ポメラニアン&柴犬のミックス「ポメ柴」について知ろう!寿命や健康管理のコツについて

お気に入りに追加

ポメラニアンと柴犬。日本で人気の2種類の犬種のミックスがポメ柴です。別名「シバラニアン」とも呼ばれ、それぞれのイイとこ取りをしたような魅力あふれる犬なのです。しかし頭数自体はあまり多くないため、詳しいことはあまり知られておらず「名前だけは聞いたことはある!」という方も多いのではないでしょうか?そこでポメ柴がどのくらいの寿命なのか?どれくらいの運動量が必要なのか?など、ポメ柴の健康寿命を延ばすために知っておきたい健康管理のコツについて解説していきます。

ポメラニアン&柴犬のミックス「ポメ柴」について知ろう!寿命や健康管理のコツについて

目次

  1. ポメ柴の寿命について
  2. ポメ柴の適正体重はどのくらい?
  3. ポメ柴のかかりやすい病気とは?
  4. ポメ柴の散歩の時間・回数の目安は?
  5. ポメ柴のごはんの量の目安は?
  6. 健康生活で長寿を目指そう!

ポメ柴の寿命について

ポメラニアン
skorchanov

 ポメ柴の平均寿命は12~15歳くらいだとされていて、もちろん個体差や育つ環境にも左右されますが、多くのミックス犬と同じくらいだと言えるでしょう。少し難しいのが柴犬とポメラニアンのどちらの特性を多く引き継いでいるか?ということで、それによって食事内容・かかりやすい病気なども少しずつ違ってきます。 

ポメ柴の適正体重はどのくらい?

ポメラニアン
who_is_trent Unsplash

 小型犬のポメラニアンの体重が1.8~2.3kg程度、中型犬の柴犬の場合は7~12kg前後となっていますが、ポメ柴の体の大きさに関しては柴犬の特性を引き継いでいるようです。そのためポメ柴の成犬の場合は8kg程度になることが多く、ケージなどの住環境もそれなりに広く取った方が良いでしょう。

またポメラニアン・柴犬とも被毛がダブルコートですから、ポメ柴の毛は長めのうえにモコモコしたような感じになります。そのため体重はそれほど重くなくても体が大きく見えることが特徴です。

ポメ柴のかかりやすい病気とは?

ポメラニアン
lightupphotos Unsplash

 一般的にミックス犬は病気に強いと言われることもありますが、親犬種の遺伝的疾患や、かかりやすい病気などを受け継いでしまうこともあり、そういった点では注意が必要です。ポメ柴のかかりやすい病気を見ていきましょう。 

免疫介在性疾患

 免疫介在性疾患は、遺伝的疾患である場合が多いため注意すべき病気です。体が本来持っている免疫機能が、正常な部分を誤って攻撃してしまうもので、免疫介在性膝蓋炎、免疫介在性溶血などの疾患が存在しています。

免疫介在性膝蓋炎は膝の関節や軟骨に炎症が発生し、びっこを引いたり、元気や食欲がなくなるなどの症状が現れます。ちなみに親犬種のポメラニアンですと膝蓋骨脱臼のリスクはありますが、ポメ柴は中型犬サイズに成長するため、その心配はあまりないようです。

免疫介在性溶血は免疫機能が血液中の赤血球を攻撃してしまうもので、貧血の症状が発生し、進行してくると死に至るかも知れない怖い病気です。

どちらの病気も根本的な治療が難しく、ステロイドや免疫抑制剤の服用で炎症を緩和させることで治していく方法が一般的です。

アレルギー性皮膚炎

 食べ物や雑菌、ダニのフンなどに起因するアレルゲンによって引き起こされる皮膚炎です。免疫機能の低下に伴って皮膚バリアが弱くなりやすいため、皮膚や被毛を清潔にすることが求められます。まずはアレルゲン物質を特定することによって原因を除去することが大切です。そして場合によっては抗生物質や免疫抑制剤などの投与が必要になるので、獣医師によく確認するようにしてください。 

ポメ柴の散歩の時間・回数の目安は?

ポメラニアン
lightupphotos Unsplash

 ポメ柴はとても活発で行動的な犬種です。そのため必要な運動量は必ず確保するようにしましょう。 

毎日の散歩時間

 1日2~3回程度で、毎回30分程度は散歩させましょう。他の犬に出会った時に警戒したり、吠えることもあるのでトレーニングやしつけは必須です。

また柴犬の部分特性からか、外でオシッコをしたがる場合もありますので、家でのトイレトレーニングもきちんと覚えさせましょう。

ドッグラン

 走ることも大好きですから、定期的にドッグランを利用することも必要でしょう。ストレス発散にも効果的ですし、何より他の子たちと遊ぶことで社会性を学ぶこともできますね。 

ポメ柴のごはんの量の目安は?

柴犬
nikunoki

 ドライフードの場合は、体重や年齢に応じて決まった分量を与えるようにしましょう。フードの袋に記載されている給与量表の通りで問題ありません。また日本犬は高齢になると認知症のリスクが高まりますので、柴犬の特性を受け継いでいるポメ柴もシニアに差し掛かる時期には、EPAやDHAが含まれたフードやサプリなどを与えることも効果的です。 

健康生活で長寿を目指そう!

ポメラニアン
tomradetzki Unsplash

 特定の病気リスクはあるものの、長寿を目指すためには食餌や運動をはじめとした健康管理が欠かせません。そして飼い主さんと絶えずコミュニケーションを取り、ストレスのない生活を送ることが何より大切ですね。 

関連記事

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

健康管理/病気

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

たくさん運動した次の日は、筋肉痛になってしまい動くのも辛いことがありますよね。 犬も人と同じよ...

2022年12月2日

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

健康管理/病気

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

犬のカラダの中で、汚れやすいのに掃除がしにくい部位が『耳』ですが、家庭で犬の耳掃除をするのは「...

2022年12月2日

犬が咳をする原因と治療法について

健康管理/病気

犬が咳をする原因と治療法について

愛犬が咳をしているのを聞いたことはありますか?犬は人ほど頻繁に咳をすることはありませんが、喉に...

2022年12月1日

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

健康管理/病気

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

夏の風物詩でもある「蚊取り線香」。蚊によって媒介されるフィラリア症を防ぐために蚊取り線香を使い...

2022年12月1日

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

健康管理/病気

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

私たち人間も、様々な要因で尿漏れをすることがありますが、犬もトイレに間に合わずいつもの場所以外...

2022年12月1日

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

健康管理/病気

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

犬が首を倒して足で耳をカイカイしている姿は、犬を飼っていると日常的に目にする光景です。いかにも...

2022年11月29日

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

健康管理/病気

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

長い眉毛や口ひげを生やし、かわいいながらも賢いおじいさんのような顔立ちのミニチュアシュナウザー...

2022年11月29日

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

健康管理/病気

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

いつも元気な愛犬が大人しいとなんだか心配になりませんか?犬が静かなときには、体調不良であったり...

2022年11月28日

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

健康管理/病気

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

犬は口腔内疾患を患うことも多いため、それを予防するために歯磨きなどの「デンタルケア」が必要不可...

2022年11月28日

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

健康管理/病気

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

愛らしい仕草と、特徴的な顔つきから、熱狂的なファンの多い犬種のひとつであるフレンチブルドッグ。...

2022年11月25日