banner

banner

【老犬】おむつは嫌?適切な使い方とおすすめのおむつを紹介

お気に入りに追加

問題なく排泄できていた犬が、ある日突然、粗相をするようになってしまった、ということは実はよくあります。 粗相をしないまでも、排泄や足腰がおぼつかなくなってきた時などにおむつの必要性を感じる飼い主さんは多く、病院にも来院されます。 そこで今回は、老犬のおむつが必要になる時期の目安や正しい使い方、おすすめの犬用おむつを合わせてご紹介します。

【老犬】おむつは嫌?適切な使い方とおすすめのおむつを紹介
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. おむつを使い始める時期は?
  2. おむつの正しい使い方
  3. おすすめのおむつ2選
  4. おむつをつけて快適で穏やかな生活を

おむつを使い始める時期は?

おむつを履いている犬
wharman

足腰が弱くなってきたら練習

 ただし、粗相をするようになってからいきなりおむつを着用させてしまっては、おむつに慣れていない犬はその感触に戸惑い、着用自体がストレスになってしまうかもしれません。

そのため、老犬と言われる年齢を迎え、足腰が少し弱ってきたと感じた段階でおむつを着用する練習を事前にしておくのがおすすめです。

最初は着用したらすぐに外してあげて次は5分程度にするなど、少しずつ着用する時間を伸ばして慣らしておくことで、本当におむつが必要になった時に受け入れやすくなります。

排泄のコントロールがうまくいかなくなったら

 老犬におむつが必要となる状態は、やはり排泄のコントロールがうまくいかなくなったときです。 それまではトイレ以外の場所で粗相などすることがなかった犬が、自分のベッドで排泄をしてしまうようになったり、トイレに行く途中に間に合わずにしてしまったりするなど、これらの様子が見られるようになったら、おむつの着用を考える時期となります。 

おむつの正しい使い方

おむつを履いている犬
left_stab

交換するときに空気に触れさせる

 犬が快適に過ごせるよう排泄のたびにおむつを交換し、交換する際にはしばらくおむつを外した状態で空気にあててあげるといいでしょう。 また、この時にいつもおむつが当たっている股の付け根がすれて赤くなっていないか等をチェックし、合わせて被毛のお手入れなどをしてあげるのもおすすめです。 

おむつは排泄をするたびに交換

 最近の犬用おむつは吸水性や通気性が良く、排泄をした後でもサラっとしているものが多いのですが、おむつは排泄をするたびに交換をしてあげてください。

1回の排泄でおむつを交換するのはもったいないと感じる方もいるかもしれませんが、たとえ通気性が良くても排泄後は少なからず違和感を感じますし何より不衛生になってしまいます。愛犬に快適に生活してもらうためにも、排泄をしたら交換を習慣にしましょう。

おすすめのおむつ2選

おむつを履いている犬
peretzpup

 老犬用におすすめできるおむつを紹介します。

ネオ・オムツ

 ネオ・オムツは尻尾穴の付近にまで吸収体があり、軟便でも漏れることがないと評判の高い紙おむつです。その品質の高さからリピーターも多く、伸縮性ギャザーが愛犬の動きを妨げません。 

  • 商品名:ネオ・ルーライフ/ネオ・オムツ
Amazonで見る

ユニ・チャーム ペット用 紙おむつ

 ユニ・チャームの老犬用おむつは、吸水性に優れており寝たきりの老犬にもおすすめできる紙おむつです。 犬の体に馴染みやすい素材で、動きやすくなっています。サイズは超小型犬でもフィットするSSSサイズから、大型犬でも使えるLLサイズまで揃っていますので、犬の体の大きさに合ったものを選んであげてください。 

  • 商品名:ユニ・チャーム/ペット用紙オムツ
Amazonで見る

おむつをつけて快適で穏やかな生活を

犬
Ksenia Chernaya Pexels

 おむつを着用している状態でも、無理のない範囲でトイレまで連れて行き、できるだけ自然な状態で排泄を促してあげるなどの補助は重要です。 適度な運動は、寝たきりで筋力が低下している老犬にはとても大切ですし、それが愛犬とのスキンシップにもつながります。 おむつの交換や排泄の補助は飼い主さんにとって負担のかかる作業かもしれませんが、穏やかで快適な老犬ライフを送れるように、是非サポートしてあげてください。 

banner

komugi

この記事のライター

komugi

都内で愛犬のビーグルと暮らしています。コロナ期間中に肥満体型になってしまった愛犬のために食事や運動について勉強をはじめました。面白い発見や愛犬家の皆様に役立つ情報があればどんどん発信していきます!

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

関連記事

【獣医師監修】マルチーズの目の周りが赤いのは病気?考えられる原因とは

健康管理/病気

【獣医師監修】マルチーズの目の周りが赤いのは病気?考えられる原因とは

愛犬の目の周りが突然赤くなっていたら病気が原因なのではないかと不安になりますよね。マルチーズは...

2024年5月13日

【獣医師監修】犬の胸水は何が原因?発症の原因を知って予防しよう

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の胸水は何が原因?発症の原因を知って予防しよう

犬の胸腔に液体が溜まる病気「胸水(きょうすい)」をご存知でしょうか?水が大量に溜まると肺や心臓...

2024年4月30日

【獣医師監修】犬の門脈シャントはどんな病気?初期症状や発症の原因、治療法・予防法が知りたい

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の門脈シャントはどんな病気?初期症状や発症の原因、治療法・予防法が知りたい

犬の門脈シャントという病気をご存じでしょうか?なかなか聞きなじみのない病名ですが、ヨークシャー...

2024年4月26日

【獣医師監修】犬のパテラについて|原因は?どんな症状?治療法や予防法などまとめて解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】犬のパテラについて|原因は?どんな症状?治療法や予防法などまとめて解説します

犬の膝関節の病気「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」をご存知でしょうか?膝蓋骨は英語で「パ...

2024年4月25日

【獣医師監修】犬の組織球腫とは。自然に消える?かかりやすい犬種や治療法を解説

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の組織球腫とは。自然に消える?かかりやすい犬種や治療法を解説

犬の疾患のひとつ「組織球腫」について耳にしたことはあるでしょうか?おそらく、実際に自分の愛犬が...

2024年4月23日

もっと見る

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード