【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

お気に入りに追加

愛犬の歯茎に腫れが見られたら、何らかの口腔疾患にかかっている可能性があります。口内環境の悪化は、犬の健康や生活の質の低下にもつながるため、早めに獣医師に診てもらうことが大切です。この記事では、犬の歯茎が腫れているときに考えられる病気と、その治療法について解説していきます。

【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

目次

  1. 愛犬の歯茎が腫れているときに併せてチェックすること
  2. 歯茎が腫れている場合に考えられる病気と治療法
  3. 愛犬の歯茎が腫れていることに気づいたら

愛犬の歯茎が腫れているときに併せてチェックすること

寝ている犬

愛犬の歯茎が腫れているときは、以下のこともチェックしましょう。

歯がぐらぐらしている

怪我をしたわけでもなく、歯茎が腫れたり後退して歯がぐらぐらしているときは、口内環境がかなり悪化していることが考えられます。早急に動物病院で治療を受けましょう。 

硬いものを食べない

歯茎の腫れが見られてから、硬いものを食べなくなったら口腔疾患が疑われます。歯石が歯の表面に付いていないか、口臭がきつくないかといったこともチェックしましょう。 

出血している

歯茎が腫れて、出血も伴う場合は歯茎に炎症が起きています。放っておくとさらに悪化するので治療が必要です。

口を地面にこすりつける

歯茎が腫れて口の中に違和感があると、鼻や口を地面にこすりつけたり、前足でしきりに口のあたりを気にして触ったりする行動が見られます。このような場合、放っておいても自然に治るものではないので、早めに獣医師に診てもらいましょう。

歯茎が腫れている場合に考えられる病気と治療法

動物病院 犬

ここでは、犬の歯茎が腫れている場合に考えられる病気と、その治療法について解説します。

乳歯遺残(にゅうしいざん)による歯周病

乳歯遺残とは、本来自然に抜けるはずの乳歯が抜けずに残り、そこに永久歯が重なって生えてしまった状態です。重なっている乳歯と永久歯の間には歯垢や歯石が溜まりやすいので、歯周病に発展し、歯茎が腫れている可能性が考えられます。

乳歯遺残は小型犬に多く見られ、特に歯の根元が深くて抜けにくい犬歯の部分になりやすい傾向があります。

乳歯遺残の治療法

乳歯遺残をそのままにしていると歯並びや噛み合わせに影響するほか、歯磨きをしても歯の隙間に溜まった汚れが取りづらいので歯周病が進行しやすくなります。そのため、抜けずに残り続けている乳歯の抜歯を行います。

費用の目安

病院によって費用には幅がありますが、全身麻酔下で乳歯の抜歯1本+歯垢・歯石除去で、4万円程度の治療費がかかります。乳歯遺残は複数本の場合もあり、数が多ければその分、治療費もかかります。

通院頻度・期間の目安

乳歯遺残の治療は基本的に日帰りで行われますが、全身麻酔のあとの体調の変化が心配であれば、入院して体調の観察を行うこともあります。治療後、動物病院によっては、オーラルケアの指導を所定の回数まで無料で行っているところもあります。

歯肉炎

犬の歯茎の腫れの原因として、まず考えられるのは歯肉炎です。歯肉炎とは、歯茎(歯肉)に炎症を起こす病気です。歯と歯茎の隙間の歯周ポケットに歯垢が付着し、歯垢内の細菌が出す毒素により炎症が起きます。

歯肉炎が進行すると、歯を支える歯周組織に炎症が起きる歯周炎も起きてしまいます。つまり、歯肉炎は歯周病(歯肉炎と歯周炎の総称)の初期段階ということです。

歯周病は犬の口腔疾患の中で最も多く、3歳以上の犬の約8割が患っていると言われています。そのため、早期に治療をして症状の進行を防ぎ、ホームケアを継続して口内環境を良好に保っていくことが大切です。

歯肉炎の治療法

歯垢と歯石(歯垢が石灰化して歯磨きでは取れないほどに硬くなった状態)を除去する治療を行います。歯石は歯肉炎の直接的な原因ではありませんが、歯石の表面はザラザラしていて、歯石の上にも歯垢が付きやすいので、歯石除去も行う必要があります。

治療は、まず先端が尖ったスケーラーで歯の表面や裏側、歯周ポケットに付着した歯垢・歯石を取り除く「スケーリング」をします。スケーリング後は、歯の表面にスケーラーでできた凹凸が残っており、この状態だと歯垢・歯石が再付着しやすいので、専用の研磨ブラシで磨いて歯の表面をツルツルにします。

歯肉炎は治療をしたのち、自宅で歯磨きをしっかり続けていけば治癒することが可能です。

費用の目安

病院によって費用には幅がありますが、歯肉炎の治療費は3万円程度、歯肉炎から歯周炎にまで進行した初期歯周病の場合は4〜5万円程度です。軽度のうちに治療をすれば、処置も医療費の負担も軽くなるので、愛犬の歯茎が腫れているのを見つけたら、早めに治療をしてもらいましょう。

通院頻度・期間の目安

歯肉炎、および歯周病の治療は、検査から治療までその日のうちに終わります。高齢の子や処置後の体調を観察した方が良い場合は入院となることもあります。

治療は全身麻酔をかけて行うのが一般的で、治療の前に全身麻酔をかけても大丈夫な健康状態なのか調べるための血液検査や胸部レントゲン検査などがあります。事前の検査で問題があった場合は、治療が延期になることもあります。

こちらの記事もチェック

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

あわせて読みたい

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

犬は口腔内疾患を患うことも多いため、それを予防するために歯磨きなどの「デンタルケア」が必要不可欠です。ここでは犬が歯磨きを始める時期や、歯石によるトラブルなどを防ぐための歯磨きの方法をご紹介します。

犬の歯周病の原因や症状は?検査方法や治療法、治療費の例も解説

あわせて読みたい

犬の歯周病の原因や症状は?検査方法や治療法、治療費の例も解説

犬は歯周病になりやすく、放置するとご飯が食べられなくなったり、病気やケガを引き起こしたりするので注意が必要です。 この記事では、歯周病になる原因や症状、気になる治療法や費用などについて解説します。 歯周病は予防できるので、まだ歯周病になっていない場合はこの記事を読んで、適切に予防しましょう。 また、かかってしまった場合の治療法や治療費などについても解説しますので、すでに症状が出ている場合も参考にしてみてください。

愛犬の歯茎が腫れていることに気づいたら

犬 歯磨き

愛犬の歯茎が腫れているときは、多くの犬がかかっている歯肉炎や歯周病の可能性が高いと言えます。軽度であれば、治療後にオーラルケアを継続していくことで治癒できるので、症状が進行しないよう早めに治療をするようにしましょう。

こちらの記事もチェック

犬の歯磨きの必要性や始める時期は?やり方・嫌がる時の対処法も解説

あわせて読みたい

犬の歯磨きの必要性や始める時期は?やり方・嫌がる時の対処法も解説

犬の歯のケアは大切ですが、はじめから歯磨きを受け入れる犬は多くありません。 しかし歯のケアを怠ると、歯周病のリスクが高まります。 今回は犬の歯磨きの重要性や手順、ポイントまで解説しているので、歯磨きのコツを学び、愛犬の歯をきれいに保ちましょう。

【獣医師監修】犬が消化不良を起こす原因について|症状別の対処法、治療法を解説

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬が消化不良を起こす原因について|症状別の対処法、治療法を解説

犬が消化不良を起こすと、下痢や嘔吐の症状が現れます。健康な犬が食べすぎなどのちょっとしたきっかけで消化不良を起こすこともありますが、病気によって下痢や嘔吐の症状が引き起こされることもあります。この記事では、犬の消化不良の原因や対処法、治療法についてご紹介します。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

口・口腔に関する記事

【獣医師監修】犬の歯は何本ある?生え変わるタイミングや注意点を知っておこう

犬の生態/気持ち

【獣医師監修】犬の歯は何本ある?生え変わるタイミングや注意点を知っておこう

皆さんは愛犬の歯が何本生えているのか、またどのくらいで永久歯に生え変わるのかを知っていますか?...

2023年9月13日

【獣医師監修】犬の歯に関する基礎知識|本数・特徴・生え変わりのタイミングなど

犬の生態/気持ち

【獣医師監修】犬の歯に関する基礎知識|本数・特徴・生え変わりのタイミングなど

皆さんは犬の歯についてどれくらい知っていますか?犬と暮らす上で、何本生えているのか、どのくらい...

2023年7月25日

【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の歯茎が腫れているときにあわせて確認すべきことは?考えられる病気と治療法も解説

愛犬の歯茎に腫れが見られたら、何らかの口腔疾患にかかっている可能性があります。口内環境の悪化は...

2023年5月26日

犬の口先の白い斑には名前があった!マズル・バンドについて詳しく解説!

犬の生態/気持ち

犬の口先の白い斑には名前があった!マズル・バンドについて詳しく解説!

愛犬の表情や印象を大きく左右する顔の色や模様。同じ犬種でも、模様の入り方や色によって全然違う犬...

2023年2月28日

【獣医師監修】愛犬の歯茎は何色が正常?異常な色や出血は病気の可能性も

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の歯茎は何色が正常?異常な色や出血は病気の可能性も

犬の歯茎は、体調や口腔内のトラブルによって色が変化しやすい部位と言われています。 みなさんは愛...

2023年1月27日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード