愛犬が自分の足を噛んでしまう!困った行動の原因と噛んでしまっているときの対策について

お気に入りに追加

愛犬が自分で自分の足を噛んでいる姿を見たことはありませんか?噛むのを放置すると傷ができてしまい、最悪炎症を起こしてしまうことがあるので要注意です。今回は犬が足を噛む原因や対策をご紹介します。

愛犬が自分の足を噛んでしまう!困った行動の原因と噛んでしまっているときの対策について

目次

  1. 犬が足を噛むことで起こる症状とは?
  2. 犬が足を噛む原因について
  3. 足を噛むことをやめさせる方法
  4. 犬が足を噛むことには意味がある!

犬が足を噛むことで起こる症状とは?

犬の手
Ivan Babydov Pexels

 犬が足を噛むと傷が付いてしまい、腫れてしまうことがありますが、他にはどんな症状が発生するのでしょうか。ここでは犬が足を噛むことで起こる症状をご紹介します。 

  1. 歩行障害
  2. 炎症

1)歩行障害

 噛み傷に違和感や痛みを感じることで、足をかばうように歩くようになります。長い間足をかばいながら歩くと、骨格が変形するなど深刻な事態も招きかねないので注意が必要です。

いつも通り歩けない様子の場合は、外傷だけでなくヘルニアなど神経疾患の科の姓があるので、少しでも歩き方がおかしいなと感じたら、すぐにかかりつけの病院を受診するようにしましょう。

2)炎症

 犬が自分で足を噛むと、加減が効かず、足を傷つけてしまう可能性が高いです。足元は地面に触れている部分なので汚れることが多く、傷口から細菌が侵入すると、炎症を起こしてしまう危険性があります。炎症が起きていても、安静にしていればそのまま治るケースもありますが、歩くたびに負担をかけることになるので、できるだけ早めに病院にいくようにしましょう。

炎症を起こすと痛みや痒みなどから、しきりに傷口を気にして舐めてしまうことがよくあるので、症状が悪化してしまう前にケアする必要があります。

犬が足を噛む原因について

犬とおもちゃ
jesperados Unsplash

 犬が足を噛むとその部位だけでなく、全身に負担がかかります。やめさせるためには、根本的な原因を除去してあげましょう。 

  1. 皮膚疾患や怪我
  2. ストレス

1)皮膚疾患や怪我

 足に疾患や怪我があるため違和感を持ち、足を噛むことがあります。足先の皮膚の炎症や怪我をしているせいで、舐めたり噛んだりする行為を繰り返します。

皮膚疾患や怪我の場合は出来るだけ早く治療をすることが重要なので、動物病院を受診しましょう。

2)ストレス

 犬はストレスが溜まると、足や尻尾など自分の体を噛む自傷行為を行います。はじめはおもちゃや身近な物などを噛んで壊す行為で、それでも解消することができないと自分を傷つけたり、壁などの大きなものを壊したりするような行為になります。ストレスが溜まると飼い主に対しても攻撃することもしばしば。

愛犬にストレスを与えるような行動を取っていないか、散歩などの運動は十分な時間を確保できているか、愛犬がリラックスして休む時間はしっかりとれているのかなど普段の生活を見直し、できるだけストレスを発散させるようにしましょう。

足を噛むことをやめさせる方法

犬とおもちゃ
Екатерина Котик Pexels

 犬が足を噛む行為は、飼い主がいないときに行われている可能性もあります。飼い主が寝ているときや出かけているときは見守ることができないので、犬が足を噛まないようにするための対策をご紹介します。

  1. ストレス解消
  2. 靴下を履かせる

1)ストレス解消

 根本的原因を取り除くために犬のストレスを発散させてあげましょう。ストレス発散方法として適度な運動、マッサージなどが効果的です。問題なく歩行できる場合は、いつもより多めに散歩をするなどして、体を動かせる時間をつくってあげましょう。時間をつくることが難しい場合は、家で過ごす愛犬との時間をいつもより長めにとったり、マッサージやブラッシングなどでコミュニケーションをとったりするとよいでしょう。 

2)靴下を履かせる

 どうしても嚙んでしまう場合は、犬に靴下を履かせることがおすすめです。靴下はなれるまで違和感があるので、気になって歩き方がおかしくなったり、歩かなくなることもありますが、最初は後ろ足や片足だけなど段階を踏んで履かせてあげれば、徐々に慣れて自然に歩けるようになります。

靴下を履かせることで足を噛めなくなりますので、一度試してみてもいいかもしれません。ただ、靴下が気になって噛んでしまうようであれば、今度は誤飲の危険性が出てくるので、飼い主さんが見ている環境で試すようにしてください。

犬が足を噛むことには意味がある!

足元で寝る犬
alevisionco Unsplash

 愛犬がよく自分の足を嚙んでいるようなら、それは飼い主さんに対してのサインでしょう。犬の足に異常がないかどうか、運動量が適切なのか…普段の生活スタイルを見直すようにしましょう。足を噛むと様々な症状を発症し、余計にストレスを感じれしまうので悪循環です。愛犬との時間がなかなか取れていない場合は、家の中ではできる限りそばにいて、リラックスさせてあげるようにしてあげてください。 

関連記事

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

健康管理/病気

犬にも「筋肉痛」はある?症状や予防の仕方、効果的なマッサージ方法を解説します

たくさん運動した次の日は、筋肉痛になってしまい動くのも辛いことがありますよね。 犬も人と同じよ...

2022年12月2日

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

健康管理/病気

犬の耳掃除、うまくできる?上手なやり方のコツと適切な頻度

犬のカラダの中で、汚れやすいのに掃除がしにくい部位が『耳』ですが、家庭で犬の耳掃除をするのは「...

2022年12月2日

犬が咳をする原因と治療法について

健康管理/病気

犬が咳をする原因と治療法について

愛犬が咳をしているのを聞いたことはありますか?犬は人ほど頻繁に咳をすることはありませんが、喉に...

2022年12月1日

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

健康管理/病気

犬のそばで「蚊取り線香」を使っても平気?煙の成分が犬に与える影響とは

夏の風物詩でもある「蚊取り線香」。蚊によって媒介されるフィラリア症を防ぐために蚊取り線香を使い...

2022年12月1日

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

健康管理/病気

犬の尿漏れ、対策できる?考えられる病気や原因も解説

私たち人間も、様々な要因で尿漏れをすることがありますが、犬もトイレに間に合わずいつもの場所以外...

2022年12月1日

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

健康管理/病気

犬がよく耳をかくのは病気?日頃の臭いチェックやお手入れで愛犬の耳の病気予防を心がける

犬が首を倒して足で耳をカイカイしている姿は、犬を飼っていると日常的に目にする光景です。いかにも...

2022年11月29日

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

健康管理/病気

ミニチュアシュナウザーの適正体重・平均寿命・かかりやすい病気は?遺伝性の病気は早期発見で深刻化を防ぐ

長い眉毛や口ひげを生やし、かわいいながらも賢いおじいさんのような顔立ちのミニチュアシュナウザー...

2022年11月29日

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

健康管理/病気

愛犬の元気がない?いつもと比べて大人しくなったら

いつも元気な愛犬が大人しいとなんだか心配になりませんか?犬が静かなときには、体調不良であったり...

2022年11月28日

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

健康管理/病気

犬の歯磨きの重要性!歯石の怖さとおすすめの口腔ケア

犬は口腔内疾患を患うことも多いため、それを予防するために歯磨きなどの「デンタルケア」が必要不可...

2022年11月28日

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

健康管理/病気

フレンチブルドックの長生きの秘訣は?寿命やかかりやすい病気を知って体調管理に気を付けよう

愛らしい仕草と、特徴的な顔つきから、熱狂的なファンの多い犬種のひとつであるフレンチブルドッグ。...

2022年11月25日