banner

banner

トイプードルは寒がりな犬種?冬場の対策法をまとめました

お気に入りに追加

もこもこの被毛が印象的なトイプードル。暖かそうな見た目から、寒さに強そうに思えますが実際のところはどうなのでしょうか?本記事ではトイプードルが寒さに強いのかどうかや、寒い季節を快適に過ごすための方法についてご紹介します。

トイプードルは寒がりな犬種?冬場の対策法をまとめました
【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目次

  1. トイプードルは寒がり?
  2. 冬場の寒さ対策はどうしたらいい?
  3. 【番外編】犬にとって快適な気温って何度?
  4. 寒さ対策を万全にして冬を乗り切ろう!

トイプードルは寒がり?

トイプードル

ふわふわの見た目はとても保温性が高そうですが、トイプードルは寒さに弱い犬種です。その理由を見ていきましょう。

トイプードルはシングルコート

犬にはコートタイプと言われる被毛の種類があります。被毛がオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2層になっているダブルコートと、オーバーコート(上毛)のみのシングルコートです。シングルコートには、生え変わりはないので換毛期はありませんが、カットしないと伸び続けるという特徴があります。

トイプードルはシングルコートの犬種になります。オーバーコートとアンダーコートの2重構造のダブルコートは、保温性が高いので外気の影響が少ないものの、アンダーコートのないシングルコートは、被毛の密度が少ないため保温性が低く、寒さに弱いのです。

超小型犬のトイプードルは、中型犬や大型犬に比べて地面との距離が近いことも、寒さに弱い一因になっています。冷たい空気は暖かい空気に比べて重いので、下にたまりやすい性質があります。そのため、室内であっても体高の低い犬種は冷気を感じやすいのです。

また、身体が小さいことで体温の維持が難しく、寒さに弱いとも考えられています。そのため、同じ小型犬のチワワやシーズーなども寒さに弱い犬種になります。同様の理由で暑さにも弱いので、夏場の散歩時は特に熱中症に気をつけましょう。

全ての犬が寒さに強いわけではない

犬は被毛に覆われているため、寒さには強いとされています。童謡「ゆき」の「犬は喜び庭駈けまわり 猫は火燵で丸くなる」というフレーズはとても有名で、犬は寒さに強く、猫は寒がりなんだな、という印象を持った方も多いのではないでしょうか。たしかに、犬が雪を見て楽しそうに走り回っている姿はSNSでもよく見かけます。しかし、寒さに比較的強い犬種は、もともと寒い国が原産であったり、日本犬やダブルコートの犬種で、愛玩犬とされている犬種は寒さに弱いのです。

また、近年では犬は室内で飼われることが大半となりました。一年中快適な気温のなかで暮らしているので、暑さや寒さなどの気温の変化に弱くなっていったことも、暑さや寒さが苦手である理由として考えられます。

こちらの記事もチェック!

犬が寒いと感じているときの8つの仕草とは?愛犬からのサインに気付こう

あわせて読みたい

犬が寒いと感じているときの8つの仕草とは?愛犬からのサインに気付こう

犬は全身が毛に覆われているため、寒さに強いと思われがちです。しかし、犬だって寒さを感じ風邪を引くこともあります。ですが、動物は言葉で伝えることができないため、飼い主が愛犬の行動や仕草から読み解かなければなりません。そこで今回は、どのような行動や仕草を見せると、犬は寒さを感じているのかを解説していきます。

寒さに強い犬種はこちらの記事で紹介しています

寒さに強い犬種はいる?特徴や知っておきたい注意点を解説!

あわせて読みたい

寒さに強い犬種はいる?特徴や知っておきたい注意点を解説!

犬は全身被毛に覆われているので人間より寒さに強いイメージがありますが、犬種によって寒さへの耐性は違います。 北海道や東北地方など真冬の気温が氷点下まで下がる地域もありますが、寒い地域で犬を飼う場合はできるだけ寒さに耐性のある犬種がおすすめです。 そこで、この記事では寒さに強い犬の特徴や犬種、一緒に暮らす際の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

冬場の寒さ対策はどうしたらいい?

トイプードル

トイプードルは寒さに弱いということがわかりました。愛犬に快適に過ごしてもらうために、寒さ対策を知っておきましょう。

犬用の暖房器具の活用

最近は犬用のあったかグッズが充実しています。毛布やヒーターはもちろん、犬用の湯たんぽにホットカーペットからこたつまで、種類はさまざまです。飼い主さんが自宅におり、目の届く範囲での使用であればヒーターなどはとても有効ですが、お留守番の際は低温火傷や火事など、少し不安ですよね。そんな時は、もこもこの犬用ベッドや毛布を愛犬のケージなどに入れておいてあげましょう。

ヒーターやホットカーペットを使うときは、犬が暑いと感じたときに移動できるよう、体温調節ができるスペースを作ってあげてくださいね。床暖房やこたつの場合は、ずっと寝たままでいると、知らずのうちに熱中症になってしまうこともあるので注意が必要です。

詳しくはこちらの記事もチェック!

愛犬に合った毛布を選ぶ時のポイントって?犬用毛布の特徴や用途、おすすめ商品も

あわせて読みたい

愛犬に合った毛布を選ぶ時のポイントって?犬用毛布の特徴や用途、おすすめ商品も

寒い季節、毛布にくるまっている犬の姿はとてもかわいらしいですよね。毛布はたくさんの種類があるため、愛犬に合った毛布選びを難しく感じる方もいるのではないでしょうか。 この記事では犬用毛布の特徴やタイプ、おすすめ商品などをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

犬にヒーターはいつから必要?6つのサイン

あわせて読みたい

犬にヒーターはいつから必要?6つのサイン

人間よりも犬の方が毛皮に覆われており寒さに強いと言われていますが、冷え込む朝晩など地域によっては犬にもヒーター等の暖房器具が必要なことがあります。果たしていつ頃から準備が必要なのでしょうか?特にイタリアングレーハウンドなどの寒さに弱い犬種は日頃から飼い主さんが室内の温度を徹底し、愛犬の健康を守っていく必要があります。この記事では犬の暖房器具の使用開始目途や、使用時の注意点などを解説していきます。

愛犬の寒さ対策には湯たんぽがおすすめ!注意点と湯たんぽの種類を紹介

あわせて読みたい

愛犬の寒さ対策には湯たんぽがおすすめ!注意点と湯たんぽの種類を紹介

寒い季節、愛犬の寒さ対策には色々な方法がありますが、特におすすめなのは犬用の湯たんぽです。湯たんぽは部屋の中はもちろん、キャンプなどの屋外のアウトドアの際にも場所を選ばず使えるので、持っていると重宝します。今回は、安心して使えて経済的な犬用の湯たんぽをご紹介します。また、使用時の注意点もあわせて知っておきましょう。

犬に床暖房を使用する場合は安全を心がけて!床暖房のメリット・デメリットをご紹介

あわせて読みたい

犬に床暖房を使用する場合は安全を心がけて!床暖房のメリット・デメリットをご紹介

冬の寒さが厳しくなると、犬の寒さ対策にも真剣に取り組まなければなりません。 犬も大切な家族の一員なので、飼い主なら誰もが、犬にも快適な冬を過ごしてほしいと考えたことがあるでしょう。犬の寒さ対策にはいくつかの方法がありますが、少し前から注目を集めているのが床暖房です。 ここでは、犬の寒さ対策として床暖房を使用するメリット・デメリットを詳しく解説していきます。さらに、床暖房をさらに安全に使用するための方法も紹介していきます。

犬をこたつに入れる際の注意点とペット用こたつのススメ

あわせて読みたい

犬をこたつに入れる際の注意点とペット用こたつのススメ

体をじんわりと温めてくれるこたつは、寒い冬に欠かせないですよね。そんなこたつは、人間だけでなく犬や猫も入りたがり、こたつの中で寝てしまうといったことも珍しくありません。しかし犬や猫をこたつに入れる際には、気をつけないと健康を損ねてしまうことがあります。そこで今回は、犬がこたつに入りたがる場合、どんなことに注意しなければいけないのかについて解説します。

また、愛犬が近づきすぎてヒゲや尻尾が焦げてしまった!という事故を防ぐためにも、自宅でストーブを使う際には、ストーブガードをおすすめします。

詳しくはこちらの記事をチェック!

愛犬のヤケドを防ぐために|ストーブガードのすすめ

あわせて読みたい

愛犬のヤケドを防ぐために|ストーブガードのすすめ

ストーブの前で気持ちよさそうにしている愛犬の姿は、見ているだけでも癒されますよね。 外の気温が寒ければ寒いほど、ストーブのある部屋の中は居心地がよく、その場から動きたくなくなってしまうのは私たち人間も同じです。犬は一般的に寒さに強い動物と言われているものの、犬種や個体によって寒さの体感はさまざまです。寒さに弱い愛犬たちにも、できるだけ快適に過ごしてもらいたいと思うのは飼い主たちの共通の願いですよね。今回は、寒い冬を愛犬と快適に過ごすために、ストーブをつける際の注意点やおすすめグッズをご紹介します!

ケージにも対策を

ケージを毛布や段ボールで囲ってあげると、冷たい空気の侵入を和らげることができます。暖房器具の使用がためらわれる就寝時などにおすすめの方法です。

服を着せる

最近は洋服を着ているワンちゃんを見かけることが増えました。単なるおしゃれのためだけではなく、寒さ対策のために洋服を着せている飼い主さんも多いようです。洋服の種類も豊富で、ダウン素材のものやフリース、ニットなど色々なタイプが販売されているので、用途や場面ごとに愛犬に合った洋服を選んであげてくださいね。

ただし、トイプードルの被毛は洋服との摩擦によって毛玉になりやすいので、脱がせた後はいつもより入念にケアしてあげましょう。

こちらの記事もチェック!

犬に洋服を着せるのはエゴじゃなかった!47%が「寒さ対策のため」と回答

あわせて読みたい

犬に洋服を着せるのはエゴじゃなかった!47%が「寒さ対策のため」と回答

今回、petan編集部で「犬を飼っている」と回答した122名に対して「ペットの洋服」に関するアンケートを実施いたしました。近年都内では、散歩やカフェで洋服を着る犬の姿を多く見かけますが、洋服を着せる背景には一体何があるのか。本来の洋服の目的と併せて探っていきます。

お散歩時の工夫

冬場の散歩は、なるべく日の出ている暖かい時間帯に行くようにしましょう。上述した洋服とあわせて靴を履かせてあげるのも効果的です。

こちらの記事もチェック!

【散歩におすすめ】機能性にこだわった犬用の靴を使うシーン別に徹底比較!

あわせて読みたい

【散歩におすすめ】機能性にこだわった犬用の靴を使うシーン別に徹底比較!

暑い時期や雨の日、雪道での散歩時は愛犬に靴を履かせることで足まわり(とくに肉球)をアスファルトの熱などの危険から守ることができます。犬用の靴はデザイン性も機能性も優れているものが各社から多く揃っていますが、使うシーンによって何を重視するのかが異なります。 今回は、シーン別におすすめの靴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【番外編】犬にとって快適な気温って何度?

トイプードル

みなさんは、ワンちゃんが過ごしやすい温度はどれくらいなのか知っていますか?見落としてしまいがちな湿度と併せてご紹介します。

温度は20~25度

室内で暮らしている犬はだいたい20~25度が適温だとされています。もちろん個体差もあるので、愛犬の様子をみて調節しましょう。震えていたりハウスから出てこなかったり、水を飲む量が減っていたら寒がっているサインかもしれません。水を飲まなくなるのは病気の可能性もあります。普段から愛犬の飲水量を把握しておくことが大切です。

こちらの記事で詳しく解説しています

【獣医師監修】犬が1日に必要な水分量について。飲まない理由と対策を知って健康管理を

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬が1日に必要な水分量について。飲まない理由と対策を知って健康管理を

私たち人間はもちろん、犬やその他の動植物が生きるためには、水分の摂取が必要不可欠です。暑い時期になると、犬もたくさん水を飲むようになりますが、1日にどれくらいの水分を摂取する必要があるのかご存知でしょうか? 愛犬が水を飲まない場合、または大量に飲んでいる場合のどちらも病気の可能性があるため注意が必要です。犬は肉球にしか汗をかかないため、舌を出して水分を蒸発させるか、老廃物とともに尿として水分を排出するしか手段がありません。 今回は犬の水分補給について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

湿度はどのくらい?

犬は湿度にも弱いということをご存知ですか?湿度が高すぎても低すぎても体調を崩してしまうことがあります。湿度が高い場合には、熱中症や呼吸器の異常、蒸れによる皮膚トラブルなど、低い場合には、免疫機能の低下や乾燥による皮膚トラブルなどが考えられます。湿度計を用意して、だいたい40~60%を保つようにするとよいでしょう。必要に応じて除湿器や加湿器を使うのも効果的です。

こちらの記事もチェック!

犬にとって湿気は体調不良の原因となる?その理由や簡単な湿度管理法・おすすめグッズなど

あわせて読みたい

犬にとって湿気は体調不良の原因となる?その理由や簡単な湿度管理法・おすすめグッズなど

梅雨等の湿気が多い季節は、ちょっぴり憂鬱な気分になるという方も多いかもしれませんが、実は犬にとってもトラブルの起きやすい時期です。湿気は犬の体調不良や病気の元にもなるため日頃からのケアや空調管理は欠かせないもの。 この記事では湿気が原因となる犬の病気や簡単な湿度管理法、おすすめの除湿グッズを紹介していきます。

犬が快適に過ごせる湿度ってどれくらい?起こりうる健康トラブルや湿度を保つ方法をご紹介

あわせて読みたい

犬が快適に過ごせる湿度ってどれくらい?起こりうる健康トラブルや湿度を保つ方法をご紹介

犬を飼う上で、温度管理が重要だということは有名ですが、実は湿度にまで気を配らなければいけないということはご存知でしょうか。湿度管理は、犬の健康管理をする上でとても大切なものです。 今回は、犬が快適に過ごせる湿度や、湿度管理を怠ることで発生する弊害について解説していきます。湿度を適正に保つための方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

寒さ対策を万全にして冬を乗り切ろう!

トイプードル

今回はトイプードルの寒さ対策についてご紹介しました。もちろんすべてのトイプードルが寒さに弱いというわけではないので、愛犬に合った寒さ対策が大切です。子犬や老犬は特に体温調節が苦手なので注意してください。

ここ数年は都心でも寒さが厳しくなってきましたよね。犬は寒さや暑さなどもストレスに感じてしまいやすいので、寒い冬でも快適に過ごせるよう、ばっちり対策をしましょう!

こちらの記事もチェック!

寒い季節のトリミングってどうしたらいいの?秋冬トリミングの注意点やトイプードルに人気のカットスタイルを大調査!

あわせて読みたい

寒い季節のトリミングってどうしたらいいの?秋冬トリミングの注意点やトイプードルに人気のカットスタイルを大調査!

沢山の魅力を持つトイプードルは、さまざまなカットスタイルが楽しめるところも人気の理由の1つです。夏といえばサマーカットが流行りますが、冬はどうでしょう?ウィンターカット??あまり聞いたことはありませんよね。とはいえ、涼しくなるとオシャレがしたくなるもの。今回は秋冬のトリミングにおける適切な頻度や注意点、人気のトイプードルのカットスタイルをご紹介します。

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

トイプードルに関する記事

トイプードルの白髪は抜いても大丈夫?白髪の原因や予防法についてご紹介

健康管理/病気

トイプードルの白髪は抜いても大丈夫?白髪の原因や予防法についてご紹介

バリエーション豊富な毛色のカラーが大人気のトイプードルですが、そんなトイプードルに飼い始めた時...

2023年7月13日

トイプードルが吐くのは何が原因?問題がないケースと病院に連れていくべき症状

健康管理/病気

トイプードルが吐くのは何が原因?問題がないケースと病院に連れていくべき症状

突然愛犬が吐いてしまったら驚くとともにとても心配になりますよね。実は、犬は吐くことが多い生き物...

2023年7月13日

トイプードルは臭いがない犬種?臭いと感じるときの原因や対策方法をご紹介します

飼い方/育て方

トイプードルは臭いがない犬種?臭いと感じるときの原因や対策方法をご紹介します

可愛らしいルックスはもちろん、頭のよさや抜け毛の少なさに加えて犬独特の臭いが少ないことでも人気...

2023年7月12日

トイプードルがご飯を食べない理由は?食べない原因や対処法・フードの選び方など

健康管理/病気

トイプードルがご飯を食べない理由は?食べない原因や対処法・フードの選び方など

愛犬のトイプードルが最近食欲がない、餌を残すようになった、おやつは食べるのにご飯は食べないなど...

2023年7月11日

トイプードルの涙やけを治したい|放置は厳禁?原因と対策を知ろう

健康管理/病気

トイプードルの涙やけを治したい|放置は厳禁?原因と対策を知ろう

比較的涙やけを起こしやすい犬種であるトイプードル。毛色の薄い子は目立ちやすいので、気になってい...

2023年7月10日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード