまっている状態のことを言います。

症状

  • 常に涙が出ている、目が涙ぐんだ状態
  • 目の充血
  • 目をしっかり開けにくい

原因

こちらも先ほどと同様に生まれつきのまつげの生え方が原因ということが多いです。どの犬種が特になりやすいということはなく、すべての犬種で注意が必要になります。

逆さまつげの治療方法は?

犬

まずは日ごろから愛犬の状態をチェックして、目の異変に早期に気付いてあげられると良いですね。逆さまつげを発見したら、動物病院に行って診てもらいましょう。

病院に行くと、まずは視診で、まぶたをめくって目を刺激しているまつげの有無を確認し、症状によっては角膜に傷ができていないかを診る検査であるフルオルセイン染色や涙の量を測るシルマー試験などを行います。

病院での対処法は

上記の眼科検査の結果、逆さまつげに併発する角膜炎、結膜炎などの症状が疑われた場合は、点眼薬や眼軟膏などで症状に対する処置をします。しかし根本治療にはなりませんので、重要なのは原因となっている逆さまつげの処置を怠らないことです。定期的に、病院で異常のあるまつげを抜き、眼球に当たらないようにするという処置を継続していきます。

しかし、この方法は毎回まつげを抜くのでまぶたへの刺激があり、犬には少し負担です。症状の程度や経過によっては手術を行う場合もあります。次に、「用手で抜く」以外の逆さまつげの処置について2つご紹介します。

内反矯正手術

まぶたの内側に巻き込んだ部分を外科的な手技により切除し、縫合する手術です。それによって内側に巻き込まれたまぶたを正常な状態へと矯正するというものです。 

レーザー治療

異常のあるまつげを毛根から焼いてしまうレーザー治療も方法のひとつです。

逆さまつげを早期に発見するには

犬

最近涙が多い、目やにが多い、目の周りがよく濡れていて毛にも色がついているなど、細かな変化を見逃さないように気を付けましょう。前足で目のあたりをこすっているときも、注意が必要です。

トリミングサロンに頻繁に行く犬種の子は、目の周りのケアをしてもらう際に発見できる場合があるかもしれません。

逆さまつげ以外の可能性も

目やにや涙が出ていることに関しては、必ずしも逆さまつげになっているという訳ではありません。角膜炎、結膜炎などになっている場合も少なくないので、飼い主さんによる日ごろのチェックは重要といえるでしょう。

日頃から愛犬の健康状態をしっかりチェックしよう

犬

人間でよく聞く逆さまつげですが、犬にも起こりうるものだと知っていれば、早期発見に繋がるかもしれません。日ごろから目の周りまでチェックして、さらに愛犬の目の周りを触ることに抵抗をなくしておくと、万が一のときに治療もスムーズです。

愛犬の健康のために、飼い主さんがしっかり目の様子を見てあげて、幸せな犬との暮らしを送りましょう。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】犬の歯周病について|治療方法や費用、完治までにかかる時間などを解説

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬の歯周病について|治療方法や費用、完治までにかかる時間などを解説

3歳以上の犬の約80%が、歯周病や歯の病気のリスクを抱えていると言われていることをご存知でしょうか。これは、成人の日本人が抱えているリスクと同じ数字です。人間と同じように、犬も歯周病が重症化すると細菌感染から重大な病気に発展する危険性があります。しかし、一般的な動物病院では、まだまだ歯の専門的な治療ができる獣医師は少ないことも知っておかなくてはなりません。今回は、犬の歯周病について、発症の原因から完治までにかかる時間や治療費について解説します。

【獣医師監修】愛犬の目に傷がついている?考えられる病気と対処法について解説します

あわせて読みたい

【獣医師監修】愛犬の目に傷がついている?考えられる病気と対処法について解説します

愛犬が目を瞑り気味にしていたり、目ヤニが多くて心配になった経験はありますか?犬の目に傷があることに、飼い主さんが目視で気づけることはそう多くはありません。万が一目に傷がついてしまった場合、眼球にさまざまな症状が見られます。また、目を気にするしぐさで異常に気がつくこともあります。今回は、犬の目に傷があるときの原因や症状、考えられる病気と対処法を解説していきます。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

獣医師監修に関する記事

【獣医師監修】大型犬に多い股関節形成不全症について知っておこう|原因・症状・診断方法から治療方法まで

健康管理/病気

【獣医師監修】大型犬に多い股関節形成不全症について知っておこう|原因・症状・診断方法から治療方法まで

「股関節形成不全」という病気をご存じですか?大型犬が多く発症し、遺伝的な原因と環境的な原因があ...

2023年12月4日

【獣医師監修】犬の貧血について|免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の症状・原因と治療法を解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の貧血について|免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の症状・原因と治療法を解説します

人間と同じように、犬も貧血になることがあります。犬の貧血の原因はさまざまで、治療により回復する...

2023年11月29日

【獣医師監修】犬のしゃっくりの原因とは。自宅でできる対処法を紹介

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のしゃっくりの原因とは。自宅でできる対処法を紹介

みなさんは愛犬がしゃっくりをしているのを聞いたことがありますか?私たち人間はなにかの拍子にしゃ...

2023年10月26日

【獣医師監修】犬の胃潰瘍について。初期症状は?発症の原因や治療法についても解説

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の胃潰瘍について。初期症状は?発症の原因や治療法についても解説

犬も胃炎や胃潰瘍になることをご存知ですか? 人間の場合、胃潰瘍と聞くとヘリコバクター・ピロリ...

2023年10月20日

【獣医師監修】犬は子宮蓄膿症を発症しやすい?原因を知って予防に努めましょう

健康管理/病気

【獣医師監修】犬は子宮蓄膿症を発症しやすい?原因を知って予防に努めましょう

皆さんは「子宮蓄膿症」という病気をご存知でしょうか? 子宮蓄膿症は、避妊手術を受けていない中...

2023年10月16日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード