banner

banner

【獣医師監修】犬の目が充血した場合の対処法は?原因と上手な点眼薬のさし方もあわせてチェック

お気に入りに追加

ふと気が付いたら愛犬の目が赤くなっている、そんなとき一体どのように対処したらよいのでしょうか?

人間と同様に、犬の目の充血は一時的な場合もあれば、目の病気が関係していることもあります。

今回は、犬の目が充血する原因として考えられることと、症状の悪化を防ぐために家庭でできる対処法、点眼薬の上手なさし方などをお伝えしていきます。

【獣医師監修】犬の目が充血した場合の対処法は?原因と上手な点眼薬のさし方もあわせてチェック
【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目次

  1. 犬の目が充血している場合に考えられる原因と病気とは
  2. 悪化させないために家庭でできる対処法は?
  3. 点眼薬を上手にさす方法
  4. 目の異常に気がついたらなるべく早く病院へ連れて行こう

犬の目が充血している場合に考えられる原因と病気とは

犬

犬の白目が赤くなる原因や病気には、以下のことが考えられます。それぞれ具体的に見ていきましょう。

外傷や異物によるもの

うっかり何かにぶつかったり、他の犬とじゃれているときに目を傷つけてしまったりなどの外傷や、ゴミや被毛などの異物が目の中に入ったことで、目が赤くなることがあります。特に被毛が長い犬種は、定期的に目の周辺の毛をカットしないと、目の中に被毛が入りやすいので注意が必要です。

アレルギーによるもの

何らかのアレルギーにより、目が赤くなってしまっていることも考えられます。アレルギーの場合、白目だけでなく目の周辺や耳、お腹、股の周辺なども赤くなっていることもあります。また、かゆみを伴うのでしきりに目をこする行動が見られます。 

結膜炎や角膜炎などの病気

結膜炎や角膜炎などの目の病気の可能性もあります。結膜炎は、白目の表面を覆う半透明の結膜が、ほこりや砂などの異物の侵入や、細菌やウイルスの感染などが原因で炎症を起こす病気です。結膜炎はかゆみを伴うので、目をしきりにこすったり、顔を床にこすりつけたりする行動が見られます。

角膜炎は、結膜炎と同じような原因により、黒目の表面を覆う角膜が炎症を起こす病気です。角膜の傷が深いものだったり、範囲が広かったりすると治療が長引くケースも多くあるので、様子がおかしいと感じたら、早いうちに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

悪化させないために家庭でできる対処法は?

犬 エリザベスカラー

ここでは、愛犬の目が赤いとき、悪化させないために家庭でできる応急処置を2つご紹介します。

対処法1. 異物を取り除く、目を洗浄する

ゴミや砂などの異物が目に混入した場合は、洗浄用の点眼薬や水道水または精製水で異物を洗い流してあげましょう。洗浄用の点眼薬は、ドラッグストアなどで市販されている人間用の人工涙液の点眼薬を使って構いませんが、かかりつけの獣医師のおすすめのものがあれば、指示してもらうとよいでしょう。

対処法2. エリザベスカラーを装着する

目が赤くなっているときは、違和感から頻繁に目をこすってしまいがちです。そのため、エリザベスカラーを装着して顔周りを保護し、手足が目に届かないようにしましょう。エリザベスカラーは動物病院やペットショップをはじめ、ネットなどでも販売されているので、万一のときのために自宅に用意しておくことをおすすめします。 

点眼薬を上手にさす方法

犬 目薬

症状の改善のために点眼薬を処方されることが多いですが、点眼薬をさそうとすると愛犬が嫌がって上手くできないといったことがよくあります。そこで、点眼薬をさす手順や上手にさすコツをご紹介します。

点眼薬をさす手順

嫌がるところを無理やりやろうとすると、「点眼薬は嫌なもの」という気持ちを植えつけてしまうので、優しく話しかけ、恐怖心を与えないようにしながら、以下の手順で行いましょう。

  1. 飼い主さんに背を向けるようにしてオスワリをさせる
  2. 片手であごを持ち、ゆっくりと顔を上に向かせてそのまま固定する
  3. もう片方の手で点眼薬を持ち、愛犬の頭の後ろから手をまわして点眼薬をさす

点眼薬をさした後は、おやつをあげてたっぷりと褒めてあげましょう。「嫌なことをされた」という印象で終わらせないようにすることもポイントです。

点眼薬を上手にさすコツ

点眼薬をさすときは、愛犬に点眼薬の容器が見えないようにすることが肝心です。得体のしれないものが正面から近づいてくると、恐怖心を与えてしまうからです。

また、冷たい液体が目に入ると驚いてしまう子もいるので、冷蔵保存をする必要がある点眼薬の場合は、常温で少し置いてから点眼するとよいでしょう。

目の異常に気がついたらなるべく早く病院へ連れて行こう

パグ

犬の目が赤くなっているときは、外傷や異物の混入、眼の疾患、アレルギーなど、さまざまな原因が考えられます。目は非常にデリケートな部分なので、家庭で異常に気付いたら動物病院を受診し、適切に治療を行いましょう。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】犬の多飲多尿は病気のサイン。判断の目安や考えられる病気は?

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬の多飲多尿は病気のサイン。判断の目安や考えられる病気は?

皆さんは愛犬の飲水量、尿量について普段から把握するようにしていますか? 「愛犬がお水をたくさん飲むようになった」「おしっこの量が増えた」と感じたら、多飲多尿の症状かもしれません。暑い時期や運動した後などで、喉が渇いてお水をたくさん飲むということもありますが、多飲多尿は病気のサインと言われているので見過ごせない症状です。 この記事では、多飲多尿の目安や、考えられる原因・病気にはどのようなものがあるのかを解説します。

【獣医師監修】目薬を使う前に。サプリメントや食べ物で愛犬の白内障を予防しよう

あわせて読みたい

【獣医師監修】目薬を使う前に。サプリメントや食べ物で愛犬の白内障を予防しよう

大切な愛犬が白内障にならないよう、出来る限り予防してあげたいですよね。どれだけ白内障の予防をしても、遺伝によって発症を防げない場合もありますが、この記事では日常でできる範囲の白内障の予防法を紹介していきます。 また、白内障を発症しやすい犬種や、予防法における注意点も解説しているので、参考にしてみてください。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目に関する記事

【獣医師監修】犬のぶどう膜炎はどんな病気?初期症状や原因を分かりやすく解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のぶどう膜炎はどんな病気?初期症状や原因を分かりやすく解説します

犬がかかる目の病気「ぶどう膜炎」についてご存知でしょうか?眼球の中心部分を包み込むように拡がっ...

2024年1月11日

【獣医師監修】犬の角膜炎は何が原因?治療法・予防法からかかりやすい犬種まで

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の角膜炎は何が原因?治療法・予防法からかかりやすい犬種まで

人間と同じように、犬も角膜炎になることをご存知でしょうか? 愛犬の目に傷がついていたら、飼い...

2024年1月10日

【獣医師監修】犬の目が充血した場合の対処法は?原因と上手な点眼薬のさし方もあわせてチェック

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の目が充血した場合の対処法は?原因と上手な点眼薬のさし方もあわせてチェック

ふと気が付いたら愛犬の目が赤くなっている、そんなとき一体どのように対処したらよいのでしょうか?...

2023年10月3日

【獣医師監修】目薬を使う前に。サプリメントや食べ物で愛犬の白内障を予防しよう

健康管理/病気

【獣医師監修】目薬を使う前に。サプリメントや食べ物で愛犬の白内障を予防しよう

大切な愛犬が白内障にならないよう、出来る限り予防してあげたいですよね。どれだけ白内障の予防をし...

2023年5月16日

【獣医師監修】犬のまぶたが腫れる原因と対処法について

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のまぶたが腫れる原因と対処法について

犬のまぶたの腫れは目で見て分かりやすいため、飼い主さんは気がつきやすいと思います。犬のまぶたに...

2023年3月10日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード