banner

banner

豆柴に必要な運動量について|散歩時間や回数は?注意点もあわせて解説します

お気に入りに追加

小型犬に分類される大きさの豆柴は、小さいながらも柴犬の特徴を兼ね備えているところはもちろん、そのサイズ感から限られたスペースの住居でも飼いやすく、今まで柴犬の飼育を諦めていた人からも人気があります。小型犬に対しては散歩が不要という声も聞かれますが、どんなに身体が小さい犬であっても毎日のお散歩は必要不可欠です。今回は豆柴に必要な運動量とお散歩するときの注意点をご紹介します。

豆柴に必要な運動量について|散歩時間や回数は?注意点もあわせて解説します
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. なぜお散歩しなければいけないの?
  2. 豆柴に必要な運動量について
  3. 豆柴とお散歩するときの注意点は?
  4. 豆柴とのお散歩を楽しもう

なぜお散歩しなければいけないの?

豆柴

犬を飼ったらたくさん散歩したりドッグランにも行きたい!と考えている人もいれば、忙しいからできれば散歩が必要ない犬を飼いたいと思っている人もいるかもしれません。犬を迎える際にはその犬種の特性を知り、必要な運動量は多いのか、留守番は得意なのか、被毛のお手入れは大変なのかなど自分のライフスタイルに合った子を迎えることが大切ですが、そもそもなぜお散歩が必要なのかについておさらいしていきましょう。

気分転換になる

自宅でゆったりと過ごすことが好きな人であっても、365日ずっと家の中にいたら息がつまりますよね。たまには太陽を浴びたり外の空気を吸いたいなと思うはずです。それは犬でも同じ。毎日家の中にいたらストレスが溜まって夜鳴きや無駄吠え、破壊行動などの問題行動の引き金ともなりかねません

どんなに身体が小さく、自宅の中を歩いているだけで1日に必要な運動量を満たすことができると言われていても、アスファルトや土・草などの感触を感じたり、風や花の匂いを嗅いだり、他の人や犬と触れ合ったりすることは気分転換ストレス解消になります。また、これらの感覚は脳への適度な刺激となり、認知症予防としての効果も期待されています。

体型・筋力維持になる

運動不足の解消はもちろん、勾配やでこぼこな道を歩いたり、時には走ったり、家から出て数十分かけてお散歩することは肥満の予防筋力の維持に繋がります。犬は後ろ足から老化がはじまると言われていますが、高齢になっても健康でいるためには、無理のない範囲で自分の足で歩いて筋力の衰えを遅らせることが大切です。

また、適正体重をこえると膝や腰に負担がかかったり、糖尿病や心臓病などの病気の原因にもなります。人間と同じで犬にとっても適度な運動は健康を維持するために欠かせません

社会性を養う機会としても重要

必要以上の警戒心や恐怖心からくる無駄吠えや噛み癖をつけないようにするためには、子犬期の社会化がとても大切です。何に対してもびっくりしていたら犬も心が休まらないですよね。人間社会で犬が安心して暮らせるようにするためには、日常でよく聞こえる音に慣れさせたり、子どもから高齢の方まで幅広い世代の人と触れ合う機会を設けることが大切です。

こちらの記事もチェック!

犬の「社会化」が必要な理由って?社会化不足が犬にもたらすマイナス面とは

あわせて読みたい

犬の「社会化」が必要な理由って?社会化不足が犬にもたらすマイナス面とは

「子犬を迎えたら社会化をしましょう!」近年、しつけ教室や犬に関するサイトでよく聞くこのフレーズ。初めて犬を迎えた時に、「まずは犬の社会化を」と言われても、どうすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか? 人間の子どもは社会化期である10歳までの過ごし方が、一生を左右する重要な時期だとされています。犬の場合も同様で、子犬期の過ごし方がとても重要です。 今回は、この社会化とは一体どのようなことなのか、社会化の必要性と社会化不足の犬に訪れる不幸について詳しくご紹介します。

豆柴に必要な運動量について

豆柴

豆柴は身体は小さいとはいえ、柴犬の特徴を受け継いでいるため活発で、小型犬のなかでは必要な運動量が多い方です。そのため、適切な時間・回数でお散歩の機会を確保できないとストレスから問題行動を起こしてしまう可能性があります。一体どれくらいの運動量が必要なのでしょうか?

時間と回数の目安

豆柴のお散歩時間と回数の目安は、1日2回、各30分です。お散歩が好きな子もいればあまり好きではない子もいるので、愛犬の様子次第では適宜調整が必要なケースもありますが、はじめはこの回数・時間でお散歩してみましょう。

「1回あたりの時間は短く回数は多め」というパターンや、「1日1回で長めに時間をとる」というパターンなど、飼い主さんと愛犬のライフスタイルや好みでカスタマイズするのも良いかもしれません。あくまで目安なので、お散歩をしながら自分たちに合った回数・時間を見つけてください。

子犬がお散歩に行けるようになる時期についてはこちらの記事をチェック!

子犬はワクチン接種の何回目からお散歩OK?注意点やお散歩の仕方など

あわせて読みたい

子犬はワクチン接種の何回目からお散歩OK?注意点やお散歩の仕方など

子犬を新しく家族としてお迎えした時、初めてワンちゃんを飼育される飼い主さんは様々な事が気になったり、どうしたらいいか分からない事が沢山ありますよね。今回は子犬のお散歩とワクチン接種について解説していきたいと思います。ワクチン接種の何回目からお散歩OKか、注意点などご紹介します。

悪天候の日もお散歩に行くべき?

飼い主さんの中には雨の日もお散歩に行っている方もいますが、無理に行く必要はありません。被毛が汚れやすくなるので、帰宅後シャンプーしなければいけないこともありますし、濡れてそのままになってしまうとニオイや風邪の原因にもなります。特に雨風の強い日は飼い主さんにとっても愛犬にとっても危険なので、室内で一緒に遊んであげてください。

外に出ないといたずらや無駄吠えをしてしまう、外でないと排泄しないなど致し方ない場合には、レインコートを着用して両手をあけるようにし、できれば愛犬にもレインコートを着せてあげましょう。

ただし、梅雨の時期は毎日お散歩に行けないとストレスが溜まってしまう可能性があるので、雨が降っていない時間帯を狙って行く雨対策をしてお散歩に行くなどの工夫が必要になります。

こちらの記事もチェック!

雨の日も愛犬とのお散歩を楽しもう!雨天時の外出の注意点と室内での過ごし方について

あわせて読みたい

雨の日も愛犬とのお散歩を楽しもう!雨天時の外出の注意点と室内での過ごし方について

愛犬と散歩に行こうと思ったら雨が降っている…連れていきたいけれど、飼い主としてはちょっぴり躊躇してしまうこともありますよね。そもそも、犬を雨の日に散歩させても良いのか悩んだことがある人もいると思いますが、答えは「問題ない」となります。 今回の記事では、雨の日に散歩する際の注意点と、おすすめの便利グッズについてご紹介します。

柴犬に適したレインコートは?柴犬におすすめのレインコートや選び方をご紹介

あわせて読みたい

柴犬に適したレインコートは?柴犬におすすめのレインコートや選び方をご紹介

活発で動き回ることが大好きな柴犬は、雨の日であっても散歩に連れて行ってあげたいですよね。そんなときに活用したいのが犬用のレインコートです。レインコートを着せれば濡れや泥はねを防げるため、散歩後のお手入れの手間が軽減され、犬も飼い主さんも負担を少なくすることができます。 バリエーションが豊富なレインコート。 ここでは、愛犬に合ったものを見つけていただくために、選び方のポイントや柴犬におすすめのレインコートをご紹介します。

豆柴とお散歩するときの注意点は?

豆柴

豆柴に限らず、犬とのお散歩時には注意しなければいけないことがあります。1つずつ見ていきましょう。

拾い食いに注意

犬はニオイを嗅ぐのが好きなので、たくさんの距離は歩かないけれど、あちこちクンクンして満足する子もいます。ニオイを嗅ぐのは犬にとってストレス発散となりますが、一方で気になったものをすぐに口に入れてしまいやすいので注意しなければいけません。外には犬にとって害となるものも少なくないですし、中にはドッグフードの中に毒物を混ぜて道端に置いておく人間もおり、食べてしまった犬が死んでしまう事件も起きています。

拾い食いを防止するためには、口に咥えたものを離すトレーニングアイコンタクトで愛犬の意識を飼い主さんに集中させることが効果的です。お散歩を楽しむためにもしっかりしつけをしましょう。

また、草花の中にはユリやチューリップ、アジサイなど犬が口にすると中毒症状を起こしてしまうものもあるので、事前に知っておくことをおすすめします。

こちらの記事もチェック!

命に関わることも。愛犬の拾い食いをやめさせるしつけのコツ

あわせて読みたい

命に関わることも。愛犬の拾い食いをやめさせるしつけのコツ

飼い主の許可なく、勝手に落ちているものを食べてしまう拾い食いは、犬の代表的な問題行動です。犬は、家の中だけではなく屋外でも拾い食いをしてしまいます。もし、この拾い食いが習慣化してしまうと、異物や命に関わる危険なものを食べてしまう危険性があります。命を守るためにも拾い食いは絶対させてはいけません。しかし、拾い食いをやめさせるにはどうすればいいのでしょうか。今回は、問題行動の中でも大きな課題である拾い食いをしてしまう理由や、させない方法をご紹介します。

【獣医師監修】犬が草を食べるのは危険?散歩中に草を食べようとする心理とやめさせた方がいい理由

あわせて読みたい

【獣医師監修】犬が草を食べるのは危険?散歩中に草を食べようとする心理とやめさせた方がいい理由

皆さんの愛犬は草をかじったり食べたりしたがる傾向はありますか? 犬が散歩中に道端の草を食べようとする行動は、決して珍しいことではありません。草を食べる理由に科学的な根拠は示されていませんが、いくつかの説があります。今回は、犬が草を食べるのはなぜなのか、また、草を食べる行動をやめさせた方がいい理由について解説していきます。

夏や冬は時間帯を工夫しよう

夏と冬はお散歩に行く時間帯にも気を配りましょう。夏はアスファルトが熱くなるので肉球が火傷してしまう恐れがありますし、人間よりも地面に近い犬は熱中症にもなりやすいです。早朝や日が落ちてからなど、なるべく気温が高くない時間を選んでください。

反対に冬は太陽が出ている時間帯がおすすめです。豆柴はダブルコートなので比較的寒さには強いですが、寒がっているようなら洋服を着せるなどの対策も必要になります。また、寒冷地では凍結防止剤や融雪剤が撒かれていることがありますが、皮膚に触れると荒れたり火傷のような症状が見られることがあるほか、舐めてしまうと下痢などを引き起こしてしまう可能性もあります。寒さ対策も兼ねて犬用の靴を履かせるのもおすすめです。

詳しくはこちらの記事をチェック!

凍結防止剤や融雪剤は犬のカラダに悪影響?冬でも安全に散歩できる犬用の靴も

あわせて読みたい

凍結防止剤や融雪剤は犬のカラダに悪影響?冬でも安全に散歩できる犬用の靴も

雪がよく降る寒冷地では、気温が下がって雪が降りそうになると道路に「凍結防止剤」を散布します。車がスリップしたり人が転倒したりするのを防ぐために重要な役割を果たしていますが、凍結防止剤や融雪剤は犬の健康を損ねる可能性があります。 今回は、凍結防止剤が犬に与える影響と、雪道でも愛犬が安全に散歩できるオススメの犬用の靴をご紹介します。

夜のお散歩は視認性を高めて

夏場や仕事終わりなど、暗くなってからお散歩に行くというケースもありますよね。そんなときには、周りの人から「犬の散歩をしている」ことが分かるようにしましょう。反射板付きのリード洋服のほか、最近では光る首輪も売っています。特に車などに乗っていると低い位置にいる犬は見えづらくなるので、視認性を高めることが大切です。

目立つのは恥ずかしいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、思わぬ事故に遭わないようにするためにも、飼い主さんと愛犬、それぞれが目立つ格好をしてくださいね。

こちらの記事もチェック! 

夜に犬の散歩をするメリットとデメリットは?夜の散歩の注意点やお役立ちアイテムをご紹介

あわせて読みたい

夜に犬の散歩をするメリットとデメリットは?夜の散歩の注意点やお役立ちアイテムをご紹介

犬と暮らす環境が多様化し、犬のお散歩は夜派の方が増えてきています。熱中症の危険性がある夏はもちろん、飼い主が共働きや一人暮らしの場合はお散歩が夜になりがちです。犬はお散歩に行ければそれで満足なのでは?そう考える方も多いかもしれませんが、実は、夜のお散歩だけでは犬の健康に良くない影響を及ぼすこともあるのです。この記事では、犬との夜散歩のメリット・デメリットや注意点、夜の散歩に役立つおすすめのアイテムをご紹介します。

豆柴とのお散歩を楽しもう

豆柴

今回は豆柴のお散歩の回数や時間、注意点をご紹介しました。お散歩には今回ご紹介したメリットがあるだけでなく、飼い主さんと愛犬の大切なコミュニケーションの時間でもあります。お散歩中のわんちゃんの様子を見ていると、楽しそうな表情をしていたり、飼い主さんの顔を見上げている子は多いですよね。

最近ではスマホを見つめながらリードを握っているだけという人も見かけますが、愛犬が急に走り出してしまったら車や自転車と接触してしまうかもしれませんし、他の人を怪我させてしまう恐れもあります。

お散歩は楽しい時間ではありますが、きちんと愛犬をコントロールして歩かなければ事故に巻き込まれてしまったりトラブルになってしまう可能性もあるものです。周囲の状況に注意を払い、愛犬のことも気にかけながら楽しいお散歩時間を過ごしてくださいね。

こちらの記事もチェック!

子犬のお散歩時間はどれくらいが適当?目安と注意点を解説します

あわせて読みたい

子犬のお散歩時間はどれくらいが適当?目安と注意点を解説します

ワクチン接種も終わり、待ちに待った子犬とのお散歩!一緒に外を歩けるようになることは飼い主さんとしてはとても嬉しいものですよね。しかし、子犬は一体どのくらいの時間お散歩してあげるのが望ましいのでしょうか?最初からたくさん歩かせるのは少々憚られます。そこで本記事では、子犬とお散歩するにあたっての時間の目安や注意点をご紹介していきたいと思います。子犬とのお散歩を控えている飼い主さんはぜひ参考にしてください。

子犬がお散歩中に歩かないのはなぜ?理由を知って楽しいお散歩ができるようになろう

あわせて読みたい

子犬がお散歩中に歩かないのはなぜ?理由を知って楽しいお散歩ができるようになろう

ワクチン接種が終わって、やっとお散歩デビュー!と思いきや、お散歩中に歩かなくなってしまい困ってしまった経験のある飼い主さんは少なくないのではないでしょうか?せっかくお散歩に行けるようになったのだから、一緒に楽しくお散歩したいですよね。本記事では、子犬が歩かなくなってしまう理由や対処法をご紹介します。理由を知って、愛犬とのお散歩を楽しいものにしましょう!

banner

choco

この記事のライター

choco

シェルティとの生活に憧れる社会人です。みなさんの愛犬との暮らしがより豊かになるような情報を発信できたら、と思っています!

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード