banner

banner

冬もカットは必要?寒い時期の愛犬のグルーミング方法を解説

お気に入りに追加

冬の間にカットしたら寒くないかな、と思ったことはありませんか?犬のカットを定期的にしている人なら一度は感じたことのある疑問だと思います。犬種によっては冬の間もカットが必要になりますが、その際に注意が必要なこともあります。ここでは、冬の時期の犬のカットの必要性や、サマーカットの注意点を紹介していきます。さらに、冬の時期の犬のグルーミング方法を解説していきます。

冬もカットは必要?寒い時期の愛犬のグルーミング方法を解説
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. 冬でもカットはした方がいいの?
  2. サマーカットをする場合に気をつけること
  3. 冬のグルーミングでカット以外に注意すること
  4. 愛犬に合ったグルーミング・カットをしよう

冬でもカットはした方がいいの?

犬 トリミング
Skica911

冬の間は、愛犬がなるべく暖かく快適に過ごすことができるように心がけなくてはいけません。毛を短くカットしてしまうと、犬が寒さを感じやすくなってしまいます。そのため、カットが必要な犬種の場合でも、短くカットしすぎないように注意をすることが非常に大切です。

雪遊びを楽しむ犬はカットするのがおすすめ

冬の間に犬と雪遊びをするのであれば、毛はカットするのがおすすめです。雪の中で遊んでいると雪が毛に固まり、体が雪で重くなってしまったり雪玉ができてしまったりします。雪遊びを楽しむのであれば、飾り毛を少しカットすることで毛に雪が付着するのを防ぎ、犬がより楽しく遊ぶようにしてあげることができます。

定期的なカットが必要な犬種も

見た目を整えるために少しのカットを行う犬種がいますが、カットをしないと毛の管理をするのが大変な犬種もいます。例えば、プードルドゥードルなどは毛が伸び続けてしまうため、カットをしないと、汚れがたまったり、ひどく絡まったりしてしまう場合があります。このような犬種は冬の間もこまめなカットを続けるようにしましょう。

サマーカットをする場合に気をつけること

犬 グルーミング
Gustavo Fring Pexels

夏の暑さを乗り越えるために、サマーカットをする飼い主さんはたくさんいます。しかし、毛があまりにも短いと、犬が寒がったり、震えたり動かなくなってしまったりする場合があります。そのため、サマーカットをする場合は、冬までに毛が伸びるだけの時間が十分にあるかどうかを考慮するようにしてくださいね。

サマーカットが冬までに生えない場合は?

サマーカットをし、冬までに毛が伸びてこない場合は、他の方法で愛犬が寒がらないように工夫する必要があります。家の中は暖房器具を活用して暖かくし、散歩に出かける場合は犬用のジャケットを使用するようにしてください。

この記事もチェック!

犬にヒーターはいつから必要?6つのサイン

あわせて読みたい

犬にヒーターはいつから必要?6つのサイン

人間よりも犬の方が毛皮に覆われており寒さに強いと言われていますが、冷え込む朝晩など地域によっては犬にもヒーター等の暖房器具が必要なことがあります。果たしていつ頃から準備が必要なのでしょうか?特にイタリアングレーハウンドなどの寒さに弱い犬種は日頃から飼い主さんが室内の温度を徹底し、愛犬の健康を守っていく必要があります。この記事では犬の暖房器具の使用開始目途や、使用時の注意点などを解説していきます。

ダブルコートの犬はサマーカットをしない

サマーカットは冬の間はどんな犬種も避けるべきですが、夏の間もサマーカットをしないほうがいい犬種がいます。ダブルコートの犬種はサマーカットにすることで、毛質が変化し、毛が伸びても保温効果がない可能性があります。ダブルコートの犬種は一度でも毛を切ってしまうと、冬の毛にまで影響を与えてしまう場合があるので、避けるべきです。

冬のグルーミングでカット以外に注意すること

犬 トリミング
Yaroslav Shuraev Pexels

犬のグルーミングでは、カット以外にもしなければいけないことがたくさんあります。冬の間は寒く、ダブルコートの子は換毛期の抜け毛が落ち着くので、グルーミングを怠りがちになることがあります。しかし、しっかりとグルーミングをしないと、犬の毛質が変わってしまう原因になります。ここでは、冬の間の犬のグルーミングの注意点を紹介していきます。

こまめなブラッシングを忘れずに

冬の時期は抜け毛が少ないため、ブラッシングを怠りがちになってしまいます。しかし、ブラッシングは犬の毛の汚れを取り除き、絡まりにくくするために非常に大切です。冬の間も、日頃からの犬のブラッシングを忘れないようにしてくださいね。

シャンプーは暖かいお湯で

夏はぬるま湯で犬をシャンプーしますが、冬の間は少し暖かめのお湯でシャンプーをするように心がけてください。また、冬はシャンプー後に毛が乾きにくくなるので、濡れたまま放置せずにしっかりとタオルやドライヤーで乾かすことが大切です。濡れたままだと、犬の体が冷える原因になってしまいます。

愛犬に合ったグルーミング・カットをしよう

犬トリミング
Tima Miroshnichenko Pexels

ここでは、冬期の犬のカットやグルーミングについてご説明しました。最も大切なのは、愛犬のライフスタイルに合わせて、カットをするかしないかを決めるということです。また、カットをして犬が寒がるようであれば、犬用のジャケットを利用することもできるので、神経質になりすぎる必要はありません。愛犬にカットが必要かどうかをよく考え、決めるようにしてくださいね。

この記事もチェック!

犬も寒さ対策が必要!愛犬にぴったりな寒さ対策と注意点を紹介

あわせて読みたい

犬も寒さ対策が必要!愛犬にぴったりな寒さ対策と注意点を紹介

犬は全身が毛に覆われているため、寒さに強いと考えていませんか?実は、寒さに弱い犬種もいます。愛犬が寒さに弱い犬種の場合、しっかりと寒さ対策をしてあげましょう。ただし、寒さ対策には注意が必要です。正しく対策しないと、かえって愛犬の体調を損ねたり、火事のような思わぬ事故につながったりする恐れがあります。この記事では、あなたの愛犬にぴったりな寒さ対策と、注意するべきポイントを紹介します。

室内犬は寒さに弱い?愛犬が寒がっているサインと飼い主が知っておくべき室温管理

あわせて読みたい

室内犬は寒さに弱い?愛犬が寒がっているサインと飼い主が知っておくべき室温管理

愛犬に対して、「寒いのかな?」と思うけどよく分からないということはありませんか?犬は言葉での意思表示をすることができないため、私たち飼い主が愛犬が見せるサインをしっかりと読み取ってあげる必要がありますよね。ここでは、愛犬が寒いと感じているときに見せる4つのサインと、室内での湿度・温度管理についてご紹介していきます。

banner

nao

この記事のライター

nao

「愛犬の気持ちを理解したい」「寄り添ったコミュニケーションを取りたい」という思いからドッグライターとして犬に関する知識を学び、発信しています。愛犬の笑顔を守るために、そして同じ思いを抱く飼い主さんのために、有益な情報を発信していけたらと思っています。

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード