banner

banner

愛犬の足裏のお手入れ方法!初めてでも使いやすいバリカンを紹介

お気に入りに追加

犬の足裏・肉球周りの毛がボサボサになっていませんか?犬の足裏の毛には、肉球を保護する役割がありますが、伸びすぎてしまうと、フローリングの床で滑ってしまったり、芝生のドッグランなどで滑ってしまうこともあり、怪我の元となりかねません。犬の足裏の毛は思っている以上に伸びるのが早いため、こまめにチェックしてお手入れしてあげる必要があります。

そこで今回は、足裏の毛をお手入れする必要性とバリカンを使用する際の注意点、おすすめのバリカンについてご紹介します。

愛犬の足裏のお手入れ方法!初めてでも使いやすいバリカンを紹介
【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

目次

  1. 愛犬の足裏はこまめにチェックしよう
  2. 足裏の毛はバリカンでカットしよう
  3. 足裏カットにおすすめのバリカン
  4. 適切なバリカンで足裏のお手入れをしてあげよう

愛犬の足裏はこまめにチェックしよう

犬 肉球
Mr Moss

全身の被毛と異なり、犬の足裏の毛は少し伸びただけでも目立つもの。犬が立っている時に、毛が足先からはみ出していたら、足裏の毛がかなり伸びている証拠です。特に、長毛の犬種やトリミングが必要な犬種は、月に一度は足裏の毛が伸びていないかチェックすることがおすすめです。

足裏の毛が伸びていることの危険性とは

犬の肉球には、さまざまな役割があります。犬が歩いたり走ったりする時の衝撃を吸収する役割や犬の体の中で唯一汗をかいて体温調節をすることができる部位。また、肉球には神経があり、私たちの足裏と同じように触れた場所の感触や状態を知ることもできます。そんな肉球を保護するために生えているのが足裏の毛です。

細菌が繁殖しやすくなる

足裏の毛が伸びていることで、雨で濡れた時や泥汚れなどがつきやすくなります。濡れたり汚れた足を拭き取っても、奥にまで入り込んでしまった水分や汚れはなかなか取りきれません。そのため、長期間にわたって湿った状態となる可能性があります。湿った状態は蒸れた状態と同じであるため、真菌が発生しやすくなります。

足先の被毛が常に赤茶色く変色している状態は、蒸れた足裏の毛によって皮膚炎を発症していることを示します。足を常に気にしていたり、カジカジと噛んでいる場合はかゆみを伴っている可能性もあります。

滑りやすくなり怪我をする可能性も

肉球は、犬が歩いている時の滑り止めの役目を持っています。そのため、肉球が毛で覆われてしまうことで、滑り止めとして機能しなくなってしまうのです。具体的には、フローリングや滑りやすい床などで足が滑ってしまい関節や腰に負担がかかってしまいます。また、芝生や人工芝なども意外と滑りやすく、ドッグランなどで思わぬ怪我をしてしまう可能性があります。

足裏の毛はバリカンでカットしよう

犬の足
Karolina Grabowska Pexels

足裏の毛は、トリミングサロンや動物病院に行かなくても自宅でカットすることができます。足裏をカットする道具としておすすめしたいのがバリカンです。バリカンは、カットする毛の長さを一定にすることができる上、初めてのカットでも怪我をさせにくい構造になっているのが特徴です。

足裏バリカンをする時の注意点

バリカンを使用して犬の足裏の毛をカットする時は、まずは犬がバリカンを怖がらないように慣れさせることから始めることが大切です。怖がっている犬を無理やり押さえつけたりしないように注意しましょう。

バリカンに慣れさせる

バリカンはボールやぬいぐるみなどのおもちゃとは異なった形状をしています。初めてバリカンをする時は、怖くないよと声をかけながら匂いを嗅がせて、危ないものではないことを教えましょう。また、足でバリカンを触らせて、その感触を教えることもポイントです。

足裏に触れられることに慣らしておく

犬の足裏は敏感な場所のため、触られることを嫌がる犬も多くいます。怪我をしにくいバリカンを使用していても、足裏を触られることで、嫌がって暴れてしまったり足を動かしてしまうと危険です。まずは、足裏に触られることに普段から慣らしておくことが大切です。

バリカンの音を教えよう

どんなに小さな音のバリカンでも、犬にとっては聞きなれない音であるため怖がる場合があります。まずは、少し離れた場所で音を出し、徐々に犬に近づけるようにしましょう。もし、あまりに音を怖がる場合は、無理にバリカンでカットしようとせず、慣れるまで繰り返し音を聞かせましょう。

動かないようにする事が大切

バリカンで足裏をカットする時は、カットする足を持ち上げなくてはいけません。そのため、バランスを崩してしまうことのないように、しっかりと抱えるなどして犬を固定しておく事が大切です。

怪我をしにくいタイプのバリカンを使用していても、うっかり肉球や肉球の間の皮膚にバリカンの刃が触れてしまうとケガに繋がりかねません。どのような体勢になれば、犬が動かずじっとしていられるか、あらかじめ試しておくようにしましょう。

足裏カットにおすすめのバリカン

バリカン
Vitaly Gorbachev Pexels

バリカン選びのポイントは、切れやすさの他に扱いやすさ、手入れのしやすさ、音の静かさの4つ。また、刃が熱くならないかどうかも大事なチェックポイント。刃の長さは1mmの部分カット用バリカンがおすすめです。

1.音が小さく、丸洗いできる!扱いやすさが好評

静音設計、セラミックブレード仕様で、犬を怪我させることなく細かいところまでカットできるバリカンです。刃が小さいことから、大型犬では少し時間がかかるかもしれませんが、バリカン初心者でも綺麗にカットできると評価の高いモデルです。

商品名:BlueFire/ペットバリカン

Amazonで見る

2.切れ味抜群でプロにも好評!初心者でも上手にカットできる

切れ味、扱いやすさ、お手入れのしやすさなど初めてバリカンを使用する人でも上手にカットできることから、人気のパナソニック製ペットクラブのバリカン。カットした毛の掃除も手軽にできる構造で、ヘビーユーザーにも好評のモデルです。

商品名:パナソニック・ペットクラブ/犬用バリカン 部分カット用(ER803PP-A)

Amazonで見る

適切なバリカンで足裏のお手入れをしてあげよう

犬の足
Inge Van den Heuvel Pexels

足裏をバリカンでカットと聞くと、怪我をさせてしまいそうでちょっと怖い気もしますが、犬がおとなしくしてくれていれば、意外とスムーズにできます。ただし、よく切れるバリカンでは怪我に注意、切れないバリカンは毛の引っ掛かりに気をつけなくてはいけないため、バリカン選びは慎重に行いましょう。

また、犬の毛と人間の毛では毛質が異なるため、人間用のバリカンでは上手にカットできません。足裏バリカンをするときは、今回ご推薦した商品を参考にして、必ずペット用のバリカンを使用してくださいね。

こちらの記事もチェック

お家で犬の足裏の毛のカットはできる?初心者でもできるお手入れ方法

あわせて読みたい

お家で犬の足裏の毛のカットはできる?初心者でもできるお手入れ方法

犬にはシャンプーやトリミング、爪切りや耳掃除など、いろいろなお手入れが必要です。トリミングサロンや動物病院でも、トリマーさんにトリミングしてもらえますが、犬の足裏の毛は伸びやすいですよね。足裏の毛が伸びてくると、肉球を隠してしまい、思わぬケガを招いてしまいます。今回は、初心者でもお家でできる、犬の足裏の毛のカットについてご紹介いたします。

犬用バリカンで愛犬をカット!自宅でトリミングするためのバリカンの上手な使い方と便利なグッズをご紹介!

あわせて読みたい

犬用バリカンで愛犬をカット!自宅でトリミングするためのバリカンの上手な使い方と便利なグッズをご紹介!

犬用のバリカンはポイントをおさえれば、使い方自体はとても簡単なので、自宅で愛犬のトリミングをしてあげることも夢ではありません。愛犬を自分で可愛くカットしてあげたいという飼い主さんのために、今回はバリカンの使い方やお手入れの仕方、一緒に使うと便利なグッズをご紹介します。

banner

nao

この記事のライター

nao

「愛犬の気持ちを理解したい」「寄り添ったコミュニケーションを取りたい」という思いからドッグライターとして犬に関する知識を学び、発信しています。愛犬の笑顔を守るために、そして同じ思いを抱く飼い主さんのために、有益な情報を発信していけたらと思っています。

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

あわせて読みたい

【petan編集部企画】ペットベッド「DoggyBaseとは?」

足に関する記事

【獣医師監修】愛犬の後ろ足の様子がおかしい。考えられる原因と病気について解説します

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の後ろ足の様子がおかしい。考えられる原因と病気について解説します

立ち上がるときにふらついたり、散歩中にびっこを引いていたりと、愛犬の後ろ足の様子がおかしいと、...

2023年5月30日

愛犬の足裏のお手入れ方法!初めてでも使いやすいバリカンを紹介

飼い方/育て方

愛犬の足裏のお手入れ方法!初めてでも使いやすいバリカンを紹介

犬の足裏・肉球周りの毛がボサボサになっていませんか?犬の足裏の毛には、肉球を保護する役割があり...

2023年4月12日

【獣医師監修】愛犬の歩き方がおかしいのは「ナックリング」の可能性も。マッサージやサポートグッズをご紹介

健康管理/病気

【獣医師監修】愛犬の歩き方がおかしいのは「ナックリング」の可能性も。マッサージやサポートグッズをご紹介

愛犬の足先が歩くときに折れ曲がっていたり、足の甲を擦り付けるようにして歩いている場合、「ナック...

2023年1月31日

【獣医師監修】犬の後ろ足に力が入らない場合に考えられる原因や病気と対処法

健康管理/病気

【獣医師監修】犬の後ろ足に力が入らない場合に考えられる原因や病気と対処法

愛犬の後ろ足に力が入らない様子があって、原因がはっきりしない場合、どうすれば良いか分からず不安...

2023年1月18日

愛犬の異常に気付くために。犬の正しい歩き方を知っておこう

健康管理/病気

愛犬の異常に気付くために。犬の正しい歩き方を知っておこう

犬は速度や運動量に合わせた歩き方をしているのをご存知ですか?犬の正しい歩き方を知っていれば、愛...

2022年12月14日

もっと見る

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード