老犬の最期、気づける?飼い主が愛犬にできることは

お気に入りに追加

共に過ごしてきた愛犬に最期が近づいてくるととても悲しいですが、避けては通れない運命です。老犬になり最期が近づくと、呼吸や食欲など体や行動に変化が見られるようになります。愛犬の最期を飼い主としてどう迎えられるか、どんなことができるのかを今のうちから知っておくことが大切です。

老犬の最期、気づける?飼い主が愛犬にできることは

目次

  1. 老犬の最期、体温や呼吸に変化が
  2. 行動にも変化が見られる老犬の最期
  3. 愛犬が最期、飼い主にできること
  4. いつかはくる最期。心の準備をしておくことが大切

老犬の最期、体温や呼吸に変化が

老犬
Schwoaze

 まず、老犬の最期が近づくと体温や呼吸に変化が見られるようになります。 

体温の低下

 人間も同様ですが、最期が近づくと代謝が落ちて体温が下がっていきます。

犬の平均体温は38度ほどのため本来は撫でると暖かいですが、最期に近づくにつれ足の方から冷たくなっていき撫でると体が冷えているのが感じられます。

冷えているなと感じたら毛布やぬるい湯たんぽなどで温めてあげることが大事です。

温める箇所は太ももの内側や首、脇の下など太い血管が集まっているところを中心にすると効率よく体が温まります。愛犬のわずかなぬくもりを最期まで感じてあげましょう。

呼吸が不規則になる

 犬は普段浅い呼吸を繰り返します。しかし最期が近づくにつれて浅い呼吸、深い呼吸、無呼吸などとても不規則な呼吸をすることがあります。

呼吸の変化は愛犬の状態を把握する重要なポイントです。変化が見られたら安らかに眠れるように見守ってあげてください。

行動にも変化が見られる老犬の最期

老犬
5500589

 呼吸や体温の変化だけでなく、最期が近づくと行動にも変化が見られます。愛犬に寄り添い最期までお世話をしてあげましょう。 

けいれんが起こる

 最期を迎えると意識がもうろうとしてけいれんが起こることがよくあります。体の側面をピクピクさせたり手足をバタつかせたりなどがおもな状態です。この時にはだんだん飼い主の呼びかけにも応じなくなります。

けいれんが起こった際は、無理に押さえつけたり持ち上げたりするのは禁物です。けいれんは最期が近いということなので、優しく撫でたり寄り添い看取って上げましょう。

また、老犬の心臓や呼吸が止まる前後は、筋肉が緩み脱糞や失禁をすることもありますが驚いたりせず、すばやく処理をしてあげましょう。

ごはんや水をとらなくなる

 老犬は最期につれて、食欲が落ちご飯を食べなくなります。

固形物からゼリー状や液体状に変えても食べなくなってくるという時は、気力に限界がきている状態です。

少しでも水を飲んでくれそうであれば、口の隙間から少しずつ流してあげるのがよいでしょう。 

愛犬が最期、飼い主にできること

老犬
4924546

 どんな時もお別れは悲しいもの。最期の時まで頑張っている愛犬の姿をみるのはとても悲しくツラいことです。

しかし、愛犬が穏やかに最期を迎えられるよう、飼い主さんがしてあげられることはあります。

必ず愛犬の最期にいつかは直面することになるので、ぜひ覚えておいてください。

感謝の言葉をかける

 「もっと〇〇してあげればよかった。」「あの時はごめんね」など後悔や悲しい気持ちでいっぱいになるかもしれません。

耳が遠くなっていても犬は飼い主の気持ちや言葉を感じ取ります。愛犬には「ごめんね」という謝罪ではなく「ありがとう」と感謝の言葉をかけてあげましょう。

愛犬がくれた喜びや幸せは計り知れないモノだと思います。感謝の気持ちを伝えて愛犬が安心できる状態で天国に送りだしてあげましょう。

愛犬に明るい気持ちで接する

 最期が近づき、体や行動に変化がみられると、目を背けたくなるほどツラいですが、悲しんだり、泣いたりせず愛犬に明るい気持ちで接してあげることが大切です

呼びかけに応じなくても飼い主さんが側にいる気配は感じているはずです。

愛犬が幸せな気持ちで旅立てるよう、撫でて上げたり優しい言葉をかけてあげたりいつも愛犬と接していたように接してあげましょう。

いつかはくる最期。心の準備をしておくことが大切

老犬
rfotostock

 長年寄り添ってきた家族がいつか最期を迎える。というのは考えたくありませんが必ずその時はやってきます。

最期が近くなった時の体や行動の変化について知っておくことで心の準備をし、最期まで愛犬に寄り添ってあげることができます。

最期の時まで愛情を注いで愛犬との時間を大切に過ごしましょう。

関連記事

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

健康管理/病気

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

たくさん運動した次の日は、筋肉痛になってしまい動くのも辛いことがありますよね。 犬も人と同じよ...

2022年12月2日

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

健康管理/病気

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

犬のカラダの中で、汚れやすいのに掃除がしにくい部位が『耳』ですが、家庭で犬の耳掃除をするのは「...

2022年12月2日

犬が咳をする原因と治療法について

健康管理/病気

犬が咳をする原因と治療法について

愛犬が咳をしているのを聞いたことはありますか?犬は人ほど頻繁に咳をすることはありませんが、喉に...

2022年12月1日

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

健康管理/病気

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

夏の風物詩でもある「蚊取り線香」。蚊によって媒介されるフィラリア症を防ぐために蚊取り線香を使い...

2022年12月1日

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

健康管理/病気

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

私たち人間も、様々な要因で尿漏れをすることがありますが、犬もトイレに間に合わずいつもの場所以外...

2022年12月1日

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

健康管理/病気

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

犬が首を倒して足で耳をカイカイしている姿は、犬を飼っていると日常的に目にする光景です。いかにも...

2022年11月29日

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

健康管理/病気

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

長い眉毛や口ひげを生やし、かわいいながらも賢いおじいさんのような顔立ちのミニチュアシュナウザー...

2022年11月29日

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

健康管理/病気

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

いつも元気な愛犬が大人しいとなんだか心配になりませんか?犬が静かなときには、体調不良であったり...

2022年11月28日

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

健康管理/病気

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

犬は口腔内疾患を患うことも多いため、それを予防するために歯磨きなどの「デンタルケア」が必要不可...

2022年11月28日

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

健康管理/病気

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

愛らしい仕草と、特徴的な顔つきから、熱狂的なファンの多い犬種のひとつであるフレンチブルドッグ。...

2022年11月25日