banner

犬の毛玉、どうやって取る?毛玉による問題や原因も解説

お気に入りに追加

愛犬にできてしまった毛玉、どのように対処していますか?無理やりブラッシングすれば痛がり、根元からハサミで切ってしまうと短くカッコ悪くなってしまいますよね。ここでは、毛玉ができる理由や正しい毛玉の取り方、毛玉ケア用品についてご紹介します。

犬の毛玉、どうやって取る?毛玉による問題や原因も解説
【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

目次

  1. 犬の毛玉取り、トリミングサロンではどんな風にしてる?
  2. 犬の毛玉によって発生する問題と、毛玉ができる原因
  3. 犬の毛玉ケア用品 専用のスプレーやカッターがある
  4. 毎日のブラッシングで愛犬に毛玉を作らないようにしよう

犬の毛玉取り、トリミングサロンではどんな風にしてる?

ブラッシング
Yaroslav Shuraev Pexels

 犬の毛玉に気付いたら、ひどくなる前に対処しましょう。毛玉の根元からバツッと切ってしまえば簡単で、犬も痛い思いをせずに済みますが、その後の見映えは決して良いものではありません。トリミングサロンでは次のような方法で毛玉を除去します。

軽度の毛玉はブラシで少しずつほぐす

 毛玉を引っ張ると犬が痛い思いをしてしまうので、毛玉と皮膚の間を指でしっかり押さえます。そして、スリッカーブラシを使い毛玉の先から少しずつほぐしていきます。毛玉がほぐれてきたら、コームを通して毛の流れを整えます。 

重度の毛玉はハサミで切り込みながらほぐす

 毛玉がひどければスリッカーブラシとコーム、そしてハサミを使います。毛の流れに対して縦にハサミで切り込みを入れて、毛玉をいくつかに分けます。刃先を犬に向けると皮膚を傷つけてしまうので、刃先を犬の身体の外側に向けるようにして入れましょう。そして、スリッカーブラシやコームで毛玉を少しずつほぐしていきます。 

犬の毛玉によって発生する問題と、毛玉ができる原因

犬
PicsbyFran

 そもそも、毛玉ができることで、どんな問題が発生するのでしょうか。犬の毛玉によって起こる問題と、毛玉ができる原因を解説します。 

毛玉ができると、こんな問題が!

 毛玉は、見映えが悪くなるだけではありません。次のような問題が起こると考えられます。 

不衛生になり、皮膚が炎症を起こすリスク

 毛玉ができるとその周りには汚れが溜まりやすくなるので、通気性も悪くなり蒸れて不衛生な状態になります。特に、毛玉がある状態でシャンプーしてしまうと、毛玉にシャンプー剤が残ったり、濡れた毛玉が乾かず衛生的に良くありません。そこから皮膚が炎症を起こし、皮膚病になることも考えられます。 

犬にとって”痛い”

 毛玉ができると皮膚が引っ張られて痛みを感じます。特に、ブラッシングのときなどに引っかかると犬は痛みで悲鳴をあげることもあるでしょう。

トリミング時に毛玉料金が追加でかかることも

 トリミングサロンにシャンプーやカットをお願いするとき、毛玉があるとトリマーさんには時間と手間がかかります。そのため、毛玉の量やサロンによって、500円~数千円程度の毛玉料金がかかります。 

毛玉ができる原因

 被毛が細く柔らかい毛質であったり、長さのある子は毛が絡まりやすく、毛玉になりやすいでしょう。被毛が濡れた後に十分乾かさないことも、毛が絡まり合う原因になります。また、犬が動いたときによく擦れる耳の後ろや脇の下も毛玉になりがちです。

しかし、どのような理由で毛玉ができやすかったとしても、毎日きちんとブラッシングして絡まった部分をほぐしてあげれば毛玉になってしまうことは滅多にありません。

換毛期は注意!特に毛玉ができやすい

 犬には換毛期があり、特にダブルコートと呼ばれる柔らかいアンダーコートをもつ子は、季節の変わり目になると体温調整のために大量の毛が抜けます。その被毛をブラッシングで取り除き、整えてあげるお手入れが必要になりますが、ブラッシングを怠ると毛玉を作る原因になってしまいます。この時期には、柴犬などの短毛の犬でも毛玉ができてしまうことがあります。 

犬の毛玉ケア用品 専用のスプレーやカッターがある

犬
Valeria Boltneva Pexels

 犬の毛玉取りや毛玉予防に効果的なグッズをご紹介します。

グルーミングスプレー

 グルーミングスプレーを使うと、毛玉ほぐしにも効果的です。ブラッシング前にスプレーをすると保護成分が静電気を抑え、シャンプー前に使用すると毛玉除去に効果を発揮します。

毛玉ほぐし用カッター

 しつこい毛玉には、毛玉ほぐし用のカッターがおすすめです。簡単に使用でき、毛を短く切りすぎずに毛玉が取れます。毛の流れに沿って、少しずつ毛玉をほぐしましょう。 

毎日のブラッシングで愛犬に毛玉を作らないようにしよう

犬
whoisperi Unsplash

 もし毛玉ができてしまったら、無理に引っ張らずにスリッカーブラシやハサミを使い、少しずつ丁寧にほぐしていきましょう。一番良いのは、毛玉を作らないことです。日々のお手入れが大切なので、基本的には毎日、愛犬の身体を触りながらブラッシングをしてあげましょう。 

banner

komugi

この記事のライター

komugi

都内で愛犬のビーグルと暮らしています。コロナ期間中に肥満体型になってしまった愛犬のために食事や運動について勉強をはじめました。面白い発見や愛犬家の皆様に役立つ情報があればどんどん発信していきます!

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

あわせて読みたい

【実施中】Makuakeで<Petan編集部企画>抗菌防臭ペットベッド応援購入プロジェクトを開始しました!

関連記事

【獣医師監修】犬の平熱は何度?体温の測り方や病院に行くかどうかの判断基準などをまとめました

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の平熱は何度?体温の測り方や病院に行くかどうかの判断基準などをまとめました

ふと愛犬に触れたときに「いつもより体温が高いかも」と、気になったことのある方は多いのではないで...

2024年4月12日

【獣医師監修】犬が誤飲したときの対処法が知りたい。自己判断で吐かせるのはNG?

健康管理/病気

【獣医師監修】犬が誤飲したときの対処法が知りたい。自己判断で吐かせるのはNG?

皆さんの愛犬が、誤飲しそうになってヒヤッとした経験はありますか? おもちゃの破片や、犬が食べ...

2024年4月11日

【獣医師監修】犬が膀胱炎になる原因は?初期症状と予防方法を解説

健康管理/病気

【獣医師監修】犬が膀胱炎になる原因は?初期症状と予防方法を解説

皆さんは、犬の膀胱炎についての知識はお持ちでしょうか?人間の膀胱炎については、ご自身や周囲の体...

2024年4月10日

【獣医師監修】犬の前立腺肥大はどんな病気?放っておくと命に関わることも。

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の前立腺肥大はどんな病気?放っておくと命に関わることも。

人間の男性もかかるリスクのある前立腺肥大という病気は、犬でも未去勢のオスによく見られる病気です...

2024年4月8日

【獣医師監修】犬のリンパ腫について|初期症状や発症の原因、治療法などを解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のリンパ腫について|初期症状や発症の原因、治療法などを解説します

皆さんは悪性度が高いことが多い腫瘍のひとつである「リンパ腫」をご存知でしょうか?犬に発生する腫...

2024年4月5日

もっと見る

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード