banner

banner

老犬のシャンプーはどうする?負担をかけない方法やおすすめグッズをご紹介!

お気に入りに追加

足腰が弱くなったり体調が優れない老犬をシャンプーするには、若い頃よりも配慮が必要になります。ここでは、老犬にとってシャンプーが負担となってしまう理由や、負担を減らすためのポイント、負担をかけないために活用したいグッズについてご紹介します。

老犬のシャンプーはどうする?負担をかけない方法やおすすめグッズをご紹介!
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. 老犬のシャンプーは無理をしない
  2. 老犬のシャンプーで負担をかけないおすすめの方法
  3. 老犬のシャンプーおすすめグッズ3選
  4. 老犬のシャンプーは負担をかけないことが重要

老犬のシャンプーは無理をしない

犬 シャンプー
aqua.mech

老犬は若い頃と違い、体力が落ちています。また、個体差はありますがストレスを感じやすくなっていることがあります。

疲れやすくなっている

老犬も人と同じように、加齢に伴い筋力が低下し、足腰が弱くなります。シャンプーは体力を消耗するので、長時間のシャンプーやドライヤーは身体に負担になります。また、湿気や室温の変化などにより持病があれば咳が出たり、呼吸が辛くなることもあります。

ストレスを感じやすくなる

犬は高齢になると感覚機能が衰え、今までは普通にできていたことに対して不安を強く感じるようになることがあります。もともとシャンプーが好きでない犬はシャンプーを頑なに拒否したり、ストレスが引き金で体調不良になることがあります。

老犬のシャンプーで負担をかけないおすすめの方法

犬 シャンプー
aqua.mech

心身の機能が衰えた老犬をシャンプーするには、できる限り負担をかけないよう配慮する必要があります。負担を減らすためのポイントを3つご紹介します。

1.手早く短時間で済ませる

シャンプーの前にブラッシングをし、毛玉やもつれがあれば梳いておきましょう。また、被毛を短くカットするのであれば、シャンプー前にある程度カットしておくことで、シャンプーやドライヤーの時間を短縮できます。

手早く乾かすにはタオルドライが重要です。吸水性の高いタオルを使用したり、念入りにタオルドライしてドライヤーをかける時間を短縮しましょう。

また、シャンプーの後に皮膚が湿った状態で終わってしまうと、体温を低下させてしまったり、皮膚病につながる恐れがあるため、素早くしっかりと乾かしてあげましょう。

2.温度や湿度の管理

シャンプーの際には、浴室と脱衣所で温度差があると身体に負担がかかるので、寒ければ温めておきましょう。

皮膚疾患がある場合、お湯が熱いと痒みを生じることがあります。また、心臓病や気管虚脱があればシャンプーの際に高い温度や湿度で苦しくなり、咳や呼吸困難になることがあります。シャンプーのお湯の温度は36度前後を目安にし、その日の気候や犬の体調に合わせて水温を調節しましょう。

さらにシャンプーをする際には湿気がこもらないよう換気扇を回したり、窓を開けて空気を循環させることも大切です。

3.足腰に負担をかけない工夫を

シャンプーをする際に、滑りやすい床で踏ん張ると体力を消耗するだけでなく、滑って転倒して怪我をする可能性もあります。お風呂場の床やバスタブの中に滑り止めのマットを敷き、関節に負担がかからないようにしましょう。

無理に立たせる必要は無いので、座った姿勢やふせの姿勢など、老犬にとって楽な姿勢で行っても良いでしょう。お尻の下などの立たせないと洗えない部分は、シャンプーの最後に手短に洗いましょう。

老犬のシャンプーおすすめグッズ3選

犬 シャンプー
Aine D

コツを理解した上で、今度は老犬のシャンプーの負担を減らすために活用できるおすすめのグッズを3つご紹介します。

1.吸水性に優れたタオル

シャンプー後のドライヤーの時間を短縮するためにも、効率良く吸水するタオルを選びましょう。

「Winthome ペット用ボディータオル」は高品質なマイクロファイバー素材で、手触りが良く吸水性に優れています。サイズは77×127cmと大判なので、大型犬のシャンプーの際にもおすすめです。

商品名:Winthome/ペット用ボディータオル

Amazonで見る

2.水を使わないシャンプー

シャンプーほど汚れを落とす効果は無いかもしれませんが、水を使わないドライシャンプーを使用するのも一つの方法です。「JOYPET 水のいらない泡シャンプー犬用」は原料が100%食品添加物なので、犬が舐めても安心です。ドライシャンプーは洗い流す必要がないので、水が苦手な子におすすめです。

商品名:JOYPET/水のいらない泡シャンプー犬用

Amazonで見る

3.滑り止めバスマット

老犬のシャンプーでは、足腰への負担を軽減するためにも、滑り止めマットを使用しましょう。

バスマット「つるつるすべらんワン」は柔らかい弾力性があり、厚さが約3㎜と薄めなので、洗面所など狭い場所でのシャンプーの時でも使用できます。排水のための穴も5つ空いているので、水が溜まりにくくなっています。

商品名:Peppy/つるつるすべらんワン

Amazonで見る

老犬のシャンプーは負担をかけないことが重要

犬 シャンプー
aqua.mech

シャンプーをして老犬の身体を清潔に保つことは、健康を守る上でも大切です。老犬が嫌がる場合に無理にシャンプーをすれば、身体に負担がかかることで持病を悪化させたり、大きなストレスにもなってしまうので、愛犬の様子を確認しながら負担の減るシャンプー方法を選び、無理せず行いましょう。

banner

nao

この記事のライター

nao

「愛犬の気持ちを理解したい」「寄り添ったコミュニケーションを取りたい」という思いからドッグライターとして犬に関する知識を学び、発信しています。愛犬の笑顔を守るために、そして同じ思いを抱く飼い主さんのために、有益な情報を発信していけたらと思っています。

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

シニアのケアに関する記事

【獣医師監修】犬の筋肉を維持するためのヒント|筋力アップでシニア期も健康に暮らそう

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の筋肉を維持するためのヒント|筋力アップでシニア期も健康に暮らそう

皆さんの愛犬は、適切な散歩や運動などによって、しっかり筋肉を維持できていますか?犬が健康的な生...

2023年8月2日

犬のリハビリにはプールが効果的?シニア犬の筋力アップにも。全国のリハビリ施設をご紹介

健康管理/病気

犬のリハビリにはプールが効果的?シニア犬の筋力アップにも。全国のリハビリ施設をご紹介

犬のためのリハビリ施設があることをご存知でしょうか?リハビリ施設として独立しているものもあれば...

2023年4月23日

老犬のニオイが気になるときの原因やケア方法を詳しく解説

飼い方/育て方

老犬のニオイが気になるときの原因やケア方法を詳しく解説

歳を重ねた愛犬のニオイが気になるという飼い主さんは多いのではないでしょうか。ただ、老犬のニオイ...

2023年2月14日

老犬のシャンプーはどうする?負担をかけない方法やおすすめグッズをご紹介!

飼い方/育て方

老犬のシャンプーはどうする?負担をかけない方法やおすすめグッズをご紹介!

足腰が弱くなったり体調が優れない老犬をシャンプーするには、若い頃よりも配慮が必要になります。こ...

2023年1月18日

シニア犬のストレス解消方法をご紹介!愛犬のストレスサインを見逃さないために

犬の生態/気持ち

シニア犬のストレス解消方法をご紹介!愛犬のストレスサインを見逃さないために

シニア期に入った愛犬が前足をしょっちゅう舐めていて困る、そんなお悩みはありませんか?それはもし...

2022年11月15日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード