banner

banner

チワワはトリミングが必要?チワワのカットスタイルとお手入れのコツも

お気に入りに追加

トイ・プードルやマルチーズなどとは違い、チワワの被毛は一定の長さまで伸びるとその段階でストップするため、本来であればチワワのカットは必要がありません。しかし、最近ではサマーカットが流行したことから、カットをするチワワも増えてきました。ここでは、そんなチワワのカット事情を詳しく解説していきます。

チワワはトリミングが必要?チワワのカットスタイルとお手入れのコツも
【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

目次

  1. チワワの被毛タイプ
  2. ブラッシングをするときのポイント
  3. 自宅でトリミングをする場合のカット方法
  4. その子の被毛に合わせたカットをしよう

チワワの被毛タイプ

チワワ
HG-Fotografie

 チワワのカットをしたいと思ったら、まずはチワワがどんな被毛をしているのかを知っておきましょう。 チワワには、被毛が長いロングコートと被毛の短いスムースコートという2タイプがあります。スムースコートには飾り毛がありませんが、ロングコートには豊かな飾り毛があるのが特徴です。 

毛質

 多くのチワワの被毛は、ダブルコートという上毛と下毛の二層構造の被毛をしています。この被毛のおかげで、冬の寒さも耐えることができます。

ちなみに、被毛の長さや量に関しては個体差があるため、地面についてしまうくらい長い被毛を持つ子もいれば、飾り毛が少なくスムースコートに近い被毛をした子もいます。

ただし、避妊・去勢手術をすると、ホルモンバランスが崩れることで太りやすくなるだけでなく被毛の長さや量が増えることがあります。

ブラッシング

 ダブルコートのチワワの場合、春と秋の年に2回【換毛期】と呼ばれる毛の生え変わりがあります。この時期になると、約1ヵ月くらいの時間をかけて被毛がたくさん抜け落ち夏毛や冬毛に生え変わるため、毎日のブラッシングが必要不可欠となります。 

ブラッシングをするときのポイント

チワワ
Mylene2401

 飾り毛をもつロングコートチワワは、毎日のブラッシングが必要不可欠です。ブラッシングは、皮膚の健康状態を維持するだけでなく、飼い主とのコミュニケーションの一環にもなります。また、カットをする際もブラッシングで被毛を整えてからカットをした方が良いと言われているため、ブラッシングはとても大切なことでもあるのです。 

リラックスさせることを心掛けよう

 ブラッシングをする際は、膝の上などに乗せてリラックスさせた状態で行いましょう。この時、話しかけながら行うと、安心した気持ちでブラッシングをさせてくれます。

もし、ブラッシングが苦手な場合は、ドライフードやおやつを少しずつ与えながら優しくブラッシングをしていきましょう。食べている間は、食べることに夢中になっているので、ブラッシングをさせてくれることが多いです。

また、ブラッシングをする際、ロングコートはスリッカーとコームを使用し、スムースコートは獣毛ブラシやラバーブラシを使用することをおすすめします。

自宅でトリミングをする場合のカット方法

チワワ
Didgeman

 便利アイテムを使用すれば、自宅でも簡単にチワワのカットをすることができます。 

コーム類

 スリッカー・コーム・獣毛ブラシ・ラバーブラシなど、毛質に合わせて用意しましょう。カットをする際のブラッシングは、いらない被毛を除去するだけでなく被毛の流れも良くしてくれるため、必要不可欠です。 

バリカン

 1家に1台あると役立つのが、バリカンです。短時間で被毛を短くできるので、チワワの負担軽減にもなります。 また、足裏の被毛をカットする際にも役立つので、普段のお手入れの際にも使用したい便利アイテムです。 

ハサミ

 バリカン同様に、カットをするのであれば必要なのが、ハサミです。 ただし、ハサミは誤って刺さってしまうと大変危険なので、大人しくしていられない子の場合はおすすめできません。また、使用する際は2人以上で行うことをおすすめします。 

その子の被毛に合わせたカットをしよう

チワワ
workerin

 いかがでしたでしょうか? 本来、チワワはトリミングが必要な犬種ではありませんが、被毛が長い子や量が多い子は、トリミングをすることでスッキリとした印象になり、汚れを防ぎ、清潔に保ちやすくなる効果も期待できます。最近では、豆柴カットやライオンカットなども流行っており、チワワも色々なスタイルを楽しめるようになりました。 愛犬の健康を第一に考えて、無理のない範囲で愛犬とのカットを楽しんでみてはいかがでしょうか。 

banner

komugi

この記事のライター

komugi

都内で愛犬のビーグルと暮らしています。コロナ期間中に肥満体型になってしまった愛犬のために食事や運動について勉強をはじめました。面白い発見や愛犬家の皆様に役立つ情報があればどんどん発信していきます!

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>

あわせて読みたい

【petan編集部企画】体圧分散ペットベッド<DoggyBase>
公式サイトはこちら

関連するキーワード

カテゴリー

人気記事ランキング

Petan独自調査

獣医師監修記事

おすすめ記事

人気のキーワード