banner

banner

子犬の体重推移について|サイズごとの成長スピード、出生時の体重、推移の例をご紹介

お気に入りに追加

あっという間に過ぎる子犬期ですが、どのくらいのペースで大きくなっていくのか気になるという飼い主さんは多いのではないでしょうか?子犬の体重は小型犬・中型犬・大型犬という身体の大きさや犬種によって異なりますし、個体差もあるので一概に何g、何㎏とお伝えすることはできませんが、目安は知っておきたいですよね。今回は、子犬期の体重の一般的な目安となる数字と、身体の大きさごとの体重推移の例をご紹介していきます。

子犬の体重推移について|サイズごとの成長スピード、出生時の体重、推移の例をご紹介
【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目次

  1. 「子犬期」っていつまで?
  2. 子犬の成長期は2回ある
  3. 出生時の体重ってどれくらい?
  4. 子犬の体重推移には個体差がある!

「子犬期」っていつまで?

犬 親子

冒頭で述べたように身体の大きさによって体重は異なりますが、実は「子犬期」の長さも異なるということをご存知ですか?子犬期がいつまでなのか、小型犬・中型犬・大型犬・超大型犬それぞれの期間について知っておきましょう。

「子犬」の一般的な区分って?

通常、「子犬」と呼ばれるのは1歳くらいまでとされています。成犬は1~7歳、シニアは7~13歳が一般的な区分です。次に身体の大きさによる長さの違いを見ていきましょう。

身体の大きさによる「子犬期」=「成長期」の長さは?

小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬ごとの「子犬期」の長さは以下の通りです。

  • 小型犬:生後8~10ヶ月頃まで
  • 中型犬:生後10~12ヶ月頃まで
  • 大型犬:生後15ヶ月頃まで
  • 超大型犬:生後18~24ヶ月頃まで

小型犬と超大型犬の子犬期の長さ(成長スピード)を比べると、倍以上も違うケースがあることが分かります。

子犬期は成長期でもありますが、上記の期間で超小型犬・小型犬は出生時の体重から20倍中型犬は50倍大型犬は70倍超大型犬はなんと100倍もの体重になると言われています。

全ての犬種で急激に成長する時期はあるものの、身体が大きくなるほど成犬になるまでの時間はかかる傾向にあります。しかし、人間と同じで子犬の成長スピードにも個体差があるため、必ずしもこの通りになるわけではありません。1年過ぎても成長が続く小型犬もいれば、成犬になるまでに2年かからない超大型犬もいます。あくまで目安として参考にしてくださいね。

詳しくはこちら!

「子犬」っていつまで?子犬期の飼育の注意点もあわせてご紹介

あわせて読みたい

「子犬」っていつまで?子犬期の飼育の注意点もあわせてご紹介

犬は人間よりも歳を重ねるスピードが早いですが、いつまでが子犬で、いつからが成犬なのかご存知ですか?犬はライフステージごとに餌の量や睡眠時間などが変わるため、健康管理のために年齢の区切りを知っておくことは重要です。また、成犬になる前に済ませておきたいしつけも多いので、何歳までが子犬という括りなのか把握しておきましょう。

子犬の成長期は2回ある

子犬

犬の成長期は2回あり、時期によって発達する部分が違うと言われています。

成長前期

成長前期と呼ばれる生後2ヶ月くらいまでは、犬の身体が急激に成長する期間です。最初の成長期で、この時期は骨格組織が発達している期間になります。

消化器官の発達が十分ではないので、1回の食事でたくさんの量を食べることができません。とはいえ、成長するために必要なエネルギーや栄養素は多いです。そのため、消化吸収に優れ、栄養バランスの整っているドッグフードを1日に複数回与えてあげる必要があります。

成長後期

生後2ヶ月以降は成長が緩やかになり、成犬になるまでに体重が2~5倍に増加していきます。超大型犬の場合はそれ以上に増加します。成長前期とは異なり筋肉が発達する時期です。そのため、筋肉の発達を手助けするたんぱく質豊富なドッグフードに変えていきましょう。

ただし、生後4~5ヶ月頃からは脂肪組織も発達しはじめるので、成長期だからと言ってカロリーの高いごはんを与えすぎてしまうと肥満を招きます。ドッグフードの見直しと、愛犬に合った適切なごはんの量を把握して肥満にならないように注意しましょう。

出生時の体重ってどれくらい?

犬 赤ちゃん

犬の赤ちゃんの出生時の体重は身体の大きさによって異なりますが、だいたいの目安は以下の通りです。

  • 小型犬:100~200g
  • 中型犬:200~300g
  • 大型犬:400~500g
  • 超大型犬:700g前後

生後10日ほどで出生時の体重の約2倍ほどになり、生後4~5ヶ月で成犬時の体重の約半分になると言われています。

しかし、サイズによる成長スピードや個体差もあるので、必ずそうなるとは限りません。あくまでも目安として体重推移の参考にするようにしましょう。

こちらの記事もチェック!

大型犬の子犬を飼う前に知っておくべきこと|体重・しつけ・ごはんについて

あわせて読みたい

大型犬の子犬を飼う前に知っておくべきこと|体重・しつけ・ごはんについて

賢く落ち着いた性格であることが多い大型犬。そんな魅力から、大型犬を飼いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、大型犬を迎えるにあたって、大型犬の子犬の体重推移から、食事面やしつけといった育て方のポイントまでご紹介していきます。

犬種による体重推移の例

小型犬、中型犬、大型犬それぞれの体重推移を具体的な犬種の例をもとにご紹介します。

【小型犬】チワワ

小型犬は生後8~10ヶ月ほどでほぼ成犬の大きさになると言われており、生後10ヶ月以降は緩やかに成長していきます。生まれたばかりの子犬は100gほどしかなく、大人の手のひらに乗るほどの大きさであるチワワの体重の推移の一例をみてみましょう。

■体重の推移(例)

  • 生後1ヶ月:350g
  • 生後2ヶ月:450g
  • 生後3ヶ月:650g
  • 生後4ヶ月:850g
  • 生後5ヶ月:1.2㎏
  • 生後6ヶ月:1.6㎏
  • 生後7ヶ月:1.8㎏
  • 生後8ヶ月:2㎏
  • 生後9ヶ月:2.2㎏
  • 生後10ヶ月:2.3㎏
  • 生後11ヶ月:2.4㎏
  • 生後12ヶ月:2.5㎏

標準体重が1~3㎏とされているチワワですが、成長後の個体差が大きく、1㎏以下の子もいれば3㎏を大きく超える子も少なくありません。

1歳で成長が止まると言われているものの、1歳半から2歳くらいまで成長するチワワもいるので上記の体重推移は1つの例になります。

こちらの記事もチェック!

チワワの適正体重ってどれくらい?愛犬の理想体重を知って健康管理に役立てよう

あわせて読みたい

チワワの適正体重ってどれくらい?愛犬の理想体重を知って健康管理に役立てよう

世界一小さい犬種であるチワワ。小柄な身体から、体重がとても軽いということをご存知の方は多いと思います。一方で個体差が大きい犬種でもあり、平均体重よりも重くなることも珍しくなく、他の子よりも重いからと言って必ずしも肥満であるとは決めつけられないケースも多いです。今回は、チワワの理想体重や、子犬期の体重推移、ダイエット方法などについて解説していきます。

【中型犬】コーギー

中型犬はだいたい10~12ヶ月で成犬と同じくらいの大きさになります。生後9ヶ月頃には成長が緩やかになっていきますが、個体差もあるため標準を超えて大きくなる子ももちろんいます。コーギーの体重推移の例は以下の通りです。

■体重の推移(例)

  • 生後3ヶ月:3㎏前後
  • 生後4ヶ月:5㎏前後
  • 生後5ヶ月:6㎏前後
  • 生後6ヶ月:8㎏前後
  • 生後8ヶ月:9㎏前後
  • 生後9ヶ月:10㎏前後
  • 生後12ヶ月:11~12㎏

コーギーは胴長の体型から足腰に負担がかかりやすいため、肥満は大敵です。犬のダイエットは大変なので、適正体重を把握して体重管理に努めましょう。

こちらの記事もチェック!

コーギーの適正体重って?適切な食事と運動で健康管理を!

あわせて読みたい

コーギーの適正体重って?適切な食事と運動で健康管理を!

ぷりっとした愛嬌たっぷりのお尻が大人気のコーギー。短めの四肢でコロコロと走る姿が可愛いらしいですが、実は彼らはもともと牧畜犬として活躍をしていました。オヤツをあげすぎてしまったり、散歩や運動が十分でないと肥満になりやすい犬種です。愛犬にいつまでも健康で長生きしてもらうために、コーギーの適正体重と体重管理の方法を知っておきましょう。

【大型犬】ゴールデンレトリバー

大型犬であるゴールデンレトリバーは15ヶ月ほどかけて成犬になっていきますが、生後10ヶ月ほどでほとんど成犬と同じ大きさになります。体重の推移の例は以下の通りです。

■体重推移(例)

  • 生後1ヶ月:1.8~2.0㎏
  • 生後2ヶ月:5~6㎏
  • 生後3ヶ月:10~11㎏
  • 生後4ヶ月:13~15㎏
  • 生後5ヶ月:16~18㎏
  • 生後6ヶ月:18~21㎏
  • 生後7ヶ月:20~23㎏
  • 生後8ヶ月:22~25㎏
  • 生後9ヶ月:23~26㎏
  • 生後10ヶ月:23~28㎏
  • 生後11ヶ月:24~29㎏
  • 生後12ヶ月:25~30㎏

オスの平均体重が29~34㎏、メスの平均体重が25~29㎏であるゴールデンレトリバーですが個体差も大きく、上記の体重以下の子もいれば、平均体重を大きく超える子もいます。だからと言って必ずしも肥満というわけではないので、BCS(ボディコンディションスコア)を参考に愛犬の適正体重を把握するようにしてくださいね。

こちらの記事もチェック! 

太りやすいゴールデンレトリバーは適正体重や体重管理方法を知って肥満や病気のリスクを抑止しよう!

あわせて読みたい

太りやすいゴールデンレトリバーは適正体重や体重管理方法を知って肥満や病気のリスクを抑止しよう!

実は、ゴールデンレトリバーは太りやすい犬種と言われており、肥満になると関節に負担がかかるだけでなく、心臓病などの様々な病気のリスクを高めてしまいます。 毎日接している飼い主さんは、愛犬の体重が少しずつ増加していることに気付きづらいこともあり、気が付いた時には肥満になっていたということもあります。健康に長生きしてもらうためにも、ゴールデンレトリバーの適正体重や理想的な体型を把握しておきましょう。

うちの子肥満?犬のボディコンディションスコアを理解して愛犬の体重管理に役立てよう

あわせて読みたい

うちの子肥満?犬のボディコンディションスコアを理解して愛犬の体重管理に役立てよう

犬の肥満は飼い主の責任、とよく言われていますが、犬は体型を見ればその肥満度や痩せ加減を把握することができます。そんな、犬の体型を見て体重管理をするための指標が、ボディコンディションスコアというものです。略してBCSとも呼ばれることがあるボディコンディションスコアは、犬の体型を5段階に分けて肥満度を判断するもの。今回は、このボディコンディションスコアの見方や計測方法などについてご紹介します。

【番外編】超大型犬:グレートデン

超大型犬であるグレートデンの出生時の体重はだいたい600~800gほどです。オスの平均体重が54㎏以上、メスの平均体重が45㎏以上とされており、大型犬は出生時の100倍の体重になると言われているので、成犬になるころには60㎏ほどになることも珍しくありません。オスの場合は90㎏近くまで成長する子も!

ギネス記録の常連であるグレートデンの体重の推移が気になるところですが、グレートデンをはじめセントバーナードやアイリッシュウルフハウンドなどの超大型犬は成長期間が長いことから体重の推移の個体差が大きく、生後6ヶ月で〇㎏というだいたいの規則性を見出すのが難しい傾向にあります。

平均体重よりも大幅に大きくなるケースも少なくないので、超大型犬をお迎えしたいと考えている場合は、予想以上に大きく成長してもしっかりお世話できるのか、飼育スペースを確保することができるのか考えておかなければいけません。

こちらの記事もチェック!

ギネス記録の常連!美しく大きいグレートデンの生い立ちや特徴、性格など紹介します

あわせて読みたい

ギネス記録の常連!美しく大きいグレートデンの生い立ちや特徴、性格など紹介します

数多くある犬の種類の中で、最も体高の高い犬としてギネス記録を持つグレートデン。平均的な体高の高さではアイリッシュウルフハウンドが世界一と言われていますが、1頭毎に表彰を行なうギネス記録では、グレートデンは毎回常連として世界でその名を知らしめています。日本にも愛好者はたくさんいますが、飼育数はあまり多くないため、実物にお目にかかれる機会はなかなかないかもしれません。今回は大きくて美しいグレートデンの犬種の成り立ち・歴史・特徴・性格などをご紹介します。

子犬の体重推移には個体差がある!

子犬

サイズや犬種ごとに一般的な体重推移の目安はあるものの、必ずしもその通りになるとは限りません。これは犬に限らず他の動物や人間にも言えることですよね。平均よりも成長スピードが遅い・早い、体重が軽い・重いなどの違いは珍しいことではないので、あくまで目安として捉えておきましょう。愛犬が健康的に育っているのか心配であれば獣医師に相談するのが安心です。

身体の大きさによって子犬期の長さは異なり、成長スピードも違います。健康的に成長してもらうためにはその子の成長に合わせたドッグフードを選ぶようにしてください。

子犬は免疫力が低く、体調も崩しやすいです。日頃からごはんの様子や排泄物のチェック、十分な睡眠時間がとれているかなどの健康観察を欠かさないようにしましょう。特に異常がなくても子犬のうちは定期的に動物病院を受診することをおすすめします。

こちらの記事もチェック!

子犬はどのくらい眠る必要があるの?睡眠時間の目安と眠らないときの理由

あわせて読みたい

子犬はどのくらい眠る必要があるの?睡眠時間の目安と眠らないときの理由

小さくて元気いっぱいの子犬は、寝ている姿も愛らしく、ずっと見ていても飽きないほど癒し効果抜群ですよね。人間の赤ちゃんは寝るのが仕事と言われていますが、子犬の場合、1日のうちどれくらい眠る必要があるのでしょうか。今回は子犬に必要な睡眠時間や、快適に寝てもらうためにできることなどをご紹介します。

子犬を迎えると決まったら|事前に必要な準備と快適に過ごしてもらうための環境づくり

あわせて読みたい

子犬を迎えると決まったら|事前に必要な準備と快適に過ごしてもらうための環境づくり

子犬と暮らし始めるにあたっては、あらかじめ必要なものを用意しておいたり、子犬と暮らすための環境を整えておかなければいけません。しかし、はじめて犬を飼うという人であれば、何を準備すればいいのか、部屋にはどんな工夫が必要なのかよく分かりませんよね。そこで本記事では、子犬を迎えるにあたって準備しておくべきものや、生活環境として注意が必要なポイントをご紹介します。もうすぐ飼い主となり子犬との暮らしをスタートさせる予定がある人はぜひ参考にしてくださいね。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード