犬はちくわを食べても大丈夫?栄養素や注意点についても紹介

お気に入りに追加

料理をしていると愛犬がちくわを欲しそうにこっちを見ている…。

思わず「ちょっとだけ」と与えてしまいそうになりますが、ふと「ちくわは犬が食べても良いのかな?」と気になったことはないでしょうか?

ちくわは「高たんぱく低脂肪」かつ鉄分も豊富なので、人間にとっては栄養バランスの良い食材です。

調理せずに食べられるのでおやつとしてお子さんにあげたり、お弁当のおかずに使ったりする方も多いでしょう。

ですが犬に与えるのは大丈夫なのでしょうか?

この記事では犬にちくわを与えても問題がないのか、ちくわの栄養素や注意点をご紹介します。

犬はちくわを食べても大丈夫?栄養素や注意点についても紹介

目次

  1. 犬にちくわを与えても大丈夫?
  2. 犬にとって良いちくわの栄養素
  3. 犬にちくわを与えるときの注意点
  4. ちくわ以外の魚肉加工食品を与えても良いのか
  5. まとめ

犬にちくわを与えても大丈夫?

舌なめずりをする犬

結論からいうと、犬にちくわを与えても問題ありません

ちくわには塩分や添加物が含まれていますが、食べ過ぎに気を付ければ犬が食べても問題ない食材です。

ただ、犬の基本的な食事はドッグフードなので、食べすぎには注意が必要です。

ドッグフードには必要な栄養素が含まれています。

そのため、いくらちくわが高たんぱく・低脂肪・鉄分豊富な食材だとしても塩分や添加物の摂りすぎになる可能性もあるため与えすぎるとよくありません。

与える場合は普段の食事のトッピングとして少しだけ混ぜてあげる、少しだけおやつとしてあげる程度にしましょう。

また、毎日与えてしまうとちくわの味に慣れてしまい、普段のドッグフードを食べなくなる可能性もあります。

そのため与えるのであれば「たまに」を心がける必要もあります。

犬にとって良いちくわの栄養素

犬の食事

ちくわはスケソウダラ、イトヨリダイ、エソ、ホッケなど様々な種類の白身魚のすり身からできています。

ちくわに含まれる犬にとって良い栄養素は主にこの3つです。

  • たんぱく質
  • 多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸)
  • 鉄分

たんぱく質

水を除くとたんぱく質は犬の体の50%を占めており、筋肉や血液、内臓、皮膚や被毛などの源になっている重要な栄養素です。

たんぱく質が不足してしまうと子犬は成長が不十分になり、成犬は体が機能しなくなったり、抜け毛が多くなったりと全身に影響が出ます。

また、病気を防ぐ免疫抗体も減ってしまうため病気にかかりやすくなってしまいます。

多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸とは脂肪を構成している脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるものです。この多価不飽和脂肪酸は体内で合成することができないため、食事からの摂取が必要です。

多価不飽和脂肪酸という言葉を聞いたことがなくても、「オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸」は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

このオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸で多価不飽和脂肪酸は構成されています。

多価不飽和脂肪酸の説明図
出典: shop.nisshin.oilliogroup.com

オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸

オメガ3脂肪酸は青魚や亜麻仁油などに多く含まれ、酸素を体内に運搬する働きがあります。

オメガ6脂肪酸は肉や卵、乳製品に多く含まれ、アレルギーの改善や皮膚・被毛を健康に保つ役割や、血中コレステロール値を下げる効果があります。

鉄分

鉄分には酸素の運搬、鉄分の貯蔵、酸素の貯蔵という3つの役割があります。

鉄分が不足すると貧血気味になるため、歩行がふらついたり、疲れやすくなり息切れを起こしたりするかもしれません。

また、鉄分は細胞の働きにも影響を与えているため、不足するとさまざまな臓器に不調が現れ、被毛のツヤがなくなったりぼさぼさになってしまいます。

犬にちくわを与えるときの注意点

上目遣いの犬
PicsbyFran

一見、犬に必要な栄養素が含まれていて、与えるといいことばかりのように見えるちくわですが注意点もあります。

ちくわを与えるときの注意点はこの4つです。

  • 塩分過多
  • 魚アレルギーの可能性
  • 添加物の摂取
  • 偏食になる可能性

塩分過多

成犬の一日あたりの塩分摂取推奨量は体重1kgあたり0.127g程度だといわれています。

愛犬の体重が5kgの場合は2.54gです。

5本入りのちくわ1本あたりには0.25gのナトリウムが含まれているため、たくさん与えても問題ないように感じるかもしれません。

しかし、ドッグフードにも塩分が含まれているため与えすぎるとすぐに塩分過多になってしまいます。

塩分過多になると内臓に負担がかかり、心疾患や心不全を引き起こす可能性があります。

安心してちくわを与えたいなら、塩抜きをすると良いでしょう。

<塩抜きの方法 >

  1. ちくわを小さく切る
  2. 沸騰したお湯で1分程度茹でる
  3. ザルに移しお湯を切り、水に1分程度浸す
  4. よく水を切り、熱くないをの確認し犬に与える

塩分が心配な方や、塩抜きが面倒な方は犬用のちくわがあるためそれを与えると良いでしょう。

魚アレルギーの可能性

今まで愛犬に魚を与えたことがない場合は、魚アレルギーに注意する必要もあります。

アレルギーは生まれつきの「先天性」のものと、長い期間同じ食材を食べると発症する可能性のある「後天性」のものがあります。

ちくわを含め、初めて食べる食材を与える場合には少量から始め、食後は体調に変化がないか見ておきましょう。

アレルギーの場合には以下のような症状が現れます。 

  • 下痢・嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 皮膚のかゆみ
  • 目の充血
  • 抜け毛が増える
  • 顔や耳の内側、口周り、股の内側、目の周りなどが赤くなる
  • 足の裏や指の間を執拗に舐める、噛む

特にアレルギー症状の初期はかゆみが現れることが多く、犬はかゆい所を掻いたり噛んだりするため、放っておくとどんどん悪化してしまいます。

そのため、このような症状がみられる場合はすぐに獣医師に相談しましょう。

食品添加物の摂取

加工食品であるちくわには食品添加物が含まれています。

多くのちくわに使われているのはソルビン酸カリウムという食品添加物です。

細菌やカビの発生・増力を抑える働きがあるため保存料として用いられます。

ちくわだけでなく、かまぼこやはんぺんなどの練り物に使われることが多い食品添加物です。

ソルビン酸カリウムは単体でも危険性があるといわれていますが、ほかの食品添加物との組みあわせにより発がん性があると指摘されています。

特に危険視されているのは、ハムやソーセージなどに含まれている亜硝酸との組み合わせです。

ちくわに含まれている量では、その心配はないといわれています。

そのため少量であれば与えても問題ないとされていますが、心配な方は無添加のちくわも販売されているのでそちらを探してみても良いでしょう。

無添加とはいえ、塩分が含まれていることには変わりはないので与える場合は少量を心がけてくださいね。

偏食になる可能性

ちくわは人間の食べ物のため、味や風味がしっかりつけられています。

犬にとっては普段のドッグフードよりも格段に美味しいと感じるため、ちくわを日常的に与えると、ドッグフードを食べなくなってしまうかもしれません。

ドッグフードには犬に必要な栄養素がバランスよく配合されているため、食べなくなってしまうと栄養が不足し健康に害が及ぶこともあります。

このことからも、ちくわを与える際には少量をたまに与えるようにしましょう。

与えても良い量の目安は摂取カロリーの20%以下となります。

病気を患っている犬には与えない

ちくわには塩分が含まれているため、心臓病を患っている犬には与えないようにしましょう。

塩抜きせずに与えてしまうと血圧が上昇し、心臓に負担を与えてしまいます。

また、肝臓は体内にたまった余分な塩分を体外へ出す役割がありますが、肝臓を患っていると塩分をうまく体外へ排出できません。

そのため、肝臓に疾患がある犬の場合もちくわを与えないようにしましょう。

ちくわ以外の魚肉加工食品を与えても良いのか

首をかしげる犬

ではちくわ以外の魚肉加工食品はどうなのでしょうか?

かまぼこ

かまぼこもちくわと同じように白身魚のすり身が原材料です。

そのため犬に与えても問題ありませんが、同じように注意点もあります。

ちくわと同じように与えすぎると塩分過多や添加物の心配があり、魚を食べたことない犬は魚アレルギーを引き起こす可能性があります。

また、しっかりと味付けされているため偏食にならないように気を付けることも必要です。

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージは魚のすり身に豚脂、魚油などを加えて作られています。

こちらも少量であれば与えても問題ありません。

包装のビニールごと食べてしまわないように注意しましょう。

鯖缶

こちらも与えすぎなければ問題ありません。

ですが人間用に味付けされているため、与えるのであれば犬用のものを与えたほうが良いでしょう。

魚そのものの場合

もし魚肉加工食品ではなく、魚そのものを与える場合には以下の点に注意が必要です。

  • 骨を飲み込まないように取り除く
  • 味付けをしない
  • 寄生虫がいる場合があるためしっかりと加熱してから与える
  • 初めて食べる場合は少量から与える

食べ過ぎると黄色脂肪症という病気になることがあります。

この病気は魚に含まれるDHAやEPAの過剰摂取で体内のビタミンEが不足してしまうことにより起こる病気です。

発熱、食欲の低下、体の痛み、お腹や足の付け根の脂肪が硬くなるなどの症状がみられます。

まとめ

犬と飼い主
8777334

このように犬がちくわや魚肉加工食品を食べること自体には問題はありませんが、食べすぎると悪影響を及ぼすため、与え方には工夫が必要です。

また、初めて食べる場合にはアレルギーの症状が出ないか、食後の犬の様子をしっかりと見てあげなければいけません。

犬はいい匂いがするとなんでも欲しがります。

思わず食べさせてあげたくなりますが、欲しがるものを与えることが愛情ではありません。

かわいい愛犬にいろいろなものを食べさせてあげたいと思ったとしても、あくまでも人間の食べ物は犬が食べるために作られているわけではないため不必要に与えない方が良いでしょう。

関連記事

犬に唐辛子を食べさせてはダメ。与えてはいけない理由と誤って与えた場合の対処法

食べもの

犬に唐辛子を食べさせてはダメ。与えてはいけない理由と誤って与えた場合の対処法

犬に食べさせてはいけない食べ物はなんとなく理解している、という飼い主さんは多いのではないでしょ...

2022年12月1日

犬はヨーグルトを食べても大丈夫?与える際に注意が必要な種類とうれしい4つの成分

食べもの

犬はヨーグルトを食べても大丈夫?与える際に注意が必要な種類とうれしい4つの成分

朝ごはんのお供に人気の乳製品ヨーグルト。健康のために食べている方も多いのではないでしょうか?発...

2022年12月1日

あげすぎはNG!犬に必要な栄養素【カルシウム】と必須ミネラル【リン】の密接な関係

食べもの

あげすぎはNG!犬に必要な栄養素【カルシウム】と必須ミネラル【リン】の密接な関係

人間にとって必要不可欠な栄養素の一つ、といえばカルシウムを思い浮かべる方も多いのではないでしょ...

2022年12月1日

犬が辛いものを食べるとどう感じる?犬の味覚や、犬が苦手と感じる食べ物などご紹介

食べもの

犬が辛いものを食べるとどう感じる?犬の味覚や、犬が苦手と感じる食べ物などご紹介

唐辛子のピリッとした辛味が好きな方は多いですよね。人間でも食べ過ぎは良くないと言われる刺激物で...

2022年12月1日

犬にイクラを与える場合は注意が必要!栄養素や注意点を知って愛犬にイクラを使った手作り料理を!

食べもの

犬にイクラを与える場合は注意が必要!栄養素や注意点を知って愛犬にイクラを使った手作り料理を!

天然栄養素のカプセルと言われる鮭の卵・イクラは、赤くて小さな粒の中にたくさんの栄養が詰まってい...

2022年11月30日

犬にアスパラガスを食べさせても大丈夫?栄養や与える際の適量を紹介

食べもの

犬にアスパラガスを食べさせても大丈夫?栄養や与える際の適量を紹介

春を代表する野菜のひとつであるアスパラガス。近年では、ハウス栽培が盛んになったことで、年間を通...

2022年11月29日

犬に春菊を食べさせても平気?キク科の植物を与える際の注意点と栄養素まとめ

食べもの

犬に春菊を食べさせても平気?キク科の植物を与える際の注意点と栄養素まとめ

すき焼きや鍋の具材として人気がある野菜の一つである春菊。冬になると需要の高まる野菜の1つですよ...

2022年11月29日

犬はレタスを食べても大丈夫?犬にレタスを与えた場合の栄養や効能、注意点など

食べもの

犬はレタスを食べても大丈夫?犬にレタスを与えた場合の栄養や効能、注意点など

シャキシャキとした食感とみずみずしさが特徴のレタス。私たちの食卓では、サラダなどで年中食べられ...

2022年11月28日

過剰摂取はNG!犬にとって必須ミネラル【リン】の適量って?

食べもの

過剰摂取はNG!犬にとって必須ミネラル【リン】の適量って?

「リン」は、犬のエネルギー代謝にかかわる重要なミネラルの一つです。リンは、骨、筋肉、細胞膜の構...

2022年11月28日

ドッグフードにも入っている?「にんにく」が犬に与える影響とは

食べもの

ドッグフードにも入っている?「にんにく」が犬に与える影響とは

食欲を掻き立てる香りでおなじみのにんにくですが、犬にとっては有害となる物質が含まれています。も...

2022年11月28日