【獣医師監修】老犬が痙攣を起こした場合の対処法について|原因と発作が起きたときにやるべきこと

お気に入りに追加

愛犬が突然体を硬直させて痙攣を起こすような場面に居合わせたら、ほとんどの飼い主さんは驚いて、どうしたらいいのか分からなくなってしまうと思います。老犬の痙攣とは一体どのようなものなのかを事前に知っておくことで、いざという時にもパニックにならずに落ち着いて行動をすることができるはずです。

ここでは、老犬の痙攣について紹介します。

【獣医師監修】老犬が痙攣を起こした場合の対処法について|原因と発作が起きたときにやるべきこと

目次

  1. 老犬が痙攣を起こす原因
  2. 老犬が痙攣を起こした場合の対処法
  3. 痙攣した場合に起こりうることを事前に知っておきましょう
  4. 突然の痙攣にも慌てずに対処するために

老犬が痙攣を起こす原因

犬

老犬が痙攣を起こすのにはさまざまな原因がありますが、運動をした後などに筋肉が小刻みに震えるような痙攣や、寝ている時にピクピクと足を動かすような動きは筋肉疲労からきているものですので、心配をする必要はほとんどありません。

ただし、次のような病気が原因で起こる痙攣の場合には、最悪の場合、命に危険が及ぶ場合もありますので、早めに動物病院を受診するようにしてください。

腎不全

腎臓の機能障害により、毒素が尿として排出されずに体内に溜まり、それがきっかけで痙攣を起こすことがあります(尿毒症による痙攣)。

急性腎不全によるものは、そのまま放置するとすぐに危険な状態に陥ってしまうこともありますので、早急な処置が必要です。

脳腫瘍

脳に腫瘍ができることで、神経症状のひとつとして発作や痙攣を引き起こします。

中毒症状

何かしらの異物を誤飲した際に、異物に含まれる毒素の影響で、身体に痙攣が起こります。急性的な症状として起こる場合もあります。

てんかん

犬の痙攣の原因で多いのがてんかんです。てんかんが原因による痙攣は、予兆がないことが多く、痙攣の頻度、程度にもさまざまな違いがあります。

老犬が痙攣を起こした場合の対処法

犬

老犬が痙攣を起こした際には、まず飼い主さんは落ち着いて対処できるようにしてください。飼い主さんがパニックになって大騒ぎをしても、痙攣はおさまりませんので、まずは冷静になりましょう。

体には触れないようにする

痙攣を起こしている老犬が、周囲の家具や壁などにぶつかって怪我をしないように、周囲の安全を確保してください。周りにぶつかりそうなものがあったら犬の身体から離して、高い場所にいるときに痙攣が起こったのであれば、低い位置にそっと犬を移動させましょう。

この時に、つい老犬を抱き上げてしまいそうになりますが、痙攣の途中で体に触れてしまうとさらに痙攣を悪化させてしまうことがありますので、老犬の体には必要なとき以外は極力触れないようにしてください。

動画を撮影しておく

もしも飼い主さんの気持ちに余裕があれば、老犬が痙攣をしている動画を撮影し、その時間を測っておくようにしてください。あとから痙攣の様子で気づいたことなどを日記につけておくと良いでしょう。

痙攣を起こしていた時間を明確にするとともに、動画を撮影しておくことで、動物病院で診察を受ける際に、診断や治療を行うのに役立つことがあります。

痙攣した場合に起こりうることを事前に知っておきましょう

犬

老犬の痙攣は、多くの場合は突然発症します。ただ、老犬の様子をよく確認していると、痙攣を起こす前には、急にソワソワしたりと少し挙動不審な動きをすることがあります。しかし、これが痙攣の前触れだとはなかなか気が付きにくいものです。

痙攣を起こす時間は、てんかんが原因であった場合には長いと1時間程度続く場合もあります。また、一旦おさまったように見えても、繰り返し起こることがあります。

痙攣の発作はさまざま

老犬が痙攣を起こした時には、全身が硬直状態となって痙攣する場合や、体の一部分だけが小刻みに震える場合など様子もさまざまです。さらに、痙攣の最中にはよだれが流れ出たり、失禁したりすることもあります。

痙攣した際にはこれらの症状が起こり得るということを事前に認識しておくだけでも、実際に痙攣を目の当たりにした時に慌てず行動できる可能性が高まります。

突然の痙攣にも慌てずに対処するために

犬

老犬の痙攣は、ある日突然起こります。今まで健康でほとんど病気をしなかった子だったとしても、同じように痙攣が起こる可能性があります。いつも元気に散歩で走り回っていても、犬の体は年齢と共に当然衰えていて、心臓の機能なども知らず知らずのうちに低下しています。元気だからといって激しい運動を続けたりといった無理をさせてしまうと、心臓が悲鳴をあげて痙攣を引き起こしてしまうかもしれません。老犬になったら、成犬の頃と同じような運動は避け、途中で休憩を挟むようにしてあげてくださいね。

こちらの記事もチェック

【獣医師監修】犬がかまってほしいときに見せる仕草とは?愛犬のアピールに気付いて絆を深めましょう

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬がかまってほしいときに見せる仕草とは?愛犬のアピールに気付いて絆を深めましょう

犬は、飼い主さんに撫でてもらったり、遊んでもらったりすることが大好きです。そのため、かまってほしいときにはボディランゲージによって自分の気持ちを飼い主さんに伝えます。今回は、犬がかまってほしいときに見せる仕草と、そのサインが見られたときに愛犬にしてあげたいことをご紹介します。

【獣医師監修】犬が足を捻挫したときの症状とは|日常生活での予防法を解説します

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬が足を捻挫したときの症状とは|日常生活での予防法を解説します

身体の構造も骨格も異なる人間と犬ですが、犬も人間のように足を捻挫してしまうことがあります。高いところから落ちてしまったり、足場の悪い地面を走って滑ったり転んだりすることが原因となることが多いのですが、場合によっては肥満により足に負担がかかり靭帯が断裂してしまうようなこともあります。今回は、犬の足の捻挫の症状や家での予防策、検査、治療について解説します。

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

関連記事

ブルドッグの寿命を伸ばすために知っておきたい適正体重や・運動量・かかりやすい病気について

健康管理/病気

ブルドッグの寿命を伸ばすために知っておきたい適正体重や・運動量・かかりやすい病気について

イギリスの国犬として有名なブルドッグですが、見た目の厳つさや頑丈さとは違って、性格は非常に穏や...

2023年3月30日

【獣医師監修】犬の心拍数の正常値とは?心拍数の測り方と数値が異常な場合に考えられる原因

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の心拍数の正常値とは?心拍数の測り方と数値が異常な場合に考えられる原因

みなさんは愛犬の心拍数がどれくらいか、把握されていますか?自信を持って『〇回です!』と言える飼...

2023年3月30日

土佐犬の平均寿命は?運動量やかかりやすい病気を知って健康寿命を伸ばす

健康管理/病気

土佐犬の平均寿命は?運動量やかかりやすい病気を知って健康寿命を伸ばす

土佐犬って長生きな犬種なのかな?どんな犬種であれ、好きな犬種の平均寿命は気になるポイントですよ...

2023年3月29日

【獣医師監修】犬の舌が黒っぽく見える場合に考えられる原因とは|病気が潜んでいる可能性も

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の舌が黒っぽく見える場合に考えられる原因とは|病気が潜んでいる可能性も

愛犬が口を開けているときやご飯を食べているときに、舌が黒っぽく見えて何かの病気ではないかと心配...

2023年3月29日

【獣医師監修】犬の自閉症の症状とは|原因と治療・予防方法などを解説

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の自閉症の症状とは|原因と治療・予防方法などを解説

人間だけでなく、犬にも自閉症があるのをご存知でしょうか?犬の自閉症は症状が顕著なので、万が一愛...

2023年3月28日

犬にとって危険な観葉植物は?食べてしまった時の対処法など

健康管理/病気

犬にとって危険な観葉植物は?食べてしまった時の対処法など

家でのお留守番中や、ちょっと目を離した隙に、愛犬がうっかり観葉植物を食べてしまったという経験の...

2023年3月26日

散歩中に愛犬がどんぐりを食べてしまった・・!体に及ぼす危険性や対処法をご紹介

健康管理/病気

散歩中に愛犬がどんぐりを食べてしまった・・!体に及ぼす危険性や対処法をご紹介

風が心地よい秋のお散歩。公園やブナの林の中を歩くこともあるでしょう。犬は落ちているものに興味を...

2023年3月23日

ミニチュアダックスフンドがかかりやすい病気を知っておこう|対策方法も併せて解説【体内編】

健康管理/病気

ミニチュアダックスフンドがかかりやすい病気を知っておこう|対策方法も併せて解説【体内編】

犬には犬種や性別によって発症しやすい病気や、年齢によってかかりやすい疾患があります。全てのライ...

2023年3月23日

エアデールテリアの平均寿命ってどれくらい?気をつけたい病気や体重管理のこと

健康管理/病気

エアデールテリアの平均寿命ってどれくらい?気をつけたい病気や体重管理のこと

エアデールテリアの平均寿命はどれくらいなのでしょうか。飼い主なら、愛犬とたくさんの時間を過ごし...

2023年3月23日

【獣医師監修】犬の目の透明の膜が普段と異なる場合に考えられる原因と病気

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の目の透明の膜が普段と異なる場合に考えられる原因と病気

愛犬とコミュニケーションを取るとき、多くの飼い主さんはまず目を見るのではないでしょうか。愛犬の...

2023年3月23日

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード